【腹式呼吸を鍛える!!】ドッグブレスの効果と正しいやり方

「歌声が小さくて、小刻みに震えてしまう。」
「歌っていると、苦しくなってしまう。」

そんな風に感じたことはありませんか?

 

これらの悩みの原因は
呼吸が不安定なことに起因しています。

吸える量が少なかったり、
発声に必要な筋肉が使えていないなど。

 

安定した呼吸をするためには
腹式呼吸を使って歌う必要があります。

腹式呼吸が大切という話は
どの本・サイトにも書いてあるでしょう。

 

ただ一方で、腹式呼吸の練習法を
説明しているサイトはほとんどありません。

「腹式呼吸が大切なのはわかったけど、
腹式呼吸を出来ているかどうかわからない…。」

そう思っている人も多いでしょう。

 

そこで、腹式呼吸の時に使う筋肉を
鍛えるトレーニング法をお伝えします。

腹式呼吸で使う筋肉を鍛えることで、
腹式呼吸の感覚がわかるようになります。

 

腹式呼吸のメリット・やり方などは
こちらの記事で解説しています。

まだ読んでいないという方は
合わせて読むことで理解がより深まります。

歌上達の第一歩!!腹式呼吸の効果とやり方

2017.02.17

 

ドッグブレスとは?

ドッグブレスとは、
犬のような呼吸をするトレーニング法です。

口を開けて、「ハッハッハッ」と
短く鋭い呼吸をします。

 

ドッグブレスの効果

腹式呼吸の感覚が掴める

ドッグブレスは、
腹式呼吸の感覚を掴むのに最適です。

横隔膜を使う練習になり、
ラクに発声できるようになります。

 

日本人は外国人と比べて、
腹式呼吸が苦手と言われます。

英語圏の人たちは
日常的に腹式呼吸を使っています。

英語は腹式呼吸をしないと、
発声できない音があるためです。

 

一方で、日本語は
身体をほとんど使わずに話すことができます。

そのため、日常会話では
腹式呼吸をしていないことがほとんど。

 

また、腹式呼吸ができていると
思い込んでいる人もとても多いです。

大きな声で歌える、全力で歌いきれることが
腹式呼吸ができているとイコールではありません。

 

だからこそ、私たち日本人は
意識的に腹式呼吸を練習する必要があります。

そして、その最初の一歩が
腹式呼吸の感覚を掴むことなのです。

 

一曲歌いきるスタミナがつく

ドッグブレスをやってみるとわかりますが、
かなり疲れます。

 

横隔膜を動かすのは、
腹筋とお腹まわりのインナーマッスルです。

普段使わない筋肉をフルで使うので、
筋トレの疲労感に襲われます。

 

横隔膜を動かす筋肉を鍛えるには
呼吸の練習でしか鍛えることができません。

今まで使わなかった発声の筋肉を
ドッグブレスで鍛えていきましょう。

 

筋トレを継続していくと、
少しずつ筋肉がついていきます。

その結果、安定して一曲を歌いきるだけの
スタミナを手に入れることができます。

 

息をコントロールできるようになる

「声が小刻みに震えてしまう…。」
「ビブラートができない…。」

一見、相反する悩みですが
ドッグブレスで解決することができます。

 

この2つの悩みは
呼吸が不安定なことが原因です。

息をコントロールできていないと
言い換えることもできます。

 

発声の筋肉を鍛えると、
息をコントロールする余裕ができます。

その結果、まっすぐ伸ばすことも
意図的に揺らすこともできるようになります。

 

ドッグブレスのやり方

(1) まずは短く息を吐く練習をする。

まずは、短く小刻みに
「ハッハッハッ」と息を吐きましょう。

息がなくなったら、息を吸って
また「ハッハッハッ」と息を吐きましょう。

 

(2) 吐いて、吸うを繰り返す。

小刻みに息を吐くことに慣れたら、
次は呼吸してみましょう。

お腹を使うことを意識して、
息を吐いて、吸うを繰り返しましょう。

 

(3) ドッグブレスに声をつける。

ドッグブレスができるようになったら、
声をつけてみましょう。

小さい軽い声で良いので、
「ハッハッハッ」と声を出しましょう。

 

ドッグブレスのポイント

息の量を一定に保つ

ドッグブレスの大切なポイントは
息のムラを出さないことです。

疲れてくると、
息がブレてしまいがちです。

 

吐いた分だけ息を吸う、
吸った分だけ息を吐く。

ドッグブレスの効果を最大にするには
この点を意識してやりましょう。

 

無理をしない

ドッグブレスは
普段使わない筋肉をフルで使います。

また、呼吸の練習なので
やる時は細心の注意を払いましょう。

 

しっかり休みをとりながらやる、
一度に長い時間やらないなど。

あまりに無理をすると、
過呼吸や酸欠になることもあります。

 

歌う時の姿勢を意識する

ドッグブレスは呼吸の練習なので、
正しいフォームで行うことが大切です。

猫背で呼吸の練習をすると、
変なクセがつく可能性もあります。

 

歌う時の正しい姿勢は
こちらの記事で解説しています。

歌う時の正しい姿勢を知りたいという方は
こちらの記事もご覧ください。

【驚くほど変わる!!】歌う時の正しい姿勢を覚えよう!

2017.02.27

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です