【高音が楽に出せる】裏声の出し方・コツ・効果的な練習法!

裏声 出し方

タクミ
あー、ァアー、アァァーー!!!

ヤマト
おいおいおいどうしたんだよ! そんな声出したら喉痛めるぞ!

タクミ
高い声出すには裏声だって聞いたから、 せっかく練習してるのに綺麗な裏声が出ないんですよー!!

ヤマト
なるほどな、 よし、綺麗な裏声を出す方法を教えてやるよ! まずはフクロウのモノマネからだ! ホー!ホー!!

 

「裏声の出し方がわからない…。
「もっと高い声を出したいなぁ…。」
「裏声を出すと、掠れた声になってしまう…。」

そんな悩みを感じていませんか?

 

歌を歌っていて、高い声に限って声がかすれたり、
出なかったりする方は多いです。

裏声を使わず、地声だけで歌おうとすると
歌える曲は限られてしまいます。

 

裏声を出せるようになると、音域が広がって
高い声も上手く出せるようになります!

ということで、今回は裏声をマスターするために
裏声の出し方やコツ・練習法をお伝えします。

 


裏声とは

地声との違い

地声は普段会話などで日常的に使用している
発声方法で、主に胸を利用して発声する
チェストボイスと定義するのが一般的です。

 

裏声とは、高い声を無理に出そうとした時に出る
ひっくり返った高い声のことで、

ファルセットヘッドボイスミックスボイス
と、3つに分類することができ、
歌で使用される機会の多い発声です。

 

これらの発声がコントロールできないと
かっこ悪い、聴き心地が悪いと思われがちです。

そのため、裏声を使わずに
地声だけで歌おうとする方もいます。

 

ただ、地声だけだと出せる音域が
かなり限られてしまいます。

特に高い声を出すことはかなり難しく、
無理すれば喉を痛めてしまいます。

 

裏声が自分にとって変な風に聴こえるのは
普段、地声で話しているためです。

普段使っていない声だからこそ、
真っ先に裏声を鍛える必要があるのです。

 

また、女性の場合は普段の話し声が
ミックスボイス、ヘッドボイスであることが多く、
意識せずとも裏声ができている場合もあります。

 

裏声とファルセットの違い

「裏声=ファルセット」だと
書いてあるサイトをよく見かけます。

全く別モノではないですが、
裏声とファルセット違いを解説しておきます。

 

裏声というのは、大きな括りの言い方で
厳密には3つに分けることができます。

 

ボカロ系統の高音曲でよく使われる
芯がある鋭い響きの「ヘッドボイス」。

地声に近い響きで高い声を出すことのできる
中音域を出すのに適した「ミックスボイス」。

そして、息の漏れたような
柔らかく、暖かみのある「ファルセット」。

※裏声と聞いて一番最初にイメージする
 裏声がファルセットです。

 

裏声を鍛えるとどんな効果があるの?

では、裏声を鍛えると
どんな効果があるのでしょうか?

 

高い声が出せるようになる、出しやすくなる(音域が広がる)

裏声が地声と同じくらいの声量で
出せるようになるには、
声帯の使い方がポイントになります。

声帯を自分でコントロールできるようになると、
地声の音域も大幅に広がります。

※全ての音域を地声で出せるように
なるわけではありません。

 

声には大きく分けて、
地声と裏声があります。

地声は主に低い声を出しやすく、
裏声は主に高い声を出しやすい発声です。

そのため、地声だけで出せる音は
あまり高くないのです。

 

裏声を練習することで
高い声を出すことができるようになります。

 

音程が取れるようになる

裏声を出す時に、輪状甲状筋という
喉の筋肉をよく使います。

この輪状甲状筋は、
音程を合わせる役割を持っています。

つまり裏声を出して輪状甲状筋を鍛えると、
音程が取れるようになるのです。

輪状甲状筋について詳しくは下記の記事をご覧ください!

【綺麗な高音への道!!】輪状甲状筋(裏声)の鍛え方

2017.07.17

 

表現の幅が広がる

裏声を出せる事で、ただ高い声が出せるだけでなく、
表現の幅も広がります。

独特の抜けたような歌声は
優しいような、切ない雰囲気を演出します。

レミオロメンさん、backnumberさんが
特に裏声の使い方が上手いです。

 

また、Mrs.GREEN APPLEの大森元貴さんや、
Official髭男dismの藤原聡さん、
King Gnuの井口さんなど

昨今は裏声をサビでも多用するアーティストも増え、
「高い声を出す際は力強く太い発声が必要」という価値観も
薄れ、新たなトレンドとして確立してきています。

 

今最前線で活躍している歌い手さんの中には
このような歌い方を武器にしている方はいません!
その路線で戦っていくのもありかもですね。

 

裏声の出し方

身体をリラックスさせた状態で
「ホー」と高い声を出します。

その際、以下のことを意識してください。

裏声 出し方
  1. 頭の先から声を出すように意識
  2. 声を遠くに放り投げるイメージ
  3. 弧を描いて遠くに声を届けるイメージ

 

小声で構わないので、
地声とは違う抜けたような声が出ればOKです。

 

裏声を出すコツ

裏声の出し方がわかる方は
前項の内容だけで出せると思うのですが、

中には裏声が出せない方もいます。

 

裏声が出せない・うまくわからない方は
以下のポイントをチェックしてください。

  • 顔をもみほぐして、リラックスする
  • オオカミの遠吠えのマネをする
  • 小声で練習する
  • 息を多く吐く
  • 鼻歌を歌ってみる
  • 喉を開くことを意識する

「まず喉を開くってなんだ?」という方は
以下の記事をチェックしてください!

芯のある声を出せるようになる「喉を開く」感覚の掴み方と練習法

2019.07.18

 

裏声が出ない原因と改善法

何度やっても裏声が出ないと言う人も
中にはいると思います。

考えられる原因としては

  • 裏声が出るのをイメージできていない
  • 喉がしっかり開けていない
  • 息がしっかり出せていない

などが考えられます。

 

裏声がどうしても出ないと言う方は
下記の記事にて解説していますので、
こちらを参照してみてください!

【裏声が出ない方必見】練習方法やコツを徹底解説

2017.12.27

 

また、もう一つ可能性として、
喉が病気になっている可能性も考えられます。

 

  • 息を吸うと喉に痛みがある、咳き込んでしまう

→喘息、肺炎、気管支炎

  • 声が出しにくい、出そうとしても空気しか出ない

→声帯ポリープ、風邪、喉頭外傷など

  • 大きな声が出しにくい、

→口腔内の腫瘍、鼻ポリープなど

 

他にも声帯が胃液で荒らされてしまう
胃食道逆流症などの病気の可能性もあります。

 

普通の話声ですら出しにくい、
裏声が全く出ないという方は専門医に
相談することも検討してみてください。

 

裏声の効果的な練習法

STEP1

裏声が出せるようになったら、
まずは裏声に慣れましょう。

できるだけ長く裏声をキープする。
様々な音程で裏声を出してみるなど。

自分なりに色々な出し方で
とにかく裏声を使うように意識
してみてください。

 

STEP2

裏声に慣れてきたら、
次は地声と交互に出してみましょう。

裏声→地声→裏声→地声と
交互に出すことで輪状甲状筋が鍛えられます。

 

きれいな裏声を出す方法

裏声を出すことはできるが、
自分の思い描く裏声を出すことができない。

汚い裏声になってしまうという方は
こちらをご覧ください。

 

声帯が開きやすい言葉で何度も発声練習

声帯が開きやすい子音と
母音を組み合わせた言葉で発声練習をすることで、
ファルセットが出しやすくなります。

 

声帯が開きやすい子音の代表例としてハ行、
声帯が開きやすい母音として『う』または『お』があります。

それらを組み合わせて、『フー』
または『ホー』で発声練習します。

 

息の量を多めにして発声練習

裏声の代表格であるファルセットは
裏声の中でも最も感覚が掴みやすい発声で、

コツさえ掴めば楽に出すことが
できるようになります。

 

ファルセットは他の裏声と違って
声の中で息の割合が多く、

息を出しながら高い声をのせるようにすることで
裏声の感覚が掴みやすくなることがあります。

そこでわざとに息の量を多めにして
発声し、声帯を閉鎖する力を弱め、

ファルセットを出しやすい状態にするのが
この練習の狙いです。

 

小さな声で発声練習

大きな声を出そうとすると
自然とたくさんの息を使おうとして
しまう方がほとんどです。

その過剰な息の量が歌声に混じり、
声を掠れさせてしまうのです。

 

裏声を出すだけに必要な息の量を把握するために
「可能な限り小さな声で」と意識して
裏声を出してみましょう。

※耳元で囁くイメージではないです。
 半径1m以内でやっと聞き取れるぐらいの
 音量を意識しましょう。

 

リラックスして発声練習

身体がリラックスできていないと
身体が振動しにくく、大きな声で
裏声を発声しにくいです。

脱力できていればいるほど
身体を振動させやすく、
大きな声を出しやすくなります。

 

可能な限り脱力して声を出すことを
意識しましょう。

 

日常生活で無意識に使っている裏声にヒントを得る

人は意識しなくても裏声を使っています。

例えば、『フワァ~』というあくび、
ライブ会場での『ヒュー』という声援、
ほっと一息つくときの『フー』

全ていつも人と話す時の声よりも
高い音程で声を使っていませんか?

 

また、鼻歌で裏声を使っている方も
多いかもしれません。

日常生活で裏声を使っている
場面を見つけたら、それをお手本に
意図的に出せるようにしましょう。

 

裏声を出している映像を参考に真似る

モノマネは非常に強力な上達方法です。

理屈がわかっていなくても、
モノマネしようとしてみたらできた、
なんてことはよくあります。

 

裏声発声の参考になるのは

  • フクロウの鳴き声「ホー」
  • ミッキーの声真似「ハハッ」

この2つが有名ですね。

 

人前でやるのは恥ずかしいと思うので、
動画サイトなどを参考に、
家で一人の時に声真似してみましょう!

 

地声と裏声を交互に出す

地声を出している時、
裏声を出している時の感覚は全然違います。

 

これは私の感覚(レモン)ですが、
地声は普段喋っている時と変わらない、
裏声は声がすっぽ抜けて出ているような感覚です。

※人によって感じ方は違います。

 

この「地声とは違う感覚で発声している」
感覚を掴むのが、裏声上達への第一歩です。

 

綺麗な裏声を出すおすすめ練習曲

裏声を練習するのに
最適な練習曲はないのか?

そのような質問をたくさんいただきます。

 

裏声が多用される曲をたくさん歌い、
発声に慣れましょう。

下記にてまとめていますので、
ぜひ参考にしてみてください。

【完全保存版】ファルセットの練習にオススメの曲と参考になる歌手まとめ

2019.03.30

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

裏声は歌以外はほぼ使わない発声であるからこそ
最初はうまく出せなくて当然です。

綺麗な裏声を出せるようになりたい!
そう思えたことこそ歌唱力アップへの
第一歩と言えるでしょう。

 

腹式呼吸や喉を開くことと違い
今まで身体から出たことのない声を
コントロールしようとしているのです。

なのでとっつきにくくて当然です。
感覚がわからなくて当然です。

 

まずはとにかく「裏声を出すこと」
ここに集中して練習しましょう。

シェア・応援をお願いします!



歌い手部公式ボイトレテキスト
絶対歌唱力トレーニングブック

歌い手部公式のボイストレーニング教本がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「絶対歌唱力」を徹底的に身につけられる内容にしました。無料でプレゼント中なので、今すぐ手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。