【2019年最新版!!】ダイナミックマイクの選び方とおすすめ人気ランキング5選

こんにちは、
歌い手部のケイです。

歌い手に欠かせない機材マイク。

歌ってみたの録音だけでなく、
カラオケでの練習やライブで歌う際も使います。

 

マイクにも種類が色々ありますが、
そのひとつがダイナミックマイクです。

今回は、ダイナミックマイクの選び方と
おすすめのマイクを紹介します。

 

自分に合ったマイクを見つけることが出来れば、
歌声のクオリティも上がります。

有名歌い手になりたいのなら、
自分専用のマイクを持つことが第一歩です!

 


ダイナミックマイクとは?

マイクと聞いて思い浮かべるのは
どんな形でしょうか。

司会や演説・スピーチの時によく見かけるような
手で持つマイクでしょうか。

このマイクはダイナミックマイクという種類です。

 

マイクには、他にも
コンデンサーマイクという種類もあります。

プロミュージシャンが個室で録音する風景を
見たことがありませんか。

コンデンサーマイクはスタジオ録音などで
使われていることが多いです。

 

一方、ダイナミックマイク
前方の声や音を拾うことに特化したマイクです。

単一指向性マイクとも呼ばれ、
ボーカル・レコーディングやライブなどに使われています。

耐久性に優れ、マイク自体には電源の供給は必要ありません。

加えて、ノイズも比較的起こりにくいので、
ハウリングも起きにくいのです。

 

また、使うダイナミックマイクによって
ボーカルサウンドの印象は大きく変わります。

高音を伸びやかに聞こえたり、
倍音をキレイに響いたりと、マイクによって様々です。

 

つまり、自分の声に合ったマイクを選べば、
自分の魅力を最大限引き出すことができます。

歌ってみたの再生数を増やして、
有名になるためにはマイク選びは重要なんです!

 

ダイナミックマイクを選ぶ時のポイント

歌い手として本格的に活動するなら
絶対に持っておかないといかないマイク。

 

マイクのサウンドメーカーで
世界的に有名なのは、SHURE(シュア)です。

他にも

  • SENNHEISER(ゼンハイザー)
  • AUDIX(オーディックス)
  • オーディオテクニカ

などがあります。

 

しかし、同じメーカーでもたくさんのマイクが
販売されているので、どれにするか迷ってしまいます。

また、インターネットで調べると、
スピーチ用の安価なマイクが出てくることが多いです。

 

ただ、今回探しているのは、
歌ってみたに使える本格的なマイク。

値段は様々ですが、1万円以上の商品がほとんどなので、
しっかり比較して良いものを買いたいですよね。

そこで、歌い手部のおすすめを紹介する前に
選ぶ時のポイントを確認しましょう。

 

選ぶ時のポイント①:指向性

ダイナミックマイクを選ぶ際は、
まず指向性を確認しましょう。

指向性とは、
どの方向から音を拾うかということです。

 

ダイナミックマイクは、
正面からの感度が高いという特徴があります。

その中でも、

  • カーディオイド
  • スーパーカーディオイド
  • ハイパーカーディオイド

3つに大きく分けられます。

それぞれの特徴を解説していきます。

 

使いやすさNo.1!「カーディオイド」

カーディオイドは最もメジャーなタイプで、
使いやすいことが特徴です。

マイクの正面はもちろん、背面の声も拾います。

音を拾う角度は131度と広範囲で、
二人で寄り添って歌う時にも向いています。

 

ライブでの弾き語りや動きのあるパフォーマンスなど、
マイクから少し離れてもしっかり声をキャッチするでしょう。

加えて、ハウリングも起こりにくく、
様々なシチュエーションで使えます。

特にマイクを手に持って歌う方には
カーディオイドがおすすめです。

 

表現を重視するあなたには「スーパーカーディオイド」

スーパーカーディオイドは正面の音に特化しています。
超単一指向性とも呼ばれます。

 

音を拾う角度は115度で、
マイクの横からの音は収音しません。

しかし、後ろからの音は
カーディオイドよりも少し拾いやすくなっています。

 

ハウリングが起こりにくく、
繊細な表現もしっかりと拾います。

あまり動き回らず、
マイクを固定して使う方に向いています。

感情や表現をしっかり音源に入れたいという方は
スーパーカーディオイドをおすすめします。

 

正面の声を完璧に拾う「ハイパーカーディオイド」

ハイパーカーディオイド
3種類の中で最も感度が高いです。

カバー範囲が狭く音を拾う角度は105度。
集音範囲がシビアなので、周り の音は入りにくいです。

 

マイク正面から離れてしまうと、
パフォーマンスは下がってしまいます。

スタンドに固定して歌う方におすすめです。

 

選ぶ時のポイント②:周波数

ダイナミックマイクを選ぶ際は
周波数もチェックしましょう。

収音できる音の広さを表していて、
通常は「◯Hz~△kHz」と記載されています。

 

最低周波数と最高周波数の範囲が広ければ、
より生の歌声に近くなります。

どの高さでも同じように拾えるマイクは
フラットと呼ばれ、忠実に歌声を再現できます。

 

一方で、押し出していきたい歌声の特徴で
周波数を調整することもできます。

「俺は低音ボイスだ!」という方には
最低周波数60Hz以下が良いでしょう。

逆に、「高音域が武器だ!」という方は
最高周波数16kHz以上がおすすめです。

 

倍音が強い場合にも、
最高周波数が高いマイクを選びましょう。

より魅力が際立って聴こえるようになります!

 

選ぶ時のポイント③:感度

ダイナミックマイクを選ぶ際は、
感度も重要です。

感度とは、歌声などの音を忠実に
電気信号に変換できるかどうかということです。

 

マイクの感度はdB(デシベル)で表し、
通常「-◯dB」と記載されます。

0に近ければ近いほど、小さな音でも繊細に拾います。

 

ダイナミックマイクでは、
-50dBから-60dBが一般的です。

メーカーによっては古い規格で表示されている場合や
公式情報がない場合もあるので要注意です!

 

選ぶ時のポイント④:スイッチの有無 

ダイナミックマイクを選ぶ際は、声の品質を保つために
スイッチのないマイクをおすすめします。

 

確かに、生配信やイベント時には
手元にスイッチがあった方が便利です。

すぐにオン・オフを切り替えられるので、
簡単にミュートが出来ます。

 

しかし、音は経由する回路が
多ければ多いほど劣化してしまいます。

特別な理由がない場合は、便利さより、
サウンドの良さを重視しましょう。

パソコンで録音する際は自分で切り替えられますし、
ライブでは音響スタッフなどが調整します。

せっかくの歌声の良さを消してしまわないよう、
スイッチの有無は確認すべきポイントですね。

 

歌い手部おすすめのダイナミックマイク5選

それでは、歌い手部のおすすめを
1位から5位までランキング形式で紹介します。

ボーカル用として人気で、
プロも使っている本格的なマイクです。

 

1万円からと若干高めではありますが、
価格以上に歌声を魅力的にしてくれます。

では、5位からどうぞ!

 

5位

AUDIX OM3

16,590円

世界的なコンサートでも使われているマイク

ダイナミックマイクの定番とも言える、この商品。プロのライブにもよく使われています。マイクから多少離れてもしっかり拾い、バンドの演奏にも負けません。ハイパーカーディオイドでハウリングも起きにくいのが嬉しいです。特に高音が得意なマイクなので、高音が武器の方に向いています。

指向性ハイパーカーディオイド周波数50Hz-18kHz
感度不明スイッチなし

4位

SENNHEISER E935

8,998円

「上手くなった?」と言われるマイク

テレビの音楽番組でも使われるほど、大人気なダイナミックマイクです。世界的に有名な音響機器メーカーの「SENNHEISER」の商品です。低音から高音まで幅広く拾います。周波数としては40Hzからですが、抜けも良く、のびのびとした声になります。多少、値は張りますが、持っておいて損はありません。これから「歌ってみた」をたくさんアップしたい方におすすめの一本です。

指向性スーパーカーディオイド周波数40Hz-18kHz
感度不明スイッチなし

3位

SHURE SM58

11,526円

長年使える性能と耐久性を備えたマイク

1960年代から50年以上活躍しているロングセラー商品です。マイクなら、アメリカのメーカーである「SHURE」は忘れてはいけません。どれも高性能で、迷ったら「SHURE」で選べば、まず間違いないです。カーディオイドのため、多少マイクから離れても録音してくれます。変な癖がなく、どんな歌声にも寄り添います。中音から低音域に関しては、いつも以上に柔らかく響きますよ。頑丈なので、カラオケ時に持って行くときも屋外のライブで使う時も安心です。「10年以上愛用している。」という方も、たくさんいます。

指向性カーディオイド周波数50Hz-15kHz
感度-54.5dBスイッチなし

2位

SHURE BETA57A

14,961円

弾き語りには断然このマイク

実は楽器用マイクなのですが、ボーカルにも良いです。ギターで弾き語りをしたい方に向いているでしょう。息の吹きかけには弱いので、そこは注意が必要です。3位から引き続き「SHURE」ですね。他の商品と比較しても、感度はトップレベル。安定した収音のため、ライブ・コンサートでよく使われています。高域の抜けが良くノイズも少ないので、クリアな音声になります。

指向性スーパーカーディオイド周波数50Hz-16kHz
感度-51.00dBスイッチなし

1位

SHURE BETA58A

17,000円

ワンランク上の歌声にするマイク

特に高域の音抜けが最高ランクで、テレビ番組のボーカルマイクとしても定番です。メーカーは安定の「SHURE」!同メーカーの数ある商品の中でも、評価は特に高いです。指向性・周波数・感度に加えて扱いやすさ、すべて含めて、このマイクをおすすめします。抜けもよく、ナチュラルな声を演出してくれます。「歌ってみた」動画の再生回数を最大化してくれると言っても過言ではないでしょう!

指向性スーパーカーディオイド周波数50Hz-16kHz
感度-51.00dBスイッチなし

まとめ

いかがでしたか?

マイクは歌い手にとって命であり、相性次第で
歌声が活きることも死ぬこともあります。

今回紹介したポイントをもとに
自分に合ったマイクを選びましょう!

 

商品画像

SHURE

SHURE

SHURE

SENNHEISER

AUDIX

商品名BETA58ABETA57ASM58E935OM3
特徴ワンランク上の歌声にするマイク弾き語りには断然このマイク長年使える性能と耐久性を備えたマイク「上手くなった?」と言われるマイク世界的なコンサートでも使われているマイク
価格17,000円(税込)14,961円(税込)11,526円(税込)8,998円(税込)16,590円(税込)
指向性スーパーカーディオイドスーパーカーディオイドカーディオイドスーパーカーディオイドハイパーカーディオイド
周波数50Hz-16kHz50Hz-16kHz50Hz-15kHz40Hz-18kHz50Hz-18kHz
感度-51.00dB-51.00dB-54.5dB不明不明
スイッチなしなしなしなしなし
商品リンク詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

 

シェア・応援をお願いします!



歌い手部公式ボイトレテキスト
絶対歌唱力トレーニングブック

歌い手部公式のボイストレーニング教本がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「絶対歌唱力」を徹底的に身につけられる内容にしました。無料でプレゼント中なので、今すぐ手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です