【歌ってみた入門】オススメのオーディオインターフェイス4選!

こんにちは!
歌い手部のりょーやです!

 

音質の良い音源を録音するためにも
非常に重要な機器である
オーディオインターフェイスですが、

どの種類を選んで使用するかは
非常に大切です。

 

そこで今回は、
オススメのオーディオインターフェイス
についてお伝えしていきます!

 

 

オーディオインターフェイスとは

オーディオインターフェイスとは、
パソコンに接続する音声信号の出入り口になる機器のことです。

 

パソコンにはもともとスピーカーやマイクを接続する
端子がついているのですが、

歌い手を目指す上では
パソコンについている端子では、性能が足りません。

 

パソコンの標準装備のサウンド機能では
オーディオの再生能力はもちろん、

原音に忠実に再現するモニターヘッドホンや
モニタースピーカーを接続しても音質が落ちてしまいます。

 

歌い手で有名になっていくためには、

ニコニコ動画にアップしたとしても
YouTubeにアップしたとしても、
CDにしたとしても

良質な音質で再生出来るようにする必要があります。

 

良質な音質で録音できるような性能を
持っている端子が付いているのが、

オーディオインターフェイスです!

 

良いオーディオインターフェイスで周りと差をつける

歌い手の中でも、

良い音質で歌ってみた動画を作成できている人と、
非常に音質の悪い歌ってみた動画になってしまっている人がいます。

 

やはり有名歌い手と言われる、
多くの人から評価されて結果を出している歌い手は、

歌ってみた動画の音質にこだわります。

 

できるだけ良い音質で
録音することができるようにと工夫します。

 

そこで、有名歌い手がこだわるのが
オーディオインターフェイスです。

 

良いオーディオインターフェイスを使用することで、

非常に良い音質の歌ってみた動画を
作成することができるようになりますし、

それにより周りの歌い手と比べて
音質の部分で大きな差をつける必要があります。

 

やはり音質が良いというのは、
歌い手の歌を聴く側からすると良くて当たり前ですし、

音質が良い動画と悪い動画では、
音質の良い動画を評価します。

 

オーディオインターフェイスを使って
音質の良い歌ってみた動画を作成していきましょう!

 

歌い手部がおすすめするオーディオインターフェイス

Steinberg スタインバーグ 2×2 USB2.0

機能の点ではなんの落ち度もなく、
見た目もシンプルで癖がない、オーディオインターフェイスです。

 

とても良い音質で録音することができるので、
音質を求めている方には非常にオススメです!

 

 

BEHRINGER ベリンガー USB

非常に安い価格で購入することができる
オーディオインターフェイスです。

 

安いのにとても使いやすいのが特徴です!

 

 

Steinberg スタインバーグ USB2.0

初心者にも使いやすく、多機能で性能もしっかりしている
オーディオインターフェイスです。

 

注意する点としては、
ステレオ録音が出来ないので

ステレオ録音がしたい場合は
他のオーディオインターフェイスを選ぶほうが良いでしょう。

 

 

Focusrite Scarlett Solo G2

Focusrite Scarlett Solo G2を使っただけで、
音色が引き締まりかなりクリアな音質になると、

かなり定評のある
オーディオインターフェイスです。

 

音質をかなり気にする方には
非常にオススメです!

 

最後に

良いオーディオインターフェイスを使用することで、
良い音質で音源を録音することができます!

 

音質は歌い手にとって非常に大切ですので、
良い音質で録音できるように機器を揃えていきましょう!

【歌い手必須!】オーディオインターフェイスの選び方とオススメ

2018.01.18

歌ってみた動画の作り方・流れについて完全解説!!

2018.01.05

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です