【癒やしの歌声!!】ウィスパーボイスをマスターしよう!

少し息の混じった優しい声を聞くと、
思わず癒やされてしまいます。

ウィスパーボイスが使えると、
優しくて甘い印象を与えることができます。

一度ハマってしまうと、
抜け出せないような中毒性があります。

 

「こんな歌声を出せるようになりたい…。」
と誰もが思うもの。

甘くて優しい歌声を出せるようになると、
表現の幅が大きく広がります。

好きな歌手の歌声に近い響きの声で
歌うことも可能でしょう。

 

そこで、今回は
ウィスパーボイスについてお話します。

ぜひウィスパーボイスを身につけて、
甘い歌声を手に入れましょう!

 

ウィスパーボイスとは?

ウィスパーボイスとは、
息漏れの多い声のことを言います。

朗読やナレーションでよく使われていて、
落ち着いた印象があります。

 

J-POPやバラードでは、しばしば
ウィスパーボイスを使うことがあります。

歌の中で上手く使うことを
ウィスパリング・テクニックと言います

 

ココぞという場面で使うことで、
グッと世界観を引き出すことができます。

また優しく甘い印象になるので、
歌の印象や歌詞によってはピッタリでしょう。

 

ウィスパーボイスと息漏れ声について

普通、息漏れ声というと
ヒソヒソ話のような声をイメージすると思います。

厳密に言うと、
ウィスパーボイスと息漏れ声は違います。

 

ウィスパーボイスは息を吐いた状態で
声を出しています。

一方、息漏れ声は
声を出しているわけではありません。

声帯が振動しているかどうかが
大きな違いです。

 

キレイなウィスパーボイスを出すポイント

呼吸をコントロールできている

ウィスパーボイスを出すのは
簡単そうに見えてかなり難しいです。

息が漏れた状態だと、
音量や音程を調節しにくくなるからです。

 

良いウィスパーボイスは
声量も音程も安定しています。

良いウィスパーボイスを出すためには、
正しい発声を身につけている必要があります。

 

鼻腔共鳴ができている

息が漏れた声は
聞き取りにくいものです。

ヒソヒソ声で話した時に、
聞き返されたことがある人も多いでしょう。

 

聞き取りやすくするためには
身体で音を響かせる必要があります。

鼻腔という空洞で音を響かせることで、
しっかりとした歌声になります。

 

ウィスパーボイスの出し方

まずはロングトーンで
「あー」と声を出しましょう。

そして伸ばしている中で
少しずつ息を出すようにしていきましょう。

しっかりと声帯が振動していて、
声が出ていることがポイントです。

 

息を出す量を調整していき、
良い息の混ぜ具合を見つけましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。