【歌うまの第一歩!!】裏声の出し方・コツ・効果的な練習法とは!?

「もっと高い声が出せればなぁ…。」
「高い声を出すと、いつも裏返っちゃう…。」

そんな悩みを感じていませんか?

 

歌を歌っていて、高い声がかすれたり、
出なかったりする方は多いです。

それは、高い声が出せず地声だけで歌うと
歌える曲は限られてしまいます。

 

裏声を出せるようになると、音域が広がって
高い声も上手く出せるようになります!

ということで、今回は裏声をマスターするために
裏声の出し方やコツ・練習法をお伝えします。

裏声とは

裏声とは、高い声を出そうとした時によく出る
ひっくり返った高い声のことです。

 

声が裏返るとかっこ悪い、
裏声は聴き心地が悪いと思われがちです。

そのため、裏声を使わずに
地声だけで歌おうとする方もいます。

 

ただ、地声だけだと出せる音域が
かなり限られてしまいます。

特に高い声を出すことはかなり難しいです。

 

そもそも、裏声が変な風に聴こえるのは
普段、地声で話しているためです。

普段使っていない声だからこそ、
真っ先に裏声を鍛える必要があるのです。

 

裏声を鍛えるとどんな効果があるの?

では、裏声を鍛えると
どんな効果があるのでしょうか?

 

高い声が出せるようになる(音域が広がる)

声には大きく分けて、地声と裏声があります。

地声は主に低い声を出す時に使い、
裏声は主に高い声を出す時に使います。

 

そのため、地声だけで出せる音は
あまり高くないのです。

裏声を練習することで
高い声を出すことができるようになります。

 

 

音程が取れるようになる

裏声を出す時に、輪状甲状筋という
喉の筋肉をよく使います。

この輪状甲状筋は、
音程を合わせる役割をしている筋肉です。

つまり裏声を出して輪状甲状筋を鍛えると、
音程が取れるようになるのです。

 

表現の幅が広がる

裏声はただ高い声が出せるだけでなく、
表現の幅も広がります。

独特の抜けたような歌声は
優しいような、切ない雰囲気を演出します。

レミオロメンさん、backnumberさんが
特に裏声の使い方が上手いです。

 

裏声の出し方

  • 「ホー」と高い声を出します。

小声で構わないので、
地声とは違う抜けたような声が出ればOKです。

 

裏声を出すコツ

裏声が出せる方はこれで出せると思うのですが、
中には裏声が出せない方もいます。

裏声が出せない・うまくわからない方は
以下のポイントをチェックしてください。

 

  • 顔をもみほぐして、リラックスする
  • オオカミの遠吠えのマネをする
  • 小声で練習する
  • 息を多く吐く
  • 鼻歌を歌ってみる
  • 喉を開くことを意識する

 

「まず喉を開くってなんだ?」という方は
以下の記事をチェックしてください!

芯のある声を出せるようになる「喉を開く」感覚の掴み方と練習法

2017.02.15

 

裏声の効果的な練習法

STEP1

裏声が出せるようになったら、
まずは裏声に慣れましょう。

できるだけ長く裏声をキープする。
様々な音程で裏声を出してみるなど。

 

STEP2

裏声に慣れてきたら、
次は地声と交互に出してみましょう。

裏声→地声→裏声→地声と
交互に出すことで輪状甲状筋が鍛えられます。

 

裏声とファルセットの違い

最後に、裏声とファルセットの違いについて
お話させていただこうと思います。

「ファルセットって何?」と思われた方は
こちらの記事で詳しく説明しているので読んでください。

高い声がラクに出る!?ファルセットの出し方とコツとは?

2017.02.18

 

「裏声=ファルセット」だと
書いてあるサイトをよく見かけます。

全く違う別モノではないですが、
裏声とファルセット違いを解説しておきます。

 

裏声というのは、大きな括りの言い方で
厳密には3つに分けることができます。

 

クラシックでよく使われる
柔らかく温かみのある「ヘッドボイス」。

高い声だけども、芯のあり、
聴き心地の良い「ミックスボイス」。

そして、息の漏れたような
弱々しく、切ない雰囲気の「ファルセット」。

 

つまり、これら3つの声を
まとめたものを裏声と呼んでいるのです。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。