【誰でも簡単にできる!!】アクセントのつけ方とは!?

「好きな歌を歌ってみると、
棒読みみたいな歌声に聴こえる…。」

「テンポの速い曲を歌うと、
お経みたいな感じになってしまう…。」

こんな悩みを抱えている方は
最後まで読んでください!

 

日本人はある理由があって、
抑揚をつけるのが苦手な人が多いです。

だから何も意識しないと、
棒読みになるのは仕方ないです。

 

逆に言えば、
周りと差をつけるチャンスでもあります。

抑揚をつけることができれば、
歌が上手く聴こえます。

抑揚をつけるカギになるのが
今回のテーマのアクセントです。

 

アクセントとは何か?
どうすればアクセントをつけられるのか?

ひとつずつ話しますので、
最後までついてきてください!

 


アクセントとは?

アクセントを一言で言うと
音の強弱のことです。

歌詞のフレーズの中で
どこを強調するかということです。

 

アクセントのつけ方で
聴こえ方は大きく変わります。

普段、会話している時も
自然にアクセントをつけています。

 

アクセントを全くつけず、
ロボットのように話す人はいないでしょう。

会話の内容に合わせて、
巧みにアクセントをつけています。

強調したい単語を大きくしたり、
あえて小さな声で話すこともあります。

 

アクセントの例

40mPさんのシリョクケンサを例に
アクセントを解説していきたいと思います。

この曲の歌い出しの歌詞を
強弱に注意して聴いてみてください。

 

した ほうの ひ
な くを うすの

上の歌詞の太字の箇所に
アクセントを置いていることがわかります。

アクセントに注意して、
もう一度聴いてみてください。

 

40mP – シリョクケンサ
(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=aB-pIUzPB-I

 

アクセントに注意して聴くと、
確かに強弱があるとわかるでしょう。

では、同じ40mPさんの
トリノコシティはどうでしょうか?

 

この曲の歌い出しも
アクセントがわかりやすいと思います。

アクセントがどこにあるか意識して、
聴いてみてください。

ヒントはアクセントの部分で
ピョンと跳ねるよう聴こえることです。

 

40mP – トリノコシティ
(引用元:https://www.youtube.com/watch?v=yIQDGwyJpSo

 

アクセントをつける意味

歌詞がハッキリと伝わる

人が普通に会話している時に
自然にアクセントをつけています。

アクセントをつけて強調するのは
歌だけの話ではありません。

 

平べったい棒読みでは
歌詞の意味が伝わりにくいです。

棒読みの方に気が散ってしまい、
内容が頭に入ってきません。

 

一方、心をつかむ朗読を聴くと、
アクセントのつけ方が上手いです。

声の強弱だけで
その話の情景が浮かんできます。

アクセントをつけることで、
その歌の情景まで伝えることができます。

 

歌にリズム感が生まれる

冒頭で言ったとおり、
日本人は抑揚をつけるのが苦手です。

日本人に棒読みが多い原因は
ズバリ日本語なのです。

 

日本語は単語ひとつひとつに
アクセントがありません。

そのため、日本語の発音は
他の言語と比べて淡々としています。

 

学校の英語の授業で、
アクセントの位置を習ったと思います。

英語はアクセントの位置で、
名詞か動詞か変わってしまいます。

 

前、外国に住んでいる友だちに
英語はアクセントが一番と言われました。

発音が変でもアクセントが合っていれば
全然伝わるそうです。

 

アクセントがある言語とない言語の違いが
歌に大きな影響を与えています。

アクセントがある言語の歌は
自然にアクセントがつくわけです。

一方で、アクセントがない言語の歌は
平坦になりやすいのです。

 

流れるように歌えるのは
日本人の大切な個性でもあります。

ただ、リズム感や疾走感を出したい時は
マイナス要素になります。

 

日本語の歌でも
リズム感のある歌を歌うのは簡単です。

日本語でも英語のように
アクセントをつけて歌えば良いのです。

 

アクセントを置くことで、
波打つようなリズム感が生まれます。

リズム感のある歌は
すんなりと耳に入ってきます。

 

アクセントをつける位置

アクセントをつける位置は
歌によって違います。

歌手や歌い手の歌を聴いて、
アクセントの位置を聴くのが一番です。

 

ただ、アクセントの位置を決めるにも
一定のルールはあります。

アクセントの位置を決める
原理原則を紹介しようと思います。

 

手拍子のタイミング

一番わかりやすいのは
手拍子のタイミングだと思います。

「1、2、3、4」とリズムを取る時に、
手を叩くタイミングのことです。

 

手を叩いた時の音・言葉に
アクセントを入れると良いです。

音楽的にも拍子のタイミングは
アクセントを入れるべき位置です。

 

フレーズの最初の言葉

他にアクセントを入れるべき場所は
フレーズの最初の音・言葉です。

 

最初の言葉が小さいと
グダグダした歌になってしまいます。

最初の言葉にアクセントを入れることで、
メリハリがついて聴こえます。

 

アクセントのコツ・つけ方

アクセントのコツは
言葉を強くしすぎないということです。

ほど良くが一番難しいと言われると
まさしくその通りなのですが…。

声量をグッと大きくするのは、
あまり良くないです。

あからさまに聴こえるか、
不安定な歌に聞こえてしまいます。

 

アクセントを上手くつけるコツは
言葉を置くように発音することです。

吐く息を少し多くして、
他の音より意識して発音する感覚です。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。