【音源録音の際に必須!】ポップガードのオススメと選び方

こんにちは!
歌い手部のりょーやです。

 

音源を録音したり、
音質にこだわる際に非常に重要になるのが

ポップガードです。

 

この、ポップガードを変えるだけでも、
録音した曲雰囲気はかなり変わったりします。

 

そこで今回は、
オススメのポップガードと選び方について
お伝えをしていきます!

 

 

ポップガードとは??

ポップガードとは一体何なのかというと、
上の画像に写っている、マイクの側によくある網のような物です。

 

ポップガードは主にコンデンサーマイクに使います。

 

コンデンサーマイクとは一体何なのかは
下記サイトを参照してください。

【歌ってみた】ボーカルマイクのオススメと選び方

2018.01.11

 

ポップガードを使う理由は
大きく分けて主に2つの理由があります。

 

それが、
・吹かれ防止
・湿気防止
です。

 

それぞれについて解説していきます!

 

吹かれ防止

吹かれ防止とは、空気が多くでる音を発音する時の
空気からマイクを守ってくれるというものです。

 

ポップガードを設置しないで
吹かれ防止をしないと、

録音した時に、この空気が
ノイズとなって録音されてしまいます。

 

つまり、
雑音が多い音源になってしまうということですね。

 

ノイズがどれだけ少ない録音をできるかは、
歌ってみた動画を作成する上では非常に重要な問題になります。

 

湿気対策

ポップガードの役割のもうひとつが、
湿気からコンデンサーマイクを守るということです。

コンデンサーマイクは実は非常に湿気に弱いのです。

 

ですから、口から出る息によって、
多くの湿気を受けてしまうことになってしまいます。

 

ツバもマイクが壊れる原因になってしまうので、
ポップガードを使ってマイクを守りましょう!

 

ポップガードはティッシュでは代用できない 

ポップガードを持ってない人で、
時々、ポップガードをティッシュで代用しようとする方がいますが、

正直、本物のポップガードとティッシュでは、
天と地ほどの差があります。

 

ポップガードの代わりにティッシュを代用しようとすると

・音がこもる
・息吐いた時にティッシュに風が当たって余計ノイズが発生する
・録音するボーカルの声の雰囲気が変わってしまう

といったデメリットが生じてしまいます。

 

ですから、
ポップガードはティッシュで代用しようとせず、
しっかりと購入するようにしましょう!

 

歌い手部がオススメするポップガード

最後に、
数多くあるポップガードの中でも、

特に機能が優れていたり、
値段を抑えて購入できる物をご紹介していきます!

 

Earamble ポップブロッカー 二重張り ノイズ防止

歌い手になりたての方や、
ひとまずポップガードを試してみたいという方にオススメの、

非常に低価格で購入することが出来るポップガードです。

 

多くのシェアがあり、機能性については、
充分に活躍してくれるポップガードです。

 

Mugig ポップブロッカー ノイズ防止 二重張り

Earambleポップブロッカーは、
二重にポップガードが張ってある構造になっていて、

「ハ行」や「パ行」に置ける唇の破裂音、
息の噴出し音などのノイズを特に減少させます。

 

ノイズに悩んでいる方には非常にオススメです!

 

STEDMAN PROSCREEN101 メタルポップガード

特殊カットを施した金属製スクリーンにより
高域が失われず原音に忠実な録音ができるポップガードです。

 

“メタルダクト”と言われる加工で、ボーカル録音の際、
必要なサウンドのみをマイクに伝え、邪魔な風は下側に排気します。

 

音質に最高にこだわった録音をしたい方には
このポップガードが非常にオススメです!

 

最後に

ポップガードを使用するのとしないのでは

ノイズがかなり目立ってしまったり、
声の雰囲気が変わってしまう原因になってしまいます。

 

コンデンサーマイクを使用する方は、
しっかりとポップガードを使用するようにしましょう!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です