【手軽にできる!!】肺活量を鍛える簡単なトレーニング法

「声量が少なくて、声が細くなってしまう…。」
「歌っていると、息が続かなくなってしまう…。」

そんな悩みを抱えていませんか?

 

そこでよく言われるのが、
肺活量を鍛えようということです。

 

とは言っても、
肺活量とはそもそも何でしょうか?

また、肺活量を鍛えると
歌を歌う上でどんな良いことがあるのでしょうか?

 

今回は歌と肺活量の関係について
徹底的に解説していきたいと思います。

 


肺活量とは?

肺活量とは、空気を思いっきり吸って、
そして吐くことのできる息の量のことです。

肺活量は身長や性別・年齢などによって
変わっていきます。

また、日常的にスポーツをやっている人は
肺活量が多い傾向にあります。

 

肺活量は男性で3000ml~4000ml、
女性は2000ml~3000ml程度と言われています。

男性の一流のスポーツ選手では、
6000ml以上あるという方もいます。

 

肺活量はスポーツをする時だけでなく、
歌う時にも大切な役割を果たしています。

肺活量が少なくないとしても、
鍛えたいという人が多いのもそのためでしょう。

 

肺活量と歌の上手さに関係ないのか?

インターネットを調べていると、
肺活量と歌は関係ないという記述を見かけます。

 

というのも、
肺活量は吸って吐ける息の量のことでした。

吸うことのできる息の量が増えるだけで、
良い歌声が出せるわけではないからとのこと。

そのため、肺活量は
歌とは全く関係ないという論理です。

 

ただ、個人的には
その意見は正しくないと思います。

歌の上手さと肺活量には関係があります。

肺活量が多い方が
歌う上で良いことがあるのです。

 

肺活量を鍛えるメリット

息を長く出せるようになる

最近の曲はテンポが早く、
息継ぎがしにくい曲が多いです。

また息継ぎをできるところでも、
ゆっくり吸えることはあまりないです。

 

肺活量が多いと、
使える息の量も増えます。

そのため、息継ぎがしにくい曲でも
しっかりと歌うことができます。

 

また、息が足りなくて、
伸ばしきれないことがなくなります。

しっかりと伸ばすことができれば、
上手く聴こえるのは言うまでもありません。

 

また息に余裕があると、
歌うことに集中することができます。

音程を合わせること、
テンポを合わせることを意識できます。

 

喉が痛みにくくなる

少ない息で大きな声を出そうとすると、
身体が力んでしまいます。

無理をしてしまい、
喉を壊すなんてことにもなってしまう。

 

しかし、必要な息を出すことができれば、
無理をする必要がありません。

そのため、無理をして
喉を壊すことはないでしょう。

 

肺活量を鍛える前に・・・

肺活量を鍛える方法を説明する前に、
大切なポイントをお伝えします。

肺活量を鍛えるトレーニングをする時は
腹式呼吸と姿勢を意識してやってください。

 

正しくないやり方でやってしまうと、
正しい効果は望めません。

それどころか喉を痛めてしまったり、
変なクセがついてしまう可能性もあります。

 

腹式呼吸と歌う時の正しい姿勢は
こちらの記事で説明しています。

まだ読んでいないという方は
合わせて読んでください。

【驚くほど変わる!!】歌う時の正しい姿勢を覚えよう!

2017.02.27

歌上達の第一歩!!腹式呼吸の効果とやり方

2017.02.17

 

肺活量の鍛えるトレーニング法

有酸素運動をする

肺活量の鍛える方法として、
よく言われるのは有酸素運動です。

有酸素運動の中で手軽なのは
ランニングや水泳だと思います。

 

全国大会で優勝するような吹奏楽部では
ランニングをしているところが多いようです。

有酸素運動は全力で走るのではなく、
息が乱れない程度に走ると良いそうです。

 

有酸素運動で肺活量を鍛えるポイントは
呼吸を意識することです。

ただ泳ぐだけ、ただ走るだけでは
あまり効果はありません。

 

一回の呼吸で、しっかり息を吐いて、
いかに多くの空気を吸えるか。

このことを意識しましょう。

 

ロングブレスをする

肺活量を鍛えるトレーニングは
何か特別な道具を必要としません。

ちょっとした空き時間に
肺活量を鍛えられるのは良いですね。

 

肺活量を鍛えるトレーニングとして、
ロングブレスを紹介します。

ダイエットで一躍有名になった
あの呼吸法です。

 

簡単に言うと、
息を全力で吸って全力で吐く。

そして、息を吸って、
なるべく長く息を吐き続ける。

 

息を吐く・吸う動作を
できる限界までやることがコツです。

ただ、それなりに負荷があるので
無理しないように気をつけてください。

 

合わせて読みたい記事

【息継ぎができない人必見!!】上手くブレスをするコツ

2017.03.30

【息が続かない人必見!!】息が続かない原因と続かせるコツ

2017.03.01

迫力のある歌声を手に入れよう!声量を増やすトレーニング法

2017.02.28

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。