歌ってみた動画を作成する上で注意しよう!著作権の問題

こんにちは!
歌い手部のりょーやです。

 

歌い手をやっていく上で、
非常に注意しなければならないのが、

「著作権」です。

 

今回は、
歌ってみたの著作権について
お伝えをしていきます!

 

 

そもそも著作権とは?

著作権とは
自分の著作物を好きなようにできる権利です。

 

例えば著作物を公開するのもしないのも
著作者の自由ですし、

それらを無償で配るのも
有償で販売するのも自由です。

 

時々、
「著作権=プロのみが保有している権利」
だと思っている方がいますが、それは誤りです。

 

たとえ、
アマチュアの作曲家が作った曲でも

作曲家ですらない酔っ払いのオジサンが
即興で歌った鼻歌であっても、

著作者が誰であるかにかかわらず
全てに著作権は存在します。

 

YouTube・ニコニコ動画内での著作権

まずは、
YouTubeやニコニコ動画内での
著作権についてです。

多くの場合、歌い手さんやシンガーさんが
「歌ってみた動画」「カバー動画」を上げるのは

YouTube
かニコニコ動画だと思います。

 

まず知っておいてほしいのが、

楽曲の多くは、
一般社団法人日本音楽著作権協会(JASRAC
が管理しているということです。

 

そのため、楽曲を利用するためには、
原則としてJASRACの許諾を得ることが必要です。

 

しかし、ニコ動やYouTubeは、
JASRACと包括的な許諾契約を締結しています。

 

そのため、JASRACが管理する楽曲については、
歌ってみてニコ動やYouTubeにアップしても、
著作権(演奏権)侵害にはなりません。

 

つまりJASRACが管理する楽曲については

Youtubeやニコニコ動画に
「歌ってみた」「カバー動画」をアップしても

著作権違反にならないということです。

 

まず初めにJASRACが管理する楽曲なのか
調べるようにしましょう!

 

ボカロの場合はあまり気にしなくてもOK

ボカロの場合は下記画像のように
本家のページにカラオケ配布のURL
記載されていることが多いです。

 

大抵は「piapro」というページに
リンクが飛んでいることが多いと思います。

 

piapro」でダウンロードする際に
ライセンス等の条件が記載されていますので、

そのガイドラインを守って使用しましょう。

 

逆にカラオケの配布が無い場合は、
著作権等の確認を良くするようにしましょう!

 

一般のアーティストの曲の著作権について

CDなどで一般販売されている曲の場合は
非常に注意が必要です。

シングルCDには時々、
カラオケバージョンのトラックが収録されていますが、

これを使って歌ってみたをやるのは基本的には禁止です。

 


CD
のカラオケトラックを
ネット上に無断公開することは著作権侵害となり、

動画削除の対象となります。

 

もちろん歌声ありの音楽から
ボーカルを抜いたもので歌ってみたをするのも
同様に著作権侵害です。

 

ニコ動の著作権便利ツール?

ニコニコ動画には許諾楽曲検索という許諾楽曲を検索するツールがあります。

このサイトで検索して表示されている楽曲であれば、
歌ってみたで使用することが可能なようです。

非常に便利なツールなので使ってみて下さい!

許諾楽曲検索はコチラ

 

最後に

著作権を違反することは、

動画やチャンネルが削除されるだけでなく、
法的罰則を受ける可能性もあります。

 

歌ってみた動画を作成する際は、

充分に著作権の問題を調べてから
作成するようにしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です