発声をコントロールするカギになる「咽頭筋」とは?

声を出すためには、
たくさんの筋肉を使います。

声帯を開け閉めするのも
筋肉が行っています。

音程を繊細に調整するのも
筋肉が行っています。

 

発声に関わる筋肉を鍛えることで、
上手く歌う土台を作ることができます。

そこで、今回は
発声に関わる筋肉を紹介します。

 

咽頭筋とは?

咽頭筋とは、
喉にある筋肉群のことです。

発声に関わる筋肉の総称だと
思ってもらって良いと思います。

 

喉仏を上げたり下げたり、
音程を調整する役目を果たしています。

声帯の開け閉めも行い、
まさに発声に欠かせない筋肉です。

 

外喉頭筋とは?

咽頭筋を大きく分けると、
外喉頭筋と内喉頭筋になります。

外喉頭筋は
主に喉にまつわる筋肉群です。

 

喉仏を上げたり下げたり、
喉の開け具合を調整しています。

温かみのある声を出したり、
苦しそうな声を出すこともできます。

この筋肉群を鍛えることで、
声質を操ることができるようになります。

 

内喉頭筋とは?

内喉頭筋は
主に声帯にまつわる筋肉群です。

声帯の開け閉めを調整したり、
音程を合わせる役目を果たしています。

 

この筋肉群を鍛えることで
音程を合わせられるようになります。

また、息の漏れたような声や
パワフルな声を使い分けることができます。

少ないエネルギーで声を出すためには
この筋肉群を鍛える必要があります。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です