3分で出来る!!上手いビブラートのコツと練習法

声をカッコよく震わせるビブラート
歌が上手い人の代名詞と言っても過言ではありません。

カラオケで友だちがビブラートをかけていると
カッコいいと思ってしまいます。

ビブラートを使いこなせるようになると、
歌の上手さも確実にワンランク上がるでしょう。

 

それだけでなく、ビブラートは
カラオケ採点の加点ポイントになっています。

そのため、ビブラートができると
採点の点数も上がるという。

そんな歌を聴いている側の印象も上がり、
採点の点数も上がるビブラートというテクニック。

身につけない理由はないです!

そこで今回は、ビブラートの練習法を
わかりやすくお伝えします。

 

ビブラートとは?

ビブラートとは、ある一定の音を保ちながら
音を上下に揺らすテクニックです。

本来出すべき音の近くで、
音を上下に揺らさなければなりません。

ビブラートは理論上どこでも使えますが、
声を伸ばすところでよく使われます。

そのため、フレーズ・サビの終わりや
間奏の前で聴くことが多いです。

 

ビブラートをかけることで
響きが加わり、音に膨らみが増します。

余韻のある音になるため、
サビの終わりで使われることが多いです。

また、声を震わせることで
不安定な雰囲気を表現することもできます。

ビブラートが使えると、
表現の幅が広がるわけです。

 

上手いビブラートのポイント

ビブラートは適当に声を震わせれば、
良いわけではありません。

上手いと感じるビブラートを出すには
3つのポイントがあります。

 

音の揺れる幅が一定であること

上手いビブラートは、
キレイな波の形をしています。

音の揺れる幅が小さくなったり、
急に大きくなったりすると汚く聴こえるもの。

揺れ幅を一定にすることで、
余韻のある良い音色になるわけです。

 

音の揺れる間隔が一定であること

音が揺れる間隔も大切な要素です。

音の揺れる間隔があまりにも広くなると、
ビブラートだと認識できません。

ただ音がブレているように聴こえて、
下手な歌に聴こえてしまう。

逆に揺れる間隔が狭いと、
とても耳障りな音に聴こえます。

音が途切れないこと

ビブラートは声を長く伸ばすところで
使われることが多いです。

逆に言うと、ビブラートを使うところは
しっかり伸ばさないといけないはず。

ビブラートをかけることを意識しすぎて、
音が途切れ途切れになってしまうと本末転倒です。

そのため、しっかりと声を伸ばして
音を途中で切らないことが大切なポイント。

 

ビブラートの出し方には3タイプある

実は、ビブラートの出し方には
3種類あるんです。

それぞれのビブラートの出し方について
説明していきます。

 

口でかけるビブラート

歌手がビブラートをかけている時に
口が少し動いている姿を見たことはありませんか?

声は口から出ていますが、
口の中の空間で響いています。

音の響く空間の大きさや形を変えるで
音程を変えることができます。

音が出るところが狭いと高くなり、
広くなると低くなるもの。

 

その原理を利用しているのが
口でかけるビブラートです。

口の形と「あうあう」と動かすことで
声を上下に揺らしています。

 

喉でかけるビブラート

喉には輪状甲状筋という
音程を調節する筋肉があります。

この筋肉を動かすことで、
音を上下に揺らすビブラートです。

 

横隔膜でかけるビブラート

発声の基本である腹式呼吸
横隔膜を使う呼吸法のことでした。

その横隔膜を上下に揺らすことで、
声を揺らすことができます。

 

ビブラートの感覚が掴みやすく、
一番自然なビブラートになります。

また、音の揺れる幅や間隔を
自分でコントロールしやすいです。

まずは、横隔膜を使うビブラートを
身につけるのが良いと思います。

 

ビブラートのコツ

ビブラートのコツを掴むためには、
意図的に声を揺らすことができないといけません。

声が揺れている感覚こそが、
ビブラートの時の感覚なのです。

 

母音を何度も発音する

普通に長く伸ばす時は、
「だーーー」と歌うと思います。

ビブラートのコツとして、
母音を強調すると良いと言われています。

「だーあぁあぁ」と母音を意識して
伸ばしてみましょう。

 

音程を上下させる

自分が出しやすい音で、
「あー」と声を出します。

次に、その音より少し高い音で
「あー」と声を出します。

次に、最初の音より少し低い音で
「あー」と声を出します。

これを繰り返しやってみましょう。

 

最初の音→少し高い音→最初の音→少し低い音→最初の音を
繰り返し出していくイメージです。

最初はゆっくり出していき、
徐々に速くしていきましょう。

 

ビブラートの練習法

横隔膜を使うビブラートのコツを
掴むオススメの方法があるのでお伝えします。

自分はこの練習をすることで、
ビブラートが使えるようになりました。

 

  1. まず、出しやすい音で「あー」と声を出します。
  2. 次に、みぞおちの下、へその上あたりに
    手を置きます。
  3. そして、「あー」と声を出しながら
    手でグイグイ押しましょう。
  4. 「あー」と声を出し、手で押して
    途中から手を離しましょう。

 

みぞおちの下、へその上あたりに
横隔膜はあります。

そこを押すことで、
横隔膜を外から揺らしています。

手で押している時に感じた声の揺れが
ビブラートの種です。

その感覚を意識して、
手を離しても声が揺らすことができれば
ビブラートができるようになったと言えるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。