【歌い手になる!】歌ってみたに最適な録音方法・環境・場所とは?

こんにちは!
歌い手部のれのんです!

 

「自分の歌を録音したいけど
どんな環境が最適なのかな?」

「家だと家族に聞かれたくないし
苦情が来るの怖いし・・・。」

 

そんな悩みのせいで
録音したいけど一歩踏み出せずにいた。

そんな経験ありませんか?

 

今回はそんな悩みを解決するべく、

最適な録音方法・環境・場所・について
まとめてみました。

 

興味がある方は是非読んでみてください!

 

 


録音場所に最適な3つの条件

マンションか一軒家か、アパートか。
住んでいる場所や環境は人によって様々です。

 

まずは3つの視点から

録音環境にはどのような条件が
必要かを述べていきます。

 

歌を歌っても苦情が無い場所

この記事を読んでいる人たちの中には

マンションやアパート等で音が出せない人も
いるかと思います。

恐らく都心に棲んでいる場合は
音が出せない人が殆どだと思います。

 

歌っていたら苦情が殺到した。。。
そんなことも経験が有る人も多いのではないでしょうか?

(僕は玄関に張り紙をされたことがあります。)

 

騒音・苦情はトラブルの元となりますので、
苦情がないという条件は必須となって来るでしょう

ある程度吸音がされて反響しにくい場所

お風呂で歌ったりすると部屋全体に
声が反響してすごい気持ちいいですよね!

ただ、録音に関して反響というのは
ものすごく邪魔なものなんです。

 

発した声に加えて
反響された音までマイクが拾ってしまい、

それを防ぐためには思いっきり歌おうとはせず、
小さな声で歌わなければならなくなってしまいます。

 

 静かでノイズが入らない場所

 

ノイズというのはいわゆる雑音のこと。
例えば工事現場の音や電車が通る音など

録音する際にはそのような音も
マイクは拾ってしまうので注意が必要です。

 

エアコンなどの空調機器をつけていると
エアコンの風の音をマイクが拾ってしまい、

「ザザザーー。」という雑音が入ってしまいます。

 

なのでエアコンなどの空調機器は
切っておくことが望ましいですが、

夏場などは熱中症になりかねないので
ここにも注意が必要です。

 

夏場での録音の際には

部屋を十分に冷やしておいて
録音するときには切る、

という方法をお勧めします。

 

考えられる方法

宅録

自分の家で録音することを
通称、宅録なんて呼び方をします。

自分の家で録音ができれば
これより良いものはありませんよね。

 

注意するべきことといえば

苦情がきても大丈夫なように
防音をしっかりすることと、

 

エアコンや冷蔵庫、洗濯機などの
騒音にも注意が必要です。

 

機材を用いて録音場所に持っていく

実際に自分は自分は
この方法で良く録音作業を行なっていました。

録音に必要なPC、マイクなどの機材を
防音の優れている場所に持っていき、

 

機材を立ち上げ、録音作業を行う
という感じですね。

 

録音に必要な機材については
以下の記事を参照してくださいね。

【歌い手になる!】歌い手をやるために必要な機材を解説!

2018.01.27

すでに用意されている環境にいく

防音、機材も揃った場所で

プロにアドバイスももらいながら
録音作業が行えるというサービスも存在します。

 

ただ、もちろんそれなりの予算が
必要となって来るので

お金にはそれなりの注意が
必要になってきます。

 

環境と場所

次に、録音場所の候補と考えられる
場所をいくつかあげさせていただきました。

是非、参考にしてみてくださいね。

 

カラオケ

カラオケは録音場所として
最適な場所の一つで

苦情がくることはありませんし、
比較的安価で使用が可能です。

 

ただ、場所をしっかりと選ばないと

隣の部屋の音漏れが酷かったり、
録音にノイズが入ってしまう場合も有ります。

 

ですが、吸音設備があまりよくない、
基本的に反響が多い部屋が多いのが難点です。

 

 

音楽スタジオ

大体の地域にバンド練習用の
音楽スタジオが有ると思います。

学生や社会人で趣味でバンドをやっているような人たちが
練習をするスタジオです。

 

こういったスタジオは吸音・防音環境はバッチリで
比較的安価で借りれる場所も多いです。

普通はバンド何人かで割り勘して使うのですが、
スタジオに寄っては個人練習割引があったりします。

 

僕が良く利用していたところは
2時間で500円なんていうところもありました。

 

練習用スタジオに機材を持ち込んで
録音する方法も一つだと思います。

利用するスタジオによっては、
マイクや機材も借りることができる

サービスがあったりもします。

 

一人カラオケ専門店

世には「一人カラオケ専門店」なるものが存在します。

また、ネットカフェなどでも
同じようなサービスを行っている場所があるようです。

 

ワンカラ等、こういった場所には
既にコンデンサーマイクが用意してあったり、

場所によっては吸音設備も
整えられている事が多いです。

 

調べてみると備え付けでパソコンまで置いてあり、
歌ってみたの録音場所として

売り出しているお店もあるみたいです。

 

最後の1つとして、車が挙げられます。

実は車の中って防音も吸音も
優れていることがほとんどです。

 

ここに機材を持ち込み、
録音作業を行うのも1つの手ですが、

難点がたくさんあります。

 

当然ですが車は普通外に停車してあるものなので

エアコンを使わなければ、
夏は暑く、冬は寒いという最悪な環境です。

 

また、エンジンをつけなければ
エアコンは使えませんし、

エンジンをつけるとエンジンのうるさい音を
マイクが拾ってしまいます。

 

さらに立って歌うことができないので、
あなたの全力が発揮できないという

おまけ付き。

 

あまり録音環境には向いていません。
が、僕は良く車での移動中に歌っていました。

車は防音、吸音にだけは優れているので、
練習にはかなり向いていると思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です