【腹式呼吸】お腹から声を出す感覚をつかむ方法とコツ

こんにちは!
歌い手部のれのんです!

 

「大きな声を出すときはお腹から声を出せ!」

大きな声を出すことを要求されるバイトや仕事、
歌の授業などでこう言われたことはありませんか?

 

お腹から声を出せと言われても、
イマイチピンとこない人もいると思います。

 

今回はお腹から声を出す感覚を
つかむ方法とコツについて

書いていこうと思います。

 

お腹から声を出す感覚がわからない人は
是非読んでください!

 

 

お腹から声を出すって?

まずはお腹から出ている声がどんな声なのか、
理解しておきましょう。

 

  • 大きい音量で声がしっかり出ている
  • 声に深さや太さなどの響きがある
  • 無駄な力みがなく、悠々と声が出ている

正しい発声には主にこの3点が求められます。

 

この3つの特徴を全て捉えるために
お腹から声を出すことが必要です。

 

比喩表現である

当たり前ですが、お腹が直接「あー」
とか声を出すわけではありません。

声を作り出すのは声帯です。

 

あくまでお腹から声を出すというのは
比喩表現であり、正しくは

お腹を使って声を出す、というのが正解です。

 

お腹から声を出すためのポイント

お腹を使って息をコントロールできている

お腹からという風に表現しているのは、

お腹を使って息を送り出している
状態から来ています。

このお腹を使って息を送り出す技術を
腹式呼吸と呼びます。

 

腹式呼吸によって膨らんだお腹を、

そのままキープするようなイメージで
じっくりと息を吐いていき、そこに声が乗る、

という感覚です。

 

お腹にグッと力を入れるのは、
本当に息を絞りきる、最後の最後の時だけです。

 

通常はお腹が風船のように
膨らんでいる状態をキープするだけなので、

お腹への過剰な力は不要です。

 

これで肺から息が送られますので、
気道の中にある声帯との間に圧力が生まれ、

この圧力が力強い発声を生み出します。

 

瞬発的な声でも、
長く声をのばす場合でも、

お腹を使って息を送り出すことで
しっかりと発声することができます。

 

以下の記事では、腹式呼吸について
詳しく解説していますので、

合わせて読んでみてください。

【腹式呼吸ができない!】原因や理由と、簡単なやり方、コツ

2018.04.20

 

声の通り道に力みがない

また、しっかりと腹式呼吸ができていても、

喉や首周辺などの声の通り道に、
無駄な力が入っていると

しっかりとした発声はできません。

 

お腹を使えているのに、
全然高い声や大きい声が出せないという人は

体が十分にリラックスできているか
注意してみてください。

 

お腹から声を出す感覚をつかむには?

大爆笑する

「笑いすぎてお腹が痛い」
そんな経験ありませんか?

お腹を抱えるほど笑っている時、
大きな声で笑っていますよね。

 

腹を抱えて大爆笑している時、
人間はお腹から声が出ているのです。

 

自分の中で1番大きな声を出す

歌う時にはあまり体に力を入れないことが
求められますが、

一度発声法や音程を無視して
自分の中で1番大きな声を出してみてください。

 

イメージとしては、1km先にいる人を
呼ぶイメージです。

声が小さいと届くわけがないので
思いっきり呼んでみてください。

 

その時、お腹にヘコーっと力が入りませんか?
それがお腹から声を出すということです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です