歌う時に腹式呼吸は意識しなくていいってホント?

ボイストレーニングをしていると、
腹式呼吸という言葉をよく耳にします。

「腹式呼吸で歌うことは
歌を歌う上で基礎中の基礎である。」

 

私もこのことに関して
異論を唱えるつもりはありません。

腹式呼吸をすることで
喉まわりの無駄な力を抜くことができる。

それだけでなく、
息をしっかり吸うことができる。

歌を歌う面で、
腹式呼吸をする利点はたくさんあります。

 

ただ、腹式呼吸は
難しいものではありません。

横になって寝る時に
自然に腹式呼吸になります。

何も、腹式呼吸は
特別なテクニックではありません。

 

だからこそ、
難しいことがひとつあります。

それは腹式呼吸ができているかどうかを
チェックすることが難しいということです。

 

「腹式呼吸ができているかわからないです。」
という質問をよくされます。

この質問をされた時に
私はいつも決まった回答をします。

「腹式呼吸は意識しなくていい。」
ということです。

 

なぜ腹式呼吸を
意識しなくていいと思うのか?

腹式呼吸ができているか
どうすればチェックできるか?

今回はこのふたつの議題を
掘り下げていきたいと思います。

 

腹式呼吸ができているか確認する方法

まず腹式呼吸ができているか
チェックする方法について話していきます。

腹式呼吸のチェックをする方法は
ふたつあります。

 

鏡を見ながら歌う

まずひとつが
鏡の前で歌うことです。

腹式呼吸は
名前の通りお腹が動きます。

 

息を吸う時にお腹が膨らんで、
息を吐く時にお腹がしぼむ。

お腹が動いていれば、
腹式呼吸ができていると言えます。

 

ただ、ゆるい服を着ていると
動いているかわからない時があります。

そういう時は服をまくるなど
工夫していただければと思います。

 

お腹に手を当てる

ただ歌っている場所に
鏡があることは意外と少ないです。

お腹の動きを確認するためには
大きめの鏡が良いです。

 

そういう時は
お腹に手を当てると良いです。

また鏡を見てわからない人は
こちらのやり方をおすすめします。

 

お腹に手を当てた状態で、
歌ってみましょう。

お腹が動いていることを
手で確認できればOKです。

 

腹式呼吸は意識しなくていい

ただ、個人的には
腹式呼吸を意識する必要はないと思います。

少なくとも、歌う時に
腹式呼吸を意識しすぎる必要はありません。

 

先ほども言ったように、
腹式呼吸は特別なスキルではありません。

横になって寝る時に
誰もが腹式呼吸をしているのです。

 

腹式呼吸をするメリットは
力まずに歌えることです。

リラックスして歌うことは
とても大切です。

 

無理に腹式呼吸をしようとすると
逆に緊張してしまうことがあります。

力まないためにやっているのに
意識しすぎて力んでいては本末転倒です。

 

だから歌う時には
意識する必要はないと思います。

歌う前にウォーミングアップをすれば
腹式呼吸に自然と切り替わります。

それで、あとは
リラックスして歌えば良いと思います。

 

腹式呼吸に切り替える方法

では、どうすれば
腹式呼吸に切り替えることができるのか?

それはロングブレスです。

 

  1. まず、口から
    息を全て出し切ります。
  2. その状態で3秒間、キープします。
  3. 次に鼻から
    息をできるだけ吸います。
  4. その状態で3秒間、キープします。
    (1番に戻る。)

これを3セットやると
自然と腹式呼吸になります。

歌う前にぜひやってください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です