【宅録好き必見】歌い手部おすすめのマイクケーブルを紹介

「マイクケーブルってどれを選べば
 良いのかわからない…」

オーディオインターフェースやマイクの
他にも宅録に必要な機材は
いろいろあります。

 

今回は歌い手部のおすすめする
マイクケーブルについて紹介します。

 

 


XLR端子、フォーン端子、RCA端子とは

マイクケーブルはマイクの信号を
ミキシングコンソールに送るケーブルです。

マイクケーブルにはXLR端子、
フォーン端子、RCA端子があります。

 

基本的に音質はどれも変わりませんが、

ノイズ対策がされている
XLR端子がおすすめです。

 

XLR端子とは接続部分に
3つの差し込み部分のある端子です。

宅録で使うマイクのほとんどが
XLR端子でつなぐように作られています。

 

XLR端子のケーブルは多くが
バランス転送回路をケーブルの中に
装備されており、音質が良いです。

 

フォーン端子とは
差し込み部分が1本の端子です。

 

マイクケーブルは使用するマイクの
端子にあったものを選びます。

 

 

電気屋のケーブルは丈夫?

電気屋で売っているケーブルは
安くて頑丈なものが多いです。

その反面、ノイズが混ざったり、

ケーブルが長すぎて自宅スタジオで
邪魔になるといった短所があります。

 

 

歌い手部のおすすめ

CLASSIC PRO MIX030

タイプ:マイクケーブル
プラグ形状:XLR(オス)-XLR(メス)
長さ:3.0m

安くて高品質なコストパフォーマンス
に優れるマイクケーブルです。

1mから10m以上のものまで
たくさんの種類があるのも魅力です。

 

 

 

CLASSIC PRO MIP030

タイプ:マイクケーブル
プラグ形状:XLR(メス)-フォン
長さ:3.0m

こちらもコストパフォーマンスに
優れたマイクケーブルです。

安いので一度は試す価値のある
マイクケーブルです。

 

BELDEN 8412 マイクケーブル 3m

ギターのシールドケーブルとしても
有名なベルデンのケーブルです。

MOGAMI 2534と比べ少し
派手な主張をするケーブルです。

ダイナミックマイクとの相性が良いです。

 

BELDEN 88760 マイクケーブル

こちらは音質、解像度ともに
最高級のケーブルです。

ケーブルが硬く、取り回しが悪いため
常設機材に向いています。

 

 

MOGAMI 2534 マイクケーブル

こちらは海外のスタジオでも
好評の国産ケーブルです。

 

コストパフォーマンスが高く、

マイクケーブルからスピーカーケーブル
まで幅広い用途で使えます。

 

こちらは日本の音楽、録音業界では
標準のケーブルだと考えられています。

 

カナレ CANARE 4E6S

コストパフォーマンスの高さと
フラットさが魅力のケーブルです。

PAの現場で使われることも多く
モガミにはない独特の味を持っています。

 

こちらは多くの楽器店で扱われる
入手しやすいケーブルとなっています。

 

 

カナレ EC03-B

タイプ:マイクケーブル
プラグ形状:XLR(オス)-XLR(メス)
長さ:3.0m

「宅録の音質を改善したいけど
 マイクを買い替える余裕はない」

そんな方におすすめなのが
こちらのマイクケーブルです。

 

こちらは音質改善が期待できる
マイクケーブルです。

ケーブルの長さも0.5mから10m以上
のものまで種類があるのも魅力です。

 

 

カナレ PC03B

タイプ  :マイクケーブル
プラグ形状:XLR(メス)-フォン

「宅録の音質を改善したいけど
 マイクを買い替える余裕はない」

そんな方におすすめなのが
こちらのマイクケーブルです。

 

こちらは音質改善が期待できる
マイクケーブルです。

ケーブルの長さも0.5mから10m以上
のものまで種類があるのも魅力です。

 

 

Switchcraft Hosaマイクケーブル

Switchcraft社はシカゴ発祥の老舗で
最高品質のプラグで有名です。

Switchcraft社のマイクケーブルも質が良く
芯のある音とノイズの少なさが
魅力の逸品です。

 

 

BlueMicrophones / Quad Cable

高い耐久性と質の高いサウンドが
特徴のケーブルです。

Quad Cableはマイクの可能性を
最大限引き出すクオッド・コンダクター
・ケーブル(4-22AWG)です。

 

低域及び高域の周波数特性を拡張し、
最高の周波数精度を実現します。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。