【基礎歌唱技術!!】しゃくりの意味と出し方を徹底解説します!

カラオケの加点ポイントのひとつに
しゃくりというものがあります。

とは言っても、しゃくりの意味や
出し方を知っている人は少ないはず。

採点をつけて歌っていると、
勝手にカウントされる印象かもしれません。

 

しゃくりを使いこなせるようになると、
歌に滑らかな印象を与えることができます。

今回は、そんなしゃくりについて
徹底的に解説していきます。

 

しゃくりの意味

しゃくりとは、出すべき音よりも低い音を出して
出すべき音まで上げていくテクニックです。

下から上にグイッと上げていくイメージです。

福山雅治さんや絢香さんが
キレイなしゃくりを使いこなしています。

 

福山雅治さんの『桜坂』を
しゃくりの例として聴いてみましょう。

揺れる木漏れ日の「ゆ」と「も」。
薫る桜坂に「く」に注意して聴きましょう。

 

 

しゃくりは、歌に滑らかな印象を与え、
曲に深みを与えることができます。

福山雅治さんの歌に深みがあるのは
しゃくりの影響も大きいです。

 

また、少し低い音から出すことによって
声帯の負担を軽くする役割もあります。

いきなり高い音を出しにいかず、
少しずつ上げていくことが出来ます。

 

しゃくりを上手く使うタイミング

本来の音よりも低い音から出すというのは、
音が外れていることと同じです。

そのため、あまりにも多用すると
歌声が不安定に感じ、音痴に聴こえます。

 

しゃくりが無意識に出てしまう人、
かなり多く出てしまう人は要注意です。

正しい音程を瞬時に出せていなくて、
探っている可能性が高いです。

 

まず、しゃくりを使うタイミングは
フレーズの始まりか終わりで使うと良いです。

歌の途中で使われることもありますが、
一般的に入れやすいのは最初と最後です。

 

また、低い音から高い音に変わる時に
しゃくりは使いやすいです。

歌い出しの音が低くて、高くなるときには
しゃくりを使うチャンスです。

 

しゃくりの出し方とコツ

しゃくりの出し方はとても簡単で、
音を繋げて歌うことを意識するだけです。

ハキハキと歌うのではなく、
滑らかに続けて歌うのがポイント。

歌声を出し続けながら、
口を動かして歌詞を口ずさむイメージです。

 

カラオケ採点の他の加点ポイント

カラオケの採点で加点されるのは
しゃくりだけではありません。

フォールビブラートこぶしという
歌唱技術もあります。

 

「名前は聴いたことがある。」
「なんとなくマークに見覚えがある。」

そういう方も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

フォール、ビブラート、こぶしは
こちらの記事で解説しています。

興味がある方は
合わせてご覧ください。

カラオケ採点でよく見る「フォール」の意味と出し方を解説!

2017.02.26

3分で出来る!!上手いビブラートのコツと練習法

2017.02.26

歌がカッコよく聴こえる!!こぶしの出し方とコツ

2017.02.25

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です