一流の歌うまになる『10000時間の法則』とは?

「歌が上手くなりたい…。」

「憧れの歌い手みたいに
かっこよく歌を歌えるようになりたい…。」

そう思って、あなたは
このサイトを見ていると思います。

 

そこで、今回は
歌が上手くなることは才能ではない
というお話をしたいと思います。

「いやいや、歌の上手さは
センスとか環境が全てでしょ?」

そう思われる方もいるかもしれませんが、
センスや環境よりも大切なものがあります。

 

10,000時間の法則とは?

10,000時間の法則とは
マルコム・グラドウェル氏が提唱したものです。

何かの分野で天才と呼ばれる人たちは
そのことに10,000時間費やしているという法則。

もともとの才能や環境はあまり関係なく、
費やしている時間がカギになっているという。

 

有名人で言うと、ビル・ゲイツや
ビートルズ・イチローなどが挙げられます。

彼らは毎日何時間も必死に勉強して、
そして今の地位を確立した偉大な方々です。

 

10,000時間の法則の個人的な解釈

実は10,000時間の法則は
正しくないという話もあります。

実際に実験をしてみると、
この法則に合わない結果が出たそうです。

 

また、同じ時間であったとしても
使い方や密度で結果は大きく変わるはず。

例えば、ダラダラして
テレビを見ながら勉強する人。

しっかりと集中して、
ノートを取りながら勉強する人。

同じ時間勉強しているとしても、
明らかに後者の方が成績が良いでしょう。

 

このようなことから、
一概に正しいとはいえないと思います。

どんなに適当でも、どんなに雑でも
10,000時間やればいいというわけではありません。

 

ただ、この法則の言いたいことは
あながち間違いでもないと思っています。

10,000時間と簡単に言っていますが、
毎日9時間やったとしても3年間はかかります。

毎日継続することは本当に難しいです。

現実的に1日3時間と考えると、
9年間はかかるということになります。

 

あなたはそれだけの時間を、
人生をかける覚悟がありますか?

本気でやってやろうと思っていないと
すぐに答えることはできないです。

また、実際に
継続して行動できる人はもっと少ないです。

だからこそ、どんどん差がついて
天才と呼ばれるレベルにたどり着くのでしょう。

 

まとめ

石の上にも三年という言葉もあるように
何ごとも成し遂げるには時間がかかります。

平均60点しか取れない人が
3秒で100点を連発することは不可能です。

 

だからこそ、毎日継続して
練習をしていく必要があります。

友だちとカラオケに行ったり、
自分で目標とご褒美を決めてみたり…。

楽しみながら頑張れるように
工夫をすると良いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です