高い声がラクに出る!?ファルセットの出し方とコツとは?

最近流行っている曲は
どんどん音が高くなっています。

高い音は人の耳に残りやすく、印象に残りやすく、
流行りやすいのだとか。

 

そうなると、高音が思うように出ず、
悩んでしまう人も多くなるはず。

特に地声が低いと、高音に苦戦して
歌うレパートリーが狭まってしまうことも…。

 

そんな方に習得してほしいのが、
「ファルセット」という技術です。

ファルセットを身につけると、
簡単に高い声が出せるようになります!

ということで、今回は
ファルセットの出し方やコツをお伝えします。

 

ファルセットとは?

ファルセットとは、息の抜けたような
弱々しい高い声のことです。

一般的に言われる裏声は
ファルセットに当たります。

地声のような声量はありませんが、
ラクに高音を出せるため、身につけておいて損はないです。

 

また、息の抜けた声は
弱々しくて、切ない雰囲気があります。

また、男性がファルセットを使うと
甘く柔らかい雰囲気も出すことができます。

 

ファルセットの出し方

後述しますが、厳密には
裏声とファルセットは違います。

ただ、一般的な人が裏声を出すと
ほとんど100%ファルセットになります。

そのため、最初の感覚をつかむためには
裏声の出し方と同じで構いません。

 

  • 「ホー」と高い声を出します。

地声とは違う高い声が出ていれば、
ファルセットです。

 

また、ファルセットの特徴は
息漏れが多い声というところにあります。

ただ、「息漏れが多い」と言われても
まりピンとこない方もいるはず。

 

そこで、息漏れの多い声の感覚をつかむ
トレーニングをお伝えします。

ズバリ、「はぁぁ~」と声を出しながら
ためいきをつくことです。

吐いている息のほとんどが声にならず、
息のまま出ている感覚です。

 

ファルセットのコツ

裏声が出せる方はこれで出せると思うのですが、
中には裏声が出せない方もいます。

ファルセットが出せない・うまくわからない方は
以下のポイントをチェックしてください。

 

  • 小声で練習する
  • 息を多く吐く
  • 顔をもみほぐして、リラックスする
  • オオカミの遠吠えのマネをする
  • 喉を開くことを意識する
  • 「はー」と声を出して、ため息をつく

 

ファルセットと裏声の違い

最後にファルセットと裏声の違いについて
お話させていただきます。

裏声とは、
地声ではない高い声の総称です。

 

裏声はヘッドボイス、ミックスボイス、
そしてファルセットの3つに分けることができます。

ヘッドボイスとは、芯のある高い声で
息漏れが少ないのが特徴です。

ミックスボイスとは、裏声に響きを加えたもので
地声っぽいことが特徴です。

ファルセットは、息漏れが多い裏声で
弱々しくて、切ない雰囲気が特徴です。

 

 

 

※あくまでわかりやすく書いたものなので、
 その点、ご了承ください。

裏声について詳しく知りたい方は
以下の記事をご参照ください。

【歌うまの第一歩!!】裏声の出し方・コツ・効果的な練習法とは!?

2017.02.18

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です