歌がカッコよく聴こえる!!こぶしの出し方とコツ

「こぶしって聞いたことはあるけど、
どんなものかわからない…。」

今回はそんな悩みを解決します。

 

カラオケ採点の画面でこぶしという言葉は見るものの
どういうものか知っている人は少ないでしょう。

でも、加点ポイントなので
せっかくなら使えるようになりたいもの。

 

また、こぶしをここぞという時に使うと
とてもカッコよく表現することができます。

そこで、今回は
こぶしの出し方とコツをお伝えします。

 

こぶしとは?

こぶしとは、
音を上下に震わせるテクニックです。

ビブラートも音を上下にさせるテクニックですが、
こぶしとは違います。

 

ビブラートはある音程を保ちつつ震わせ、
それなりに長く伸ばします。

一方、こぶしは音程は決まっていなくて、
一瞬だけ震わせるテクニックです。

 

また、こぶしというと
演歌のイメージが強いと思います。

こぶしのイメージがわからない方は
一度、演歌を聞いてみると良いでしょう。

 

ただ、こぶしは演歌だけでなく
J-POPなどでもよく使われています。

さりげなくこぶしを効かせることで、
カッコよさがグッと増します。

 

こぶしの出し方とコツ

母音を2回歌う

こぶしの出し方のコツとしては、
母音を2回歌うように意識すると良いです。

 

「今すぐに抱きしめて」という歌詞を
例に挙げてみましょう。

普通に歌うと、
「今すぐにー抱きしめて―」となります。

 

では「今すぐに」という言葉に
こぶしを効かせて歌うと、どうなるでしょうか?

「今すぐに」を伸ばす時に、
「に」の母音である「い」を2回歌います。

 

「今すぐにいぃー抱きしめて―」
と変えることです。

意識して母音を2回言うことで、
カラオケ採点でこぶしと判定されるでしょう。

 

実際にこぶしを握る

こぶしを効かせたいところで、
グッとこぶしを握ってみましょう。

こぶしは、それぞれの音に
音程の変化をつけることがポイントです。

とは言っても、音程を微妙に変えるのは
意外と難しいものです。

 

そこで、上手くできない方は
高さを強さに変えてみましょう。

ほとんどの人は声を強く出すと、
自然と音程も変わります。

 

「にーいいー」と歌う時に
最初の「い」だけを強く歌うように意識する。

すると、結果的に
こぶしが効いたように聴こえます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。