【失敗で歌が上手くなる!?】良い失敗と悪い失敗の違いとは?

こんにちは、
ボイストレーナーのケイです。

私はいま、
たくさんの人を指導しています。

 

相手の目標や時間に応じて、
練習のメニューは変えていますが、

みんな等しく、
私の大切な生徒さんです。

 

その中で、すぐに上手くなる人と
なかなか上手くならない人に分かれます。

センスや才能、意思疎通能力など違うので、
当たり前と言えば、当たり前です。

 

ただ、私が思うに、
歌が上手くなる人はたくさん失敗しています。

失敗する回数もスピードも
失敗の質も全く違うと思います。

 

あの有名なエジソンの名言を
思い出してください。

「これは失敗ではない。
上手くいかない方法を一万通り発見しただけだ。」

電球を開発するために
何万回も挑戦したなんてすごいと思います。

 

人は上手くいかないと
すぐにやめたくなるものです。

それを何万回もやり続けるなんて
冷静に考えてすごいと思いませんか?

 

しかも一万回失敗したのではなく、
一万通り失敗したのです。

全て失敗の仕方が違ったというのが
さらに驚くべきポイントです。

 

それぞれの挑戦に意図があって、
意味のある失敗を積んできたのでしょう。

今日は、エジソンの言葉から
失敗について考えようと思います。

 

失敗は成功の母

失敗は成功の母という言葉も
エジソンが残した名言のひとつです。

 

私たちの人生は
失敗の連続だと思います。

告白をしてフラれたり、
自転車をこいでてケガをしたり…。

失敗の大小ありますが、
たくさんの失敗をして生きています。

 

自転車を乗れるようになるだけでも
たくさん転んだ記憶があります。

最初は補助輪をつけて、
自転車に乗る感覚を身につける。

 

次に補助輪を外して、
後ろを持ってもらいながら漕ぐ。

たくさん転んで、
たくさんケガをしたものです。

 

私たちの人生は
失敗99成功1くらいでしょうか?

もっと失敗が多いような気もします。

 

こうやって思うと、
どれだけ失敗しているんだと思います。

人生のほとんどは
失敗だらけだと冷静に思いました。

 

とは言っても、
それで良いような気もします。

人間は失敗からしか学べない
思うからです。

 

今までの人の歴史を見ればわかりますが、
偉人たちはたくさん失敗を積んできました。

全く試行錯誤せずに
歴史的な発明をできた人はいません。

誰もが失敗を積み重ねる中で、
世の真理に近づいてきたのです。

 

じゃあ失敗をすればいいのかというと
そういうわけではありません。

成功の母にならない
悪い失敗もあると思います。

悪い失敗と良い失敗の違いを
ここでしっかり学んでください。

 

悪い失敗とは?

同じ失敗を繰り返す

これをすると失敗するとわかっているのに
ついついやってしまう失敗。

私もやりがちですが、
こういうのは悪い失敗です。

 

例えば夜ふかしをすると、
朝起きれないで寝坊してしまう。

今までの経験で
分かりきっていることです。

 

それなのにパソコンをしたり、
マンガを読んだりして夜更かししてしまう。

それで朝なかなか起きれず、
遅刻するかギリギリの生活をする。

 

人は学習して成長できる動物なのに、
全く学習できていないわけで。

これでは好きなことを
好きなだけやっているサルと変わりません。

 

後悔が残る失敗

また後悔が残る失敗は
悪い失敗と言えるでしょう。

 

なぜならば、
後悔は人をむしばむからです。

過ぎてしまったことを取り戻すことは
なかなかできません。

いつまでも過去にクヨクヨしていては
今にも未来にも目を向けることはできません。

 

後悔は人の成長を止めます。

ネガティブな気持ちに支配されて、
動けなくなっていきます。

 

後悔する失敗は
2つあると思っています。

 

人に言われるままやった失敗

自分で何か考えたわけでもなく
言われたようにやったこと。

こういう受動的な態度は
自分で責任を持とうとしません。

 

何かあった時に人のせいにしたり、
言い訳をしたくなるものです。

だから誰かを咎めたり、
やったことを後悔してしまうのです。

 

自分で納得しなかった失敗

また本心にウソをついて
やったことで失敗した場合。

この場合も
後悔の念が残ります。

 

「絶対こっちの方が良いと思うのに…。」
「このやり方じゃ失敗しそう…。」

そんな風に思っているのに、
流されてやってしまって失敗した。

 

そうなると誰もが、
「ほらやっぱり」という気持ちになります。

そして正直になれなかったことを
とても悔やむものです。

 

 

良い失敗とは?

チャレンジしてする失敗

では、逆に
良い失敗とは何でしょうか?

新しいことにチャレンジしてする失敗は
良い失敗と言えるでしょう。

 

この失敗は
エジソン的には失敗とは言いません。

むしろ成功に
一歩近づいたといえるわけです。

 

わからないことは
ひとまず挑んでみるに限ります。

百聞は一見にしかず。

やってみないとわからないことが
たくさんあるのです。

 

挑戦をしてみて、
思うような結果が出なかったとしても
それは確実に糧になっています。

 

次に繋がる失敗

失敗したとしても、
次に活かせる失敗は良い失敗です。

大抵のことは
なぜ失敗したのかわかるものです。

 

なぜ失敗したのか考えたり、
他の人のアドバイスをもらえば

失敗した原因を予想できて、
次にどうすればいいか考えることができます。

 

そうすれば、次に挑戦する時の
参考データになります。

そのような経験と知識が身についていけば、
確実に成功に近づいていきます。

 

良い失敗をするためには?

感情をできるだけ排除すること

悪い失敗をしてしまうきっかけは
ほとんどが感情です。

 

「今日は疲れているから
ちょっとだけお布団に入ろう…。」

そんな自分に甘い気持ち。

 

挑戦することに対する恐怖、
休んでいたいという怠慢。

そんな感情に突き動かされると
悪い失敗をしてしまいます。

 

逆に、感情を排除できれば
悪い失敗をしにくくなります。

自分がやりたいことが明確になっていれば
頑張ろうと踏ん張ることができます。

 

失敗を消化すること

プロ野球の野村監督は
こんなことを言っています。

私は『失敗』と書いて『成長』と読むことにしている。
まさに読んで字の如し。

失敗を生かせる者はそれを放置するものに勝る。
それが『変化』となって現れる。

一流選手、中心となっていく選手はみな修正能力に優れている。

野村克也

 

この言葉からもわかる通り、
失敗するだけでは成長できません。

なぜ失敗したのか?
次からはどうすればいいか?

そういうことを考えることの方が
よっぽど大切なのです。

 

つまり、良い失敗をするかどうかは
失敗した後どうするかで決まるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です