歌上達の第一歩!!腹式呼吸の効果とやり方

「歌う時はお腹から声を出して!」
とよく言われます。

そんな時に出てくるキーワードが
腹式呼吸です。

 

しかし、腹式呼吸が何なのか
どうして腹式呼吸をするべきなのかを
しっかりと理解している人は意外と少ないです。

そこで、今回は
腹式呼吸について徹底解説します。

 


胸式呼吸とは?

胸式呼吸は肺を膨らませたり、しぼませる時に
胸の周りの筋肉を使う呼吸法です。

普段は何気なく生活している時は
ほとんど胸式呼吸です。

 

呼吸は浅いですが、
素早く呼吸できることが特徴です。

ランニングの後、運動の後は
息が上がって肩が上下していると思います。

これも胸式呼吸です。

 

腹式呼吸とは?

一方、腹式呼吸は肺を膨らませたりする時に
横隔膜を使う呼吸法です。

 

特別な呼吸なのかと思いますが、
実は誰でもやっています。

一番よくわかるのは、
横になって寝ている時です。

 

肩を上下して呼吸することが難しい場合、
無意識に腹式呼吸をしています。

息を吸うとお腹が膨らみ、
息を吐くとお腹がしぼむのが特徴です。

 

胸式呼吸と腹式呼吸の違い

つまり、肋間筋を使って肺を動かす呼吸が胸式呼吸で、
横隔膜を使って肺を動かす呼吸が腹式呼吸です。

肺を動かす時に使う筋肉が違うだけですが、
歌にとってはこれがとても重要な意味を持ちます。

ここで、それぞれの呼吸法の
メリット・デメリットをお伝えします。

 

胸式呼吸のメリット・デメリット

胸式呼吸のメリットは
素早く呼吸ができるという点でしょう。

一方、胸式呼吸のデメリットは
呼吸が浅いところです。

深く息を吸うことができないため、
しっかりと伸ばすことが難しい。

 

た、胸の周りの筋肉を使うので
肩や首などの筋肉が緊張してしまう。

すると、喉にも力が入り、
リラックスして歌うことができません。

その結果、声が枯れる・音程がズレる・息が続かない
歌が上手く歌えない原因になります。

 

腹式呼吸のメリット・デメリット

腹式呼吸のメリットは胸の周りの筋肉を使わないので
喉などをリラックスした状態で歌えることです。

また、腹式呼吸の方が
息をコントロールすることができます。

さらに腹式呼吸の方が息を多く吸えるため、
息が続き、しっかりと伸ばすことができます。

 

一方、腹式呼吸のデメリットは
正直ほとんどありません。

胸式呼吸と比べれば、呼吸のスピードは遅いですが
そもそも息を深く吸えるので、息が切れることがないです。

 

腹式呼吸のやり方

以上のことから、歌う時は
腹式呼吸で歌うことが大切になります。

そこで、腹式呼吸のやり方をお伝えします。

 

STEP1:腹式呼吸の感覚を掴む

リラックスして、仰向けに寝る。

 

  1. まずは息をゆっくりと吐き切ります。
  2. 全ての息を吐いたら、息をゆっくりと吸います。
  3. 息を吸いきったら、1番に戻ります。

 

息を吸った時にお腹が膨らんで、
息を吐くとお腹がしぼむ感覚を掴みましょう。

 

STEP2:どんな姿勢でも腹式呼吸をできるようにする

寝た姿勢で腹式呼吸できるようになったら、
次は座った姿勢・立った姿勢でもできるようにしましょう。

STEP1で掴んだ感覚を意識して、
呼吸をします。

最初はお腹に手を置いて、
鏡を見ながらやることをオススメします。

 

チェックするポイントとしては、

  • 肩が上下していないか?
  • 呼吸に合わせてお腹が動いているか?

の2点です。

 

腹式呼吸の効果的な練習法

STEP1

腹式呼吸を使って、歯の隙間から
「スー」と息を吐きましょう。

この息をなるべく長く吐き続けます。

 

息を限界まで吐いたら、
その状態で5秒間キープします。

そして息を限界まで吸ったら、
その状態で3秒間キープします。

 

こうすることで、横隔膜が鍛えられ、
息切れしない肺活量を手に入れられます。

 

STEP2

次に「あー」と声を出しましょう。

音程は気にせず、同じ息の強さで
最後まで吐き切ることをイメージしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。