【男性必見!】両声類になる方法、出し方、練習法まとめ

こんにちは!
歌い手部のれのんです!

 

「僕は男だけど、
女性のような可愛い声出したいなぁ」

 

そんなことを思ったことはありませんか?

 

男性なのに女性らしい声も出せる
女性なのに男性らしい声も出せる

そんな魔法のような声を持つ
両声類と呼ばれる人が存在するんです・・・!

 

今回は、その両声類のなり方、
練習法をご紹介していきます。

 

 

 


両声類とは?

そもそも両声類とは
どういう人のことを指すのでしょうか?

 

まずは概要から話していきます。

 

概要

両声類という言葉は

元々ニコニコから生まれた造語のため、
明確に定義されているわけではありません。

 

両声類と呼ばれる方々の特徴としては

自分の生物学的性別に合った声質と
自分の生物学的性別と反対の声質

この2つを自由自在に発声できている
ことが言えます!

 

女性みたいな声を出せる男性の方と
男性みたいな声を出せる女性の方

のことを指しますね。

 

次に両声類と呼ばれている
お2人をご紹介しますので、

参考にしてみましょう!

赤飯さん

まずお紹介するのは赤飯さんです!

 

この曲ではなんと、男性、女性の声を含めた
5人の声を使い分けて1つの曲を歌い上げています。

このように様々な歌声を使い分ける方を
多声類なんて呼んだりもしますね。

 

この曲の他には大塚愛さんのさくらんぼを
女性のような可愛らしい声で歌ったり、

多くのボーカロイドの曲を
男性らしくかっこよく歌ったりなど

様々な声でたくさんの歌を歌っている
スゴい方です!

 

大島薫さん

次はこの方。大島薫さんです!

 

男の娘といえばこの人!
と言っても過言ではないでしょう。

「えっ!この人男性なの?!」
と驚かれた方も多いと思います。

 

動画を見ていただけるとわかると思いますが
この人は見た目だけでなく、

話し言葉も自然な女性らしい声で
話せているのがわかるでしょうか?

 

見た目やしぐさなら、限りなく異性に近づけることは
さほど難しくはないと言われています。

が、声まで女性に似せるというのは
なかなか難しいものです。

 

自身のTwitterでは

会得するにあたって大事なことは、
「どうせ無理だと思って諦めないこと」

と述べています。

 

この方の声は、

女性の声について研究し、
努力をして会得したもの

ということがわかりますね!

 

両声類の習得には素質が必要?

両声類としての声質を
マスターしている方々の中でも、

 

簡単に両声類としての
声質が出るようになった人と

訓練と練習を繰り返し、
両声類の声質を会得した人

の両方が存在します。

 

というのもこれは、

元々その方々の元の声質と、
その人それぞれの発声方法が、

中性的な声質に近いかどうか

 

というコトが主な原因として、

両声類としての声質が、
出し易い、出しにくいがあるようです。

 

つまり、元々の声質が中性的な
声質から遠かったとしても、

両声類としての声質を会得できるかどうかは
その人の練習、努力次第ということになります。

両声類になるためには

前提条件

まず前提条件として

 

会得するにあたって大事なことは、
大島薫さんも言っていたように

「どうせ無理だと思って諦めないこと」

が何よりも大事です。

 

どういう姿勢で練習に臨むか、

この意識の差で練習効率は
グッと変わってきます!

 

自分の地声を知る

自分の地声を知る方法をご紹介します!

 

うつ伏せに横になり、軽くエビ反ります。
この時アゴは引いておきましょう。

その姿勢のままリラックスして
「あ~あ~あ~…」と言ってみてください。

 

この時、録音をし自分の声を客観的に
聞いてみましょう。

これがあなたの地声、原音になります。

 

録音しなくても、
自分の声を聞くことはできますが、

自分で聞いた声は声骨伝導経由なので、
他の人が聞いた自分の声とそれは全然違います。

 

まずは自分の声を把握することが大事です。

どの骨伝導での声が、
どう他人に聞こえるのかある程度把握しておくと

後々の練習効率に関わってきますので
録音することをお勧めします!

 

「自分の声聞いていて気持ち悪い・・・。」

と感じる方は
以下の記事を参考にしてみてください。

録音した自分の歌声が気持ち悪いと感じる理由・改善方法!

2018.03.02

 

応用練習であることの理解

今回紹介する両声類になるための練習法は、
ボイストレーニングの発展系であり、

そのボイトレで出来た基礎の上に
成り立つモノですので、

 

「上手く音程が取れない・・・。」
「声がかすれてしまう・・・。」
「高い音程が全然出ない・・・。」

 

という悩みをお持ちの方には
習得が難しいと思われます。

そのため、まずは基礎を完璧にした上で
練習を進めることが望ましいです!

 

他のボイストレーニングの記事へは、
以下のリンクから!

【悩み別!!】ボイストレーニング(ボイトレ)の方法をまとめ

2017.10.21

女声の出し方、練習法

女声の出し方には様々な方法が存在します。
いくつかご紹介していきますね。

 

 

ささやき法

コソコソと内緒話をするように話します。

そこから声量を増やしていき、
声量を増やすと出ない、というとこまで上げたら

今度は音程を下げる。

 

これを繰り返した限界点が
もし女性の声に聞こえたら、

後はその発声のまま会話ができるように訓練する。

 

この方法で練習を続けていくと、
いわゆるロリボイスと呼ばれる

女声が出せるようになります。

 

濁り抽出法

疲れたときに出すような声を出します。
そこからゾンビが出すようなうめき声を出していきます。

「ウゥ〜〜」とか
「ウァ〜〜」という具合ですね。

 

ここからウゥ〜といううめき声の感覚のまま

「ゥーーー」と、同じ音程で
出し続けるようにしてください

 

声が出るか出ないかぐらいに
声帯を狭め、声を出せるようにします。

 

ちなみにこの練習ですが、
ホイッスルボイスと呼ばれる

裏声以上の音程を求める場合に必要とされる
発声方法の練習とよく似ています。

 

なのでこちらの記事も参考にしてみてください!

【超わかりやすい!!】ホイッスルボイスの出し方と練習法とは?

2017.04.05

 

メラニー法

この方法はボイストレーニングによって
女性らしい声を人為的に出すための方法の1つで、

トランス女性が外科的処置に頼らずに
訓練によって声の性適合を行う場合に使う方法です。

 

詳しくは以下の記事で解説してますので
気になる方は是非読んでみてください!

【女声が出したい!】メラニー法のやり方、コツ、練習法について解説!

2018.03.16

練習における注意点

異性の声を出す練習をする。
ということは、

普段出している声の出し方とは
違う発声方法をするということです。

 

つまりどういうことかというと

普段使っている喉、体の筋肉とは
まったく違う部分を鍛えることになります。

 

そのため、無理に練習をすると
本当に喉を痛めてしまう危険性があります。

練習をしていて、ちょっとでも違和感を感じたら
すぐにやめましょう。

 

無理をせず、
自分のペースで進めることが大事です!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です