歌にノリを生み出す「スタッカート」って何?

あなたはスタッカートという言葉を
聞いたことはありますか?

楽器をやったことがある人は
聞いたことがあるかもしれません。

 

このスタッカートが使えると
アクセントがついて、表現力が上がります。

また、伴奏と一体感が生まれて
聴いていて心地良い歌になります。

そこで、今回は
スタッカートについて解説します。

 


スタッカートとは?

スタッカートとは、
音を短く切って発声することを言います。

「なんだ、その程度のことか。」
と思われたかもしれません。

ただ、このスタッカートは
歌の基礎的な練習にもなります。

 

スタッカートのメリット

素早いブレスコントロールが身につく

最近の曲はテンポが速くて、
息を吸うタイミングが少ないです。

息が吸えるタイミングがあっても、
素早く吸わないといけないことでしょう。

そうしないと、息が足りなくなったり
声量が足りなくなってしまいます。

 

つまり、上手く歌うためには
素早いブレスコントロールが必須です。

そんなブレスコントロールを身につけるために
スタッカートは最適なのです。

 

音の立ち上がりが良くなる

最初の音が合わなかったり、
あまり良い声じゃないことってありませんか?

歌い始めはぼんやりしていて、
輪郭がハッキリしない人がほとんどです。

 

だからこそ、歌い始めから
良い声が出せるとインパクトがあります。

立ち上がりが良く歌えるだけで、
群を抜いて歌が上手いと感じさせることができます。

スタッカートを練習することで、
バシッと決める歌い方ができるようになります。

 

腹式呼吸の練習になる

短く息をコントロールするためには
横隔膜を使う必要があります。

またスタッカートをしてみると
かなりお腹を使っていると感じます。

横隔膜を使うことで、
腹式呼吸の練習にもなります。

 

スタッカートの練習

STEP1:息の練習

まずは、声を出さずに
息だけで練習してみましょう。

軽く歯を噛み合わせて、
歯と歯の隙間から「スッ」と息を吐きます。

「スッスッ」と
リズム良く短く息を吐きましょう。

 

STEP2:発声の練習

次に声をつけて
スタッカートの練習をしましょう。

スタッカートの練習には
ハ行が良いと言われています。

STEP1でやったように、
「ハッハッ」と声を短く出しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。