録音した自分の歌声が気持ち悪いと感じる理由・改善方法!

こんにちは!歌い手部のれのんです。

 

「録音した自分の歌声が気持ち悪い・・・」

そんなことを感じた経験、
ありませんか?

 

僕はあります!

自分の好きな歌を歌っている時は
気持ち悪くないのに

いざ録音してみると
全く違った声に聞こえるんですよね。

 

そこで今回は、

自分の歌声が気持ち悪いと感じる理由と
その改善方法について書いていきます。

 

気になる方は
ぜひチェックしてみてくださいね!

 

 


自分の歌声が気持ち悪いと感じる理由

耳以外から別の音が聴こえている

耳から入ってくる音、声は
気導音なんて名前で呼ばれています。

その由来は空気を振動させて、
音が伝わってくることから来ています。

 

実は、発生時、耳以外でも
体は音を聴いているのをご存知ですか?

実際に「アー」と言ってみてください。

 

アゴ〜首にかけての骨が
ビリビリと振動しているのがわかるでしょうか?

この振動を骨伝導と言います。

 

自分が歌っている時、声を出している時は
体が気導音と骨伝導を同時に聴いています。

録音した声というのは気導音のみが
聴こえています。

 

普段カラオケで聴いている声と
録音した声って全然違って聞こえますよね。

その違いを感じるのは

「骨伝導を聞いているかいないか」
という違いによって生まれている

ということなんです。

 

プロでも気持ち悪いと感じた経験がある

自分の声が気持ち悪いと感じた経験があるのは
あなただけではありません。

 

僕もそうですし、

自分の声が聞き手にどのように聞こえているのか
正確に把握し、

その時に適した声を発声することができる
プロの声優の方でも

「自分の声が気持ち悪いと感じた経験がある。」
と語る人は多いんです。

 

また、

8割以上の人が
自分の声に気持ち悪さを感じたことがある。

なんてことも一般的に言われています。

 

実際に録音し、聴いてみる

録音方法

録音するのが初めて、という人は

最初から大掛かりな機材を用意する必要はありません。
スマホのボイスメモ、動画などで十分です。

 

録音できたら実際に聴いてみましょう。
最初は違和感を感じると思いますが、

その聴こえた声が
実際に周りの人に聞こえているあなたの声です。

 

気持ち悪い声を克服する

どんな声になりたいのかを明確に

まずは、どんな歌声になりたいのか
自分の中で目標を作っておくことが大切です。

目標となる人の歌声を何回も聴いて、
良く観察してみましょう。

 

その人の息遣いや、

盛り上がる歌ではどう歌っているか
悲しい歌ではどう歌っているか

その人のクセをしっかりと把握しましょう。

 

「この曲の、この部分が良い!」
と思うところがあったら
しっかりとメモしておきましょう。

 

自分の声と向き合う、慣れる

これから歌い手活動をしていくにあたって
録音した自分の声に慣れることが大事です。

まずは歌ってみた自分の歌声を
何回も聴き直してください。

最初は本当に苦痛に感じると思いますが
ここは耐えてください!

 

コツとして
自分の声だと思わないようにすると
比較的慣れるのは早いです。

10分もすれば慣れてくると思います。

 

練習次第で理想の歌声になれる

自分の声に慣れてくると、
改善すべき部分が明確に分かってきます。

その課題は人によってもちろん変わってきます。

音程が取れていないことかもしれませんし
声がかすれていることかもしれません。

 

また、悪い部分だけでなく
良い部分が見つかることもあります。

「この部分綺麗に聴こえるな」
「ここしっかり音伸ばせてる!」

など良い部分が見つかれば練習次第で
それはあなただけの個性になります。

 

あなたの歌声の改善すべき部分と
伸ばすべき良い部分が分かったら

今すぐボイストレーニングの記事を読んで
練習に励みましょう!

【悩み別!!】ボイストレーニング(ボイトレ)の方法をまとめ

2017.10.21

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です