マイクプリアンプとは? 宅録用からプロ仕様までおすすめを紹介

「宅録でプロのような音を録りたい。」

そんな方のために今日はマイクプリアンプ
について紹介します。

歌い手部のおすすめアンプも紹介するので
是非チェックしてください。

 

 

 


マイクプリアンプとは

マイクプリアンプの正式名称は

マイクロフォン・プリアンプリファイアー
と言います。

 

他にもマイクアンプやヘッドアンプ
という呼称もあります。

マイクプリアンプとはその名の通り
マイクのアンプです。

 

マイクの音を増幅させる役割を
持っています。

マイクで捉えた音が通過する装置で
マイクとミキサーの橋渡しをするものです。

 

マイクで拾ったマイクレベルの信号を、
音響機器に入力すると最適なラインレベル
に増幅してくれる機器です。

 

 

マイクプリアンプはなぜ必要か

多くの音響機器の出力レベルには

ラインレベルとマイクレベルという
2つのレベルがあります。

 

ラインレベルとはシンセサイザー等
出力信号の大きなものを指します。

多くの音響機器はこのラインレベルを
基準に作られています。

 

マイクレベルとはラインレベルよりも
非常に小さいマイクの出力信号を指します。

このため、マイクレベルの音と
ラインレベルの音を同時にならすと

マイクレベルの音は
かき消されてしまいます。

 

両方の音が聞こえるようにするためには
マイクレベルを増幅する必要があります。

マイクプリアンプは
この増幅をする機器なんです。

 

オーディオインターフェースにも
マイクプリが内臓されていて
音を調整してくれます。

 

しかし、音質はマイクプリアンプには
かないません。

また、コンプレッサーの掛け録りには
どうしてもマイクプリアンプが必要です。

 

このようにマイクプリアンプは
マイクを使用する際役立つため

コンパクトさ、使いやすさ、音響など
様々な強みを持つ種類が作られています。

 

 

接続方法

マイク⇒マイクプリアンプ⇒
オーディオインターフェース⇒パソコン

の順番で接続します。

 

・接続する前にファンタム電源が
 OFFになっているか
・マイク入力とライン入力が同一か
 別々か確認し、別々ならライン入力で
 接続する。

という2点に注意して接続しましょう。

 

 

ファンタム電源とは

ファンタム電源とはほとんどの機種にある
スイッチです。

コンデンサーマイクを使う際に
ONにします。

 

・コンデンサーマイクを接続してから
 ONにする。
・ゲインボリュームを最小にして接続する。
・マイクプリアンプのファンタム電源を
 ONにしたらオーディオインターフェース
 のファンタム電源はOFFにする。

 

という3点に注意して接続しましょう。

 

 

ゲイン調整とは

ゲイン調整とはInputやGAINと
表記されているボリュームのことです。

マイクから送られてくるマイクレベルの
信号をラインレベルに増幅します。

 

可能な限り入力レベルを大きくしますが

レベルメーターを確認してレベルオーバー
しないようにボリュームを上げるのが
重要です。

 

(ボーカル録りなら、最大の声量に
合わせて調整します。)

 

 

歌い手部のおすすめ

 

BEHRINGER ミキサー MIC200

あらゆるマイク・楽器・ライン音源に適した
プリアンプです。

エレキギター、アコースティックギター、
キーボード、ベース、ドラム、ボーカル用
の 16 種のプリアンプボイシングが特徴です。

 

 

ART エー・アール・ティー マイク・プリアンプ Tube MP Studio V3

12AX7真空管搭載しています。

用途に合わせてプリセットを
16種類選択可能なのも魅力です。

 

 

PRESONUS ( プレソナス ) / TUBEPre V2

こちらの特徴は80dBのゲインレンジ。

12AX7真空管。ファンタム電源対応。
ハイパスフィルター、-20dBパッド、
位相反転スイッチ搭載です。

 

 

PreSonus プリソーナス プリアンプ BlueTube DP V2

2万円前後で買える真空管のマイクプリです。

DRIVEのツマミを上げていくと
倍音が足されていき
音のキャラクターが変わるのが特徴です。

 

 

Focusrite ISA One 1chマイクプリアンプ

周波数のレンジが広く、ウォームな音が
特徴のマイクプリです。

複数のチャンネルを同時に録音することの
少ない宅録のような環境に向いたアンプです。

 

明るい音質、見やすいメーターも魅力です。

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。