【Q&A】風邪を引いた時は歌の練習しない方が良いか?

メルマガやブログを書いていると
たくさん質問をされます。

多いときには1日100通を
超えることもあります。

 

質問されるのは嬉しいですし、
しっかりと答えています。

ただ質問されたということは
他にも知りたい人がいると思います。

そこで、今回は
Q&Aコーナーをしようと思います。

 

【質問】風邪を引いた時は歌の練習しない方が良いか?

季節の変わり目などで
風邪を引いてしまうことは多いです。

風邪を引いてしまうと、
喉がイガイガするものです。

すると声が出しにくくて、
かなり歌いにくいでしょう。

 

ただ一方で、
継続が大切と言います。

「千里の道も一歩から」というように
歌も日々の練習が大切だと思います。

風邪をひいたり、喉の調子が良くない時は
練習をしない方が良いのでしょうか?

 

【回答】無理に練習はしない方が良い

風邪を引いているのに
練習しようとする姿勢は素晴らしいと思います。

実際、歌が上手くなるには
継続することがカギになります。

 

昨日は60点だったのに、
今日は100点を連発するほど上達する。

歌において、
そんな急成長はありません。

階段を一歩一歩登るように
少しずつ上手くなっていきます。

 

ただ喉が壊れていても
練習をしろということではありません。

やはり風邪を引いている時は
休んだ方が良いでしょう。

 

喉を休めることが第一

風邪を引いている状態は
ケガをしている状態と同じです。

まずはケガを治すことに
専念した方が良いです。

 

風邪で声が出ないけど
カラオケで何時間も歌う。

こんな無理をすると、
状態が悪化することもあります。

治るまで余計時間がかかり、
本末転倒です。

 

また無理に声を出すと、
変なクセがつくこともあります。

喉の筋肉は
とても記憶力が良いです。

一度クセがついてしまうと
直すのに苦労します。

 

喉に負担のかからない練習をする

とは言っても練習をしないと
落ち着かないという人もいます。

そういう場合は
喉に負担のかからない練習をしましょう。

 

ボイストレーニングは
歌うことだけが練習ではありません。

歌をしっかり聴くことも
れっきとした練習のひとつです。

歌のメロディーラインを覚えるだけでなく、
聴く耳も養うことができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です