【歌い手を目指している人必見!】人気のマイクスタンド

こんにちは!
歌い手部のりょーやです。

 

歌ってみた動画を撮影したり、
ニコニコやYoutubeなどネットの生配信をする際に

あると非常に便利なのが、
マイクスタンドです。

 

今回は、
人気のマイクスタンド
ご紹介していきます!

 

 


なぜマイクスタンドが必要か??

最近では、歌ってみたの動画を出すだけではなく、
歌い手が生配信をするということはよくあります。

 

その際にマイクを固定するために
マイクスタンドが活躍します。

 

マイクを固定することで
マイクが余計な振動などを拾わずに

安定した音質を出すことができるようになるのですが、

それぞれのマイクに合った角度で固定することで
最も優れた音質による録音をすることが可能になります。

 

マイクスタンドの選び方

マイクスタンドの種類によって用途に対する向き・不向き
それぞれあります。

 

マイクスタンドを使用する目的に
合わせて使い分けるのが好ましいのですが、

目的によって、選ぶべきマイクスタンドの種類は変わってきます。

 

特にライブ会場やスタジオで使用する場合は、
楽器の種類に等よって、使うべきマイクスタンドの種類が異なりますし、

適していないマイクスタンドを使用すると、
思っているように音を拾う事が出来なかったり、

場合によってはノイズや雑音がマイクに入ってしまう場合があります。

 

自分の利用シーンや目的によって
正しいマイクスタンドを選ぶようにしましょう。

 

【特徴別】人気のマイクスタンドをご紹介

ここからは歌い手をやっていく上で
非常に便利なマイクスタンドを
特徴別でご紹介していきます!

 

安い系マイクスタンド

 マイクスタンドを選ぶ上で、やはり値段は重要です。

 

CLASSIC PRO/ブームタイプマイクスタンドは、
比較的マイクスタンドの中でも安いマイクスタンドで、

安さを重視するのであれば非常にオススメです。

 

ブーム部分を外してストレートタイプとしても使用可能なので、
野外演奏などの持ち運びの際にも助かります。

 

 

丈夫系マイクスタンド

K&M ブーム式マイクスタンドは、
定番のマイクスタンドです。

 

強度や安定感にも優れており、
操作性も抜群です。

 

業界でもこのマイクスタンドを愛用している方は
非常に多いです。

 

メンテナンス性が高く補修パーツも入手し易いので、
末長く安心して使用できます。

 

 

ストレートタイプ

ストレートタイプは司会者やボーカリストが
LIVEなどで用いることが多いマイクスタンドです。

上下方向にスライドさせることで
高さの調節が非常に簡単にできるので、利便性も非常に高いです。

 

LIVEなどで使用する場合は非常にオススメのマイクスタンドです。

 

 

卓上タイプ

卓上タイプのマイクスタンドは、
その名のとおり、テーブル上にセットできるマイクスタンドです。

 

社内ミーティングやスピーチの場でおなじみだと思います。

 

歌い手を目指す方は、座って歌の練習をする場合や、
生配信の際に利用しやすい高さがこの卓上タイプのマイクスタンドです。

 

 

オーバーヘッドタイプ

高い位置から音を集めたい場合に用いられるのが
オーバーヘッドタイプです。

高さのある大型のスタンドで、
人の頭よりも高い位置にマイクをセッティングできるので、

ドラムセットや
コンサートホールでの合唱・オーケストラの収音に良く使用されます。

 

弾き語りをやったりする歌い手さんは
このマイクスタンドを使用する場合が多いです。

 

 

ショートブームタイプ

基本的な形はブームタイプと同じですが、
ブームタイプより高さが低いのが特徴です。

 

バスドラムやギターアンプのような低い位置で音を拾いたい場合に
適したマイクスタンドです。

 

サイズが大きくないこともあり全体的に購入しやすい価格です。

 

 

グースネックタイプ

卓上タイプの一種ですが、グースネックタイプは
マイクの角度を自由に角度調整できます。

 

かなり使いやすく、
社内ミーティングやスピーチ、PC用にも適しています。

 

安くて千円程度から、
高くても四千円程度で購入することが可能です。

 

 

最後に

今回ご紹介したように
マイクスタンドにはさまざまな種類がありますが、

「外に持ち出す」「自宅で使用する」などの
用途に合わせて選ぶと良いです。

 

最大限マイクが活躍するマイクスタンドを
購入するようにしましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!