高い声が出しやすくなる!!リップロールのやり方とコツ

基本的なボイストレーニングのひとつに
リップロールというものがあります。

かなり有名な練習法なので、
もしかしたら知っている方もいるかもしれません。

 

実際、リップロールは
本当に効果のある練習法だと思います。

発声の基礎を覚える練習にもなり、
ウォーミングアップとしても効果抜群です。

 

そのため、歌初心者だけでなく、
プロの方で毎日やっている方もいます。

そんな初心者からプロまでやっている
リップロールのやり方やコツについてお話します。

 

リップロールとは何か?

リップロールとは唇を合わせた状態で
息を吐いて、唇をブルブルと振動させる練習法です。

 

リップロールってどんな効果があるの?

では、なぜ歌初心者からプロまで多くの人が
リップロールをしているのでしょう?

それはリップロールをすることで、
発声の基本を効率的に身につけられるからです。

 

また、それ以外にもたくさんの効果があります。

その中でも、知っておきたい
リップロールの効果をお伝えします。

 

唇や表情筋がほぐれる

リップロールをすると、
唇や顔がブルブルと振動します。

リップロールの振動で顔全体の筋肉がほぐれるため、
ウォーミングアップ効果があります。

スポーツ選手が運動の前にストレッチをするように、
歌う前にリップロールをすることで声が出しやすくなります。

 

また、上手く歌うためには、
リラックスが大切だと言われています。

確かに体がこわばって、緊張していては
上手く歌うことはできないでしょう。

リップロールでこわばった筋肉がほぐれるため、
リラックスすることができます。

 

発声の基本が身につく

リップロールは吐く息の量が一定でないと
うまくできません。

逆にリップロールができるということは
吐く息の量がほぼ一定ということになります。

 

吐く息の量を一定にするためには、
横隔膜を使って腹式呼吸をすることが不可欠。

リップロールをすることは
腹式呼吸の練習にもなるのです。

 

また、リップロールは
喉が閉まっていても難しいです。

喉に変な力が入っていたり、
喉が閉まって空気の道が狭いとうまくできない。

そのため、リップロールは
喉を開くための練習にもなります。

 

音程を正しく取れるようになる

音程は声帯だけで決まっているのではなく、
唇・口腔の形や喉仏の高さにも影響を受けます。

口をあまり開けないと
どうしても声は低く暗い感じになります。

また、喉仏を思いっきり上げれば
高い声を張り上げることは可能です。

 

ただ、歌う時に限って言うと、
声帯だけを使って音程を変えなければなりません。

そうしないと、音域が極端に狭まり、
高い声は張り上げないと出せないからです。

 

リップロールでは口の形などが変わらないため、
音程を上下させるには声帯を動かすしかありません。

その結果、声帯のみを使って
音程を合わせる基礎的なトレーニングになるのです。

 

地声と裏声が滑らかに繋がる

リップロールでは、唇がほとんど閉じているので
あまり大きな音を出すことはできません。

つまり、リップロールをしている時は
自然な声量になります。

 

高い声を出そうとすると、声が裏返ったり、
不安定な声になって、ブレてしまう。

それは、地声を出す時と裏声を出す時の
声量(息の量)が大きく変わってしまうためです。

リップロールで裏声と地声を交互に出すことで、
裏声にスムーズに切り替える感覚を掴めます。

 

リップロールのやり方

では、リップロールのやり方を説明します。

  1. 唇を軽く閉じる。
  2. その状態で息を吐く。

 

唇が「ブルル」と振動すれば、OKです。

 

リップロールのコツ

言葉にしてみると、簡単そうですが
やってみると意外と難しいです。

すぐにできる人もいれば、
なかなかできない人もいます。

 

そこで、上手くリップロールができない人は
以下のことをやってみてください。

 

  • 広角を上げるように、手でほほを引っ張る。
  • 唇を濡らす。
  • 顔を揉みほぐす。

 

効果的なリップロールの練習メニュー

STEP1

もし、手を使っている場合は
手を使わないでできるようにしましょう。

 

リップロールができるようになったら、
まずは長く続けることを意識しましょう。

すぐに途切れてしまう人は、
息の量を意識すると良いです。

 

STEP2

リップロールをした状態で、「プルル」と声を出します。

地声から裏声まで、
色々な音程を出せるようにしましょう。

 

ある程度、幅広い音程が出せるようになったら
低い声から高い声に一気に上げるなどしましょう。

裏声→地声と切り替えることで、
高い声がキレイに出せるようになります。

 

STEP3

次に、リップロールで
音階練習をしてみましょう。

よく音を聞いて、
なるべく音を合わせるように出します。

 

STEP4

最後に、よく歌う曲で
曲に合わせてリップロールをしましょう。

音階練習と同じように
なるべく音を合わせることをイメージします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です