【誰でもできる!!】簡単なシャウトの出し方とは?

ヘビィメタルなどの音楽では、
シャウトがよく使われています。

シャウトがを使えるようになりたい人も
中にはいると思います。

 

またワンオクの曲の中でも
よく使われています。

シャウトを上手く決められると
カッコいいものです。

 

そこで、今回は
シャウトの出し方についてお話します。

 

シャウトとは?

シャウトとは、
文字通り「叫ぶ」テクニックです。

シャウトを身につけることで、
歌に迫力を出すことができます。

また激しい感情を表現するのに
ピッタリな表現技法です。

 

シャウトをする上での注意点

シャウトはどんなに正しい発声をしても、
喉を痛めてしまいます。

シャウトを多用する歌い方は
喉を酷使してしまいます。

そのため声が枯れてしまったり、
最悪の場合は声を失うこともあります。

 

少しだけ使う場合にしても、
ウォーミングアップを欠かさないでください。

調子が悪い時には
シャウトしないようにしましょう。

また歌い終わった後の
喉のケアも丁寧にしましょう。

 

声帯の状態に注意しないと、
声が悪くなることもあります。

だみ声になってしまったり、
声質が悪くなってしまったり…。

 

そのため、喉を痛めたくない人は
練習しない方が良いでしょう。

J-POPやボカロを歌う限りは
あまり必要ではないと思います。

 

シャウトには2つのタイプがある

フライ・スクリーム

声帯が閉じた状態で、
思いっきり息を出すことで出ます。

一般的には
スクリームやシャウトと呼ばれます。

 

声帯を閉じると言っても、
力を入れて閉じているわけではありません。

エッジボイスを出す要領で
ピッタリと閉じるイメージです。

高いエッジボイスを出して、
鼻腔共鳴をすることでシャウトになります。

 

フォールス・コード・スクリーム

一般的には
デスボイスとも言われます。

低音でよく聞こえて、
エッジボイスに近いと感じるかもしれません。

 

少しだけ開いた声帯に
息を大量に送ることで声を歪ませます。

 

シャウトの練習法

フライ・スクリームの出し方

エッジボイスと言われると、
呪いの声をイメージする人が多いでしょう。

しかし、エッジボイスは
高い声で出すこともできます。

 

シャウトを出せるようになるためには
高い声のエッジボイスを練習しましょう。

音が高くなるにつれて
ピリピリしたような振動を感じます。

 

フォールス・コード・スクリームの出し方

デスボイスを出すためには、
エッジボイスの粒が細かくします。

まずはエッジボイスを出して、
息の量を少しずつ増やしていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。