こんにちは、
歌い手部のケイです。

限定ブログ第2話を読んでいただき、
ありがとうございます。

 

第1話では、歌の4要素や理想像など
根本的な話をしました。

自分の中で、こうなりたいというゴールが
明確になりましたか?

「やべ、まだ読んでない!」という方は
こちらから読めます。

 

第2話では、具体的に
ボイストレーニングの話に入っていきます。

スマホとか動画とか一旦置いて、
集中して読んでくださいね!

 

歌い手部に訪れる人は
歌が上手くなりたいと思っているはず。

歌が上手くなって、歌い手になりたいと
思っている人が多いでしょう。

 

色々と質問してくれたり、
頑張って練習している人もいますが、

悲しいことに大抵の人が
途中で歌の練習を止めてしまいます。

 

そういう人の話を聞くと、

「歌の練習をしても、
なかなか上手くならないから。」

という理由にたどり着きます。

 

では、なぜ歌の練習をしても
なかなか歌が上手くならないのか。

今日はその原因について
一緒に考えていきましょう。

 

原因1:イメージができない

歌は感覚的な分野になります。

「どうやって高音を出しているんですか?」
と有名な歌い手に聞いたら、十人十色の回答が来るでしょう。

 

また、同じような発声に聞こえても
やってきた練習は全く違うこともあります。

そもそも、声帯など身体の差があるので
同じ練習で同じように歌は上手くならないですよね。

 

よく寄せられる質問のひとつに
「喉を開く感覚がわからない」ということがあります。

正直、ボイストレーナーとしても
完璧に説明しにくいことでもあります。

 

100%正しく理解してもらえて、

しっかりとできるように
なってもらうのは至難の業です。

 

記事で紹介しても、動画で解説しても
その人の感覚がその人の言葉で解説されます。

それが自分に感覚と合っているかどうか
理解できるかどうかは別問題です。

 

また、わかったつもりになっていても
実は間違っていることもあります。

「これが高音の正しい発声だ!」
と思っていたけど、

ボイストレーナーに聞いてもらったら
喉絞め発声だと言われることもあります。

 

喉の断面図を見れるわけでも、
感覚をテレパシーで伝えることも出来ないので、

なかなか正しく伝えることができず、
イメージすることが難しい。

 

これが、なかなか
歌が上手くならない原因のひとつです。

 

原因2:自分に合う練習法がわからない

そして、二つ目が
自分に合う練習法がわからないことです。

 

今やっている練習法は
あなたの実力に合っていますか?

 

服は自分に合ったサイズを着るように、
食事は自分に合った量を食べるように、

練習にも自分に合ったレベルで
自分にあった量をこなすことが大切です。

 

これを間違えてしまうと、
歌が上手くなることはありません。

簡単すぎることを淡々とこなすか
ハードルの高さに絶望するかの二択です。

 

例えば、大学受験する受験生が
一桁の足し算・引き算をやっても意味ないでしょう。

毎日、一万問解いたとしても、
偏差値・学力は変わらないと思います。

 

これは自分のレベルに合っていない
簡単すぎることをやっているパターンです。

 

逆に、まだ習っていない問題や、
自分の偏差値よりも高すぎる大学の過去問を解くと

ほぼ100%、解けないで絶望するでしょう。

 

勉強だと、大体のレベル感がわかりますが
歌だとよりわかりにくいです。

そもそも、勉強も小学校からずっとやっていて
レベル感がわかるようになっているので、

それと同じくらいの年月こなさないと、
レベル感わからないはず。

 

このように自分が今やるべき練習が
わからないこと。

これが二つ目の原因です。

 

原因3:継続できない

そして、三つ目の原因が
継続できないということです。

 

ぶっちゃけると、
歌が上手くなるのには継続が必要です。

「誰でも簡単に歌が上手くなれる!」
なんて言う気は全くありません。

 

練習の継続、振り返り、改善、勉強…。
いろんなことが必要です。

上達を実感することができるほど
練習をしないで諦めてしまう人がほとんどです。

 

こういう話をすると、
アフリカのすごい民族の話を思い出します。

その民族の何がすごいって、
踊りで必ず雨を降らせることができるんです。

 

 

そんな作り話みたいな話と思われるかもしれませんが、
そう思うことなかれ。

アメリカの科学者のチームが現地調査に行き、
本当に100%雨を降らせるという報告書をまとめています。

 

「どうやって踊りで雨なんて降らせるの!?」
って思いますよね。

 

その報告書の続きを読むと、
衝撃的なことが書かれていたのです。

「彼らは雨が降るまで踊り続ける。」と。

 

足を怪我しようが、仲間が倒れようが
雨が降るまで一心不乱に踊り続ける。

故に100%雨を降らせることができるんだと。

 

途中で諦めなければ、道は見えると思うんです。

やはり継続することは大切ですね。

 

これらを解決するためのカギ

継続することが大切と言っても、

「練習すら継続できないなんて、
やる気ないじゃないか!」

「有名な歌い手になりたいっていうのは
できたらいいな程度の夢だったんじゃないか!」

なんて説教するつもりはありません。

 

むしろ、歌の練習を途中で止めちゃう
気持ちの方に共感できます。

 

私自身も音痴だったんですが、
なかなか練習を続けられなかったので。

歌が上手くなりたいという気持ちと裏腹に
なかなか練習できない。

 

練習しなきゃと思うのに、
気づいたら夜になってて布団に入っている。

それで、「なんで出来ないんだよ…。」と
自己嫌悪に陥るという生活でした。

 

でも、今になってわかることは
「それって何も悪くないよ!」っていうこと。

だって、いくら練習でも
楽しくないことはやりたくないでしょ?

 

だったら、モ◯ストとかY◯utubeとか
やってた方が楽しいでしょ?

(私だってよくわからない・つまらない仕事を
やらされ続けたら逃げ出す自信があるので。)

 

だから、楽しくないことが続かないのって
普通のことだと思うんです。

 

何が言いたいかって言うと、
継続できないことを咎めるんじゃなくて、

楽しくない練習になっちゃってることの方が
よっぽど大きな問題だってことです。

 

歌が上手くなりたい。
有名な歌い手になりたい。

自分の夢に向かって行動することが
楽しくない・面倒くさいと感じてしまう。

これって、かなり
おかしいことだと思いませんか?

 

なんで歌の練習が楽しくないと感じるかというと、
成長を感じないからという理由がほとんどだと思います。

そりゃあ全然、進歩も成長も感じなければ
楽しくないですよね。

 

つまり、練習が面倒くさくなって、
なかなか続けられない原因は

練習をしても進歩や成長を感じられない
間違った練習法にあるんです。

 

なかなか上手くならない練習をして、
成長を感じられず、練習が楽しくなくなり、
面倒くさくなるという悪循環に陥っているんです。

 

つまり、間違った練習法をしてしまう原因を解決して、
正しい練習をすれば、

成長・進歩を実感でき、練習が楽しくなって
もっと練習がしたくなるわけです。

 

こういう好循環になれば、

スマホゲーやアニメにのめり込む感じで
歌の練習をしてしまう。

そんな感じになりましょうっていう話。

 

「間違った練習法をしてしまう原因とか
言われてもわからないよ…。」

と思っている人が居たら、
それは大正解です。

 

そもそも、間違った練習法なのか
正しい練習法なのか判断できません。

歌やボイストレーニングについて
勉強したことがない状態で、

自分の問題点を把握し、
正しく練習すること自体、無理なんです。

 

何か病気になったらお医者さんに
診断してもらって、薬をもらいますよね?

風邪程度だったら
大丈夫かもしれませんが、

わからない病状なのに、適当に自分で診断して
適当に薬を飲んだりはしませんよね?

 

病気になったらお医者さんに診てもらうように、
教えてもらえる存在が必要なんです。

 

病気の時でもお医者さんに診てもらって、
処方された薬を飲めば安心だと思いませんか?

その安心感が継続するためには重要なんです。

 

そして、そのために
歌い手部を活用してもらえればと思います。

また、そのための企画も準備しているので
お楽しみに。

 

ワーク

今回の記事では、なかなか
歌が上手くならない原因について考えてました。

何か納得すること・共感することはありましたか?

 

勉強になると思ったことがあれば、
必死になって書いた意味がありますね。

また、「なるほど」と思っていただけたなら
何か行動してくれると嬉しいです。

ただ、読んで感動するために
配信しているわけではないので。(笑)

 

今回は歌に関する悩みアンケートを
取りたいと思います。

歌の練習や実力、何でも良いので
今感じている悩みを率直に書いてください。

 

また、歌い手部の公式LINEの方に
メッセージで送ってください。

 

その内容次第で、3話以降の内容を変えたり、
サイトの記事やメルマガに取り入れていこうと思います。

昨日くださった回答は
しっかり読ませていただいています。

 

せっかくの限定ブログなので、
読者に合わせた内容で配信したいと思っています。

ぜひ、ご協力よろしくお願いします。

 

 

次回予告

え?

この限定ブログの続きを
早く読みたくなっているって?

良いのめり込みですね!

 

第3話は

歌の練習をする・歌い手を目指す上での不安
歌が上手くなること・有名な歌い手になった未来

について話していきたいと思います。

 

第3話も明日の20時に案内するので、
楽しみにしていてください。

(のめり込んでいる人、残念。
案内の時間は変わりません。)