【MIX師さんに依頼する前に】MIXの頭出しとは?重要性は?

この記事で分かること
  1. MIXにおける頭出しとは何か?
  2. 頭出しの重要性

 

こんにちは!
歌い手部のレモンです!

 

「歌ってみたのMIXの依頼をしたい」
という方は多いと思いますが、

MIXの依頼をする前に、
必ずやらなければいけないことがあります。

それは、頭出しです。

 

「そもそも頭出しって何?」
「頭出しって重要?」

という方のために今回は、

MIX師さんに依頼をする上で
必要な頭出しの概要と重要性について書きます。

 

MIX依頼をしたいと考えている方は
MIX師さんに迷惑をかけないためにも
必ず読んでください!

 

 


頭出しとは

 

頭出しができている状態とは

カラオケ音源のファイルと
録音して書き出したファイルを
DAWや録音ソフト上に読み込んだ時に、

空白を含め、録音した歌がカラオケ音源に
合っている状態のことです。

 

図のように、それぞれのトラックごとに並べた時に
音源の頭が合っている状態が
頭出しができている状態です。

 

頭出しができていない状態

 

録音が終わった段階では、上の図のように
歌っていない空白の部分と録音した部分に分かれ、
たくさんの音源が散らばっている状態だと思います。

このままだと
頭出しができていない状態
です。

 

頭出しができていないデータをMIX師が読み込むと

頭出しができていない状態で
MIX師がデータを読み込むと、

以下の図のようになります。

空白の部分がなくなり、音源の部分だけが残り、
頭に全て音源が寄ってしまうことで、

カラオケ音源とボーカル音源がずれた状態で、
出力されてしまうのです。

 

頭出しのやり方

 

図のように一つのトラックの音源をまとめて
(カラオケにあわせて)トラックごとに書き出す。

これを頭出しといいます。
ボーカルの場合、はじめに何も録音されていない空白、
ボーカル1、空白、ボーカル2という風になります。

 

頭出しの重要性

MIX師の作業時間の短縮

頭出しがされていない音源でも
MIX師側でタイミング補正さえすれば
しっかりとMIXできるのですが、

タイミング補正はかなりの時間を
要してしまう作業です。

 

この作業が省けるだけでも、
MIX師さんの作業がかなり楽になります。

 

頭出しができていないという理由で、
依頼を断られてしまうということもあるそうです。

リテイクのことも含めて
揉める要因になることもあり得るので、

頭出しは、疎かにしてはいけない
大切な作業です。

 

ちょっとしたタイミングのズレが味になる

また、ボーカロイドでない限り、
タイミングを完璧に合わせて歌うことは
人間には不可能です。

しかし、ちょっとしたタイミングのズレが
その人の個性や人間らしい歌い方になります。

 

個性は人間性はピッチのズレからも
感じ取ることはできますが、

タイミングのズレの方が歌の良さに
関わる要素として大きいです。

 

頭出しされていなくても
MIX師さんの感覚でタイミング補正を
かけることは可能ですが、

それがあなたの歌の良さを
潰してしまうことにもなりかねません。

 

あなたの歌の良さを確実にMIX師さんに
引き出してもらうためにも、
頭出しは必ず行いましょう!

 

最後に

MIXにおける頭出しとは何なのか、
そしてその重要性がわかっていただけたかと思います。

MIX師さんに依頼をお願いする前に
必ず頭出しの作業を行うようにしましょう!

 

  1. 頭出しとは歌っている時と歌っていない間の空白も合わせて出力した音源のこと。
  2. 頭出しをすることでMIXの作業が減り、個性も活きる。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です