【終わり良ければ全て良し!!】語尾の歌い方は4種類ある!?

「音程は合っているのに、
なんか上手く聞こえない…。」

そんなとても惜しい歌を
歌っている人がたまにいます。

 

いくつか原因はありますが、
歌い終え方がとても大切です。

歌い終わりの印象が
強くイメージに残るものです。

歌い終え方が雑になってしまうと、
全体的に雑な印象を抱いてしまいます。

 

「歌い終え方ってどうすればいいの?」
と疑問に思う方がいるでしょう。

そこで、今回は
歌い終え方を4つに分けて説明します。

 

1:響きを加えて切る

この響きを加えて切るタイプは
自然に滑らかに歌い終える時に使われます。

そのため、歌の中で
一番良く使われる歌い終え方でしょう。

 

「一緒に」の音に余韻を残すためには
語尾の母音も小さく歌うと良いです。

「一緒にぃ」という感じです。

ただ母音を伸ばしすぎると
だらしなくなってしまうので注意です。

 

2:スパッと切る

このスパッと切るタイプは
言葉を歯切れよく切ることが特徴です。

子どもに話しかけているように
語尾を丁寧に発音することがポイントです。

 

言葉を切ることで間ができるので、
次のフレーズに注目を集めることができます。

特にアップテンポの曲では
間を作ることがカギになります。

 

3:まっすぐ伸ばす

このまっすぐ伸ばすタイプは
ビブラートを入れないのが特徴です。

少しずつ音を小さくしていって、
自然にフェードアウトするように歌いましょう。

 

フェードアウトするように歌うと、
余韻が残り、印象に残りやすくなります。

次のフレーズと間があって、
強調したいところで使いたいところ。

 

4:ビブラートをかけて伸ばす

このビブラートをかけて伸ばすタイプは
最初はまっすぐ伸ばすのが特徴です。

すぐにビブラートを使うと、
ウザく聴こえます。

 

余韻がとても残るので、
曲の中で特に大切なところで使われます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。