ハイトーンボイスの仕組みと練習方法を徹底解説

「高音域が出ず、音程をはずしてしまう。」
「BZやラルクが歌いたいのに高音が出ない」

 

今回はそんな方のために記事を書きました。

ハイトーンボイスの仕組みと練習方法
について解説していきます。

 

 

ハイトーンボイスとは

ハイトーンボイスとは喚声点よりも
高い声域の声です。

高音域がクリアに伸びる発声方法です。

 

裏声よりも意識的に鼻腔と頭部に声を
響かせる発声で芯の強い声が出せます。

ハイトーンボイスは声帯を速く震わせる
発声法でよく伸びる声帯が求められます。

 

また、声帯が短く、薄いほど出しやすいです。

声帯のサイズは身長に比例するため
身長の低いほど出しやすいといえます。

 

ヘッドボイスやスーパーヘッドボイスも
ハイトーンボイスに分類されます。

スーパーヘッドボイスは発声が難しいです。

声帯を閉じ、僅かな部分を息もれせずに
震わせることが必要です。

 

スティールボイスとは

スティールボイスとは頭式呼吸で実用音域を
E5前後に引き上げる発声法です。

C5あたりにあった喚声点をメロディー外に
消し、地声のみで高音域を歌えます。

 

スティールボイスは地声のまま高音域を
歌いきる発声法で

現代のロックやポップスに向いています。

スティールボイスの名称はSteelheart
にちなみます。

SteelheartのShe’s Goneは地声で
平均D5ぐらいです。

 

しかし、曲全体ではG3~G5という
広範な声域を持っています。

Steelheartの発声法はミックスボイスとして
説明されることも多いです。

 

しかしSteelheartは1990年代に活躍しました。
ミックスボイスが登場したのは2000年頃。

Steelheartは時代の先を行っていたんですね。

 

また、ミックスボイスは喚声点を残すのに、

Steelheartは喚声点をメロディーの外に
消失します。

 

ミックスボイスがC5前後であるのに
Steelheartはそのはるか上のG5を地声で歌う
など多くの違いがあります。

 

 

ハイトーンボイスを出すうえでの注意点

ハイトーンボイスを出すにはがむしゃらに
ひたすら練習すれば良いわけではありません。

声帯は粘膜なので、筋肉のように
鍛えるほど強くなるものではありません。

 

高い声で歌えるようになるには、高い声で
がむしゃらに練習していても歌えるようには
なりません。

高い声で歌えるようになるには
ミックスボイスの習得が必要なようです。

 

 

ミックスボイスを身に着けよう

ミックスボイスとは

ミックスボイスとは地声と裏声の
両方の性質をもった声のことです。

人の声には地声と裏声があり、それぞれに
声区があります。

 

出しやすい音の範囲が
地声と裏声では異なるんですね。

ミックスボイスとは地声と裏声を
混ぜ合わせることでどちらとも違う
性質の声を出せる発声法です。

 

地声30%:裏声70%の声 というように
配分を変えることで性質を変えられます。

プロの歌手には、ミックスボイスを使い
幅広い声区で歌う方も多いです。

 

ミックスボイスの習得は簡単ではないですが
いったん身に着ければ

幅広い音階、性質の声を出せるように
なります。

 

ミックスボイスの習得には声帯の
意識的なコントロールが重要なようです。

ミックスボイスについて詳しくはコチラ

【完全版!!】元音痴が教えるミックスボイスの出し方・練習法

2017.10.18

 

ハイトーンボイスの練習方法

ハイトーンボイスの出し方の一つには
喉を開いて高い声を出すというものがあります。

ビデオやスマホで
自分の声を取っておくことが大切です。

 

裏声練習法

まず初めに、無理なく出せる
最高音の裏声を出します。

次にその声で

「ホーッ、ホッホッ」
「アーッ、アッアッ」
「ハーッ、ハッハ」と発声します。

 

毎日3~5分ほどこの練習を繰り返します。

ガラガラ声練習法

高音を出すには喉を開くことが必要
ということをよく聞くかと思います。

この喉を開くのに向いた練習方法が
ガラガラ声を出す なんです。

 

カエルが鳴くような声を出したときで
喉からコロコロ音が聞こえれば成功です。

 

声を出したまま、徐々に音階を上げ
高い声にしていきましょう。

エッジボイスについて詳しくはコチラ

【呪怨ボイス!!】エッジボイスの効果・出し方・コツ

2017.02.16

 

口笛練習法

・喉の奥の空間が広いか狭いか
・唇の先が広いか狭いか
・息の量が多いか少ないか
・響く場所は口の下側か上側か

これらの項目を確認して、高音、低音
それぞれの口笛を練習してみましょう。

 

高音の時には唇の先が狭く低音の時は広い
息の量はどちらの時も変わらない。

ということに気づけたかと思います。

 

これは歌う時も同じなんです。
つまり、高音で歌う時は

空気の出口を狭くして、息の量は変えない
ということです。

 

空気の出口を狭くする簡単な方法が
裏声を出すことなんです。

 

 

ハイトーンボイスの使い手

多くの方が原曲キーでは歌えないであろう
ハイトーンボイスの持ち主がこちらです。

 

 

superfly

X JAPAN 

B’Z

聖飢魔ⅠⅠ

 

STEELHEART

彼らはミックスボイスを地声のように出して
歌っています。

クリアな声では出すのが難しい音程を
シャウトで出しているんですね。

 

 

ハイトーンボイスの邦ロックバンド

buriki

Left

plenty

04 Limited Sazabys

CHERRY NADE 169

indigo la End

空際ノベル

クリープハイプ

グッドモーニングアメリカ

GOOD ON THE REEL

OverTheDogs

KIDS

Applicat Spectra

ホイッスルボイスの使い手

ハードロックやメタルの中でひときわ高い音
を出す発声方法がホイッスルボイスです。

 

 

MISIA

マライアキャリー

Vitas

ホイッスルボイスについて詳しくはコチラ

【超わかりやすい!!】ホイッスルボイスの出し方と練習法とは?

2017.04.05

 

 

歌いやすい高めの声の歌手

ハイトーンボイスやホイッスルボイスの使い手
の曲を原曲キーで歌うのは簡単ではありません。

そこで、普通の方でも気軽に
挑戦できる歌手も紹介します。

 

 

小田和正

平井堅

徳永英明

スピッツ

そこまで高い音程ではありませんが
高い周波数で歌うことで、高く聞こえる曲が
多いですね。

地声の音程からチェストボイスを混ぜずに
力まずに歌うことでクリアで聴きやすい声を
出せます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。