【音質にこだわる!!】オーディオインターフェースの選び方とランキング5選

こんにちは、
歌い手部のケイです。

本日のテーマはオーディオインターフェースの
選び方と
おすすめランキングです。

 

オーディオインターフェースは
高音質の録音をするためには必須の機材です。

自宅・スタジオでのレコーディングに使われます。

高品質の歌ってみた動画をアップしたいなら、
まずはオーディオインターフェースをゲットしましょう。

 


「オーディオインターフェース」とは?

オーディオインターフェースは
音楽データをパソコンに入出力する機材です。

ボーカル・ギターなどの音をパソコンに取り込み、
パソコンからヘッドホン・スピーカーに送ります。

オーディオインターフェースを使うことで、
標準搭載の録音・再生機能より高音質になります。

 

また、ほとんどのオーディオインターフェースには、
音楽制作ツールDAWソフトが付属しています。

DAWソフトはひとつあれば、
録音・MIX・編集までできる音楽編集ソフトです。

詳しくはこちらの記事で紹介しています。

【歌い手向け!!】DAWソフトの選び方とおすすめ人気ランキング5選

2019.10.23

 

価格帯は1万円〜3万円程度です。

プロ仕様は桁が異なりますが、
現在流通している商品はリーズナブルで高機能なので、
無理に高い商品を買う必要はありません。

 

インプット・アウトプットの音質は
24bit/192kHzが目安です。

パソコンへの接続端子はUSBが主流です。
まれにFirewireのものがあるので要注意です。

生放送やLIVEをやる予定があれば、
ループバック機能があるものを選びましょう。

 

オーディオインターフェースを選ぶ時のポイント

「オーディオインターフェース」は
様々なメーカーから販売されています。

世界的に有名なのは

  • STEINBERG(スタインバーグ)
  • FOCUSRITE(フォーカスライト)
  • ROLAND(ローランド)
  • BEHRINGER(ベリンガー)

もよく選ばれています。

 

それでは、オーディオインターフェースを選ぶ際に
見るべきポイントについて解説します。

 

選び方①:まずはチェック!入力端子

オーディオインターフェースを選ぶ際は
まず入力端子数をチェックしましょう。

入力端子数は「機材をいくつ接続できるか?」
ということです。

入力端子が1個であれば、マイクのみの接続で、
2個以上ならギターで弾き語りも可能です。

 

入力端子の形状は主に2種類で、
標準フォーン端子キャノン端子(XLR端子)です。

最近のオーディオインターフェースは
どちらも使えるコンボジャックというものもあります。

 

また、ギターやベースを使う場合は
Hi-Z対応のオーディオインターフェースにしましょう。

Hi-Zとはハイインピーダンスの略で、
入力抵抗が大きいという意味です。

ギターやベースは入力抵抗が高いため、
Hi-Z対応でないと正しい音を入力できません。

 

選び方②:DAWは何がついてる?付属ソフト

オーディオインターフェースを選ぶ際は
付属ソフトも比較しましょう。

通常、オーディオインターフェースには
DAWソフトの体験版が無料でついてきます。

 

DAWソフトは録音・MIX・編集ができるもので
歌い手活動には必須のツールです。

様々なメーカーのソフトがあり、数万円するため、
興味があるソフトを付属版で試してみるのも良いです。

ただ、機能に制限があるため、
あくまでお試しバージョンという位置づけでしょう。

 

選び方③:コンデンサーマイクは使える?ファンタム電源

オーディオインターフェースを選ぶ際は
ファンタム電源の有無も確認しましょう。

コンデンサーマイクを使う場合は
ファンタム電源という電源を別途使う必要があります。

電流は48Vで、マイクに電源を供給します。

 

今はダイナミックマイクしか持っていなくても
コンデンサーマイクが欲しくなるかもしれません。

今後のことを考えて、ファンタム電源ありのものを
選んだ方が無難でしょう。

 

選び方④:作業環境に一致?対応OS

オーディオインターフェースを選ぶ際は
対応OSを調べましょう。

ほとんどのオーディオインターフェースは
Windows、MacどちらもOKな製品がほとんどです。

 

しかし、中にはWindows専用、Mac専用の
オーディオインターフェースもあります。

また、iPhone/iPad用のものもあるため、
念のためチェックしましょう。

 

オーディオインターフェースのおすすめランキング

オーディオインターフェースを選ぶ際に
チェックするべきポイントは

  • 入力端子
  • 付属ソフト
  • ファンタム電源の有無
  • 対応OS

の4つです。

 

それでは、おすすめのオーディオインターフェースを
1位から5位までランキング形式で紹介します。

では、5位からどうぞ!

 

5位

BEHRINGER UM2

5,225円

激安!コンパクトなインターフェース

「なるべく安いオーディオインターフェースでまずは試してみたい…。」そんなあなたにイチオシの製品がこちら。 5,000円前後で購入可能かつファンタム電源搭載。つまり、この低価格でコンデンサーマイク使用可能なんです。楽器用の専用入力端子を使えば、ギターやベースも接続できます。説明書は不要なほどシンプルな操作性でありながら、充分な機能を備えています。ただ、「DAWソフト」は付属していないので別途購入が必要です。初心者やサブとして使いたい方におすすめです。

端子数2付属ソフトなし
ファンタム電源対応OSWiondows・Mac

4位

Roland Rubix22

18,323円

バランス抜群!オーディオインターフェース

使いやすいコンプレッサーが内蔵されており、切り替えが簡単です。通常、コンプレッサーは別途購入するのですが、内蔵されているのは嬉しいですね。ファンタム電源は、コンデンサーマイクを接続した後に「48V」と書かれたボタンを押すだけでOK。加えて、ループバック・MIDI入出力・iPadと接続可なので、状況を問わず活躍します。音質も良く、メタルボディがクールです。バランスが高く評価されており、どんな人でも満足することでしょう。

端子数2付属ソフトAbleton Live Lite
ファンタム電源対応OSWindows・Mac

3位

FOCUSRITE Scarlett 2i2 G3

18,684円

弾き語りにぴったりなオーディオインターフェース

自宅に居ながら、スタジオ並のサウンドを制作可能です。レコーディングと言えば、「FOCUSRITE」の「オーディオインターフェース」を忘れてはいけません。20年以上、世界から愛されているメーカーです。2万円弱で高クオリティ!デザインも◎です。製品名「Scarlett」の通り、赤色がカッコイイんです。ギターの弾き語りを録音したい方に薦めたい商品です。

端子数2付属ソフトAbleton Live Lite
ファンタム電源対応OSWindows・Mac

2位

STEINBERG UR12

16,700円

コスパで選ぶなら、これで決まり!

「Cubase」付属、ファンタム電源あり、1.5万程度と、コストパフォーマンスが高いモデルです。メタル製で頑丈、小型なので持ち運びにも向いています。ホームスタジオやプロのモバイル用としても使われています。ノイズもなく、クリアな音質になります。これ1台で、レコーディングから、EQ・コンプレッサー・リバーブと一通りの音楽制作が可能です。これから初めて「歌ってみた」動画を作るという方は、こちらが良いでしょう。

端子数2付属ソフトCubase AI ・ Cubasis LE for iPad
ファンタム電源対応OSWindows・Mac

1位

Steinberg UR22mkII

21,400円

最強!心底惚れるオーディオインターフェース

「オーディオインターフェース」ベストセラーモデル「UR22」の上位互換版。2万円前後で、最高の環境を手に入れることができます。宅録もスタジオもライブも!いつでもどこでも音楽制作を始められます。2位の「UR12」との違いですが、基本的な機能は変わりません。しかし、こちらの「UR22mkII」はマイク2本接続(ステレオ録音OK)、ヘッドフォンアウト専用の調整(つまみあり)、MIDI接続が可能になっています。DTM初心者も上級者も、納得の一品です。ガチで歌い手活動をしたいあなたに、持っていて欲しい商品です。

端子数2付属ソフトCubase AI・Cubasis LE for iPad
ファンタム電源対応OSWindows・Mac

まとめ

いかがでしたか?

歌い手にとって音質は重要です。

音質が悪ければ、歌の良し悪しに関係なく、
歌を聞いてもらえることはまずないです。

いくらファッションセンスが良くても、
清潔感がなければツラいでしょう。

 

オーディオインターフェースを使って、
高音質の歌ってみたを録音できるようにしましょう!

今回ご紹介した選ぶ時のポイントを参考にして、
自分に合ったものを見つけてください。

 

商品画像

Steinberg

Steinberg

FOCUSRITE

Roland

BEHRINGER

商品名UR22mkIIUR12Scarlett 2i2 G3Rubix22UM2
特徴最強!心底惚れるオーディオインターフェースコスパで選ぶなら、これで決まり!弾き語りにぴったりなオーディオインターフェースバランス抜群!オーディオインターフェース激安!コンパクトなオーディオインターフェース
価格21,400円(税込)16,700円(税込)18,684円(税込)18,323円(税込)5,225円(税込)
端子数22222
付属ソフトなしAbleton Live LiteAbleton Live LiteCubase AI ・ Cubasis LE for iPadCubase AI ・ Cubasis LE for iPad
ファンタム電源
対応OSWiondows・MacWiondows・MacWiondows・MacWiondows・MacWiondows・Mac
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

シェア・応援をお願いします!



歌い手部公式ボイトレテキスト
絶対歌唱力トレーニングブック

歌い手部公式のボイストレーニング教本がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「絶対歌唱力」を徹底的に身につけられる内容にしました。無料でプレゼント中なので、今すぐ手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です