アップテンポの曲をカッコよく歌いこなすコツ

バラードはそれなりに歌えるけど、
アップテンポの曲は難しくて歌えない…。

口が回らなくて噛んでしまったり、
速さについていくのがやっとで勢いがない。

音程をなぞっているだけで、
抑揚をつけることができない。

そんな風に悩んでいませんか?

 

実際、テンポの速い疾走感のある曲を
歌いこなすのは難しいもの。

逆に言うと、難しいからこそ、
上手く歌えるとカッコよく見えます。

そこで、今回は
アップテンポの曲を歌いこなすコツを伝授します。

 


ハキハキと発音する

アップテンポの曲は
かなり早口になってしまいます。

特にボカロの曲だと、
無理だと思うほど早口の曲もあります。

歌詞を言うことに必死になるあまり、
言葉がくっついて、グダグダになってしまう。

 

そうならないためには、
言葉をハッキリ発音することを意識しましょう。

「1音1音しっかり言うんだ!」と思って歌うと
意外とちゃんと歌えます。

ハッキリとした滑舌で歌うことが
いつも以上に大切になります。

 

息を吸うポイントを意識する

速くてノリのいい曲は
間奏が短いものがほとんど。

また、フレーズとフレーズの間も
あまりないことが多いです。

すると、息を吸うタイミング
大切になるでしょう。

 

息を吸うタイミングを意識していないと、
十分な声を出すことができません。

息が苦しくなってしまい、
弱々しく苦しそうな歌声になってしまう。

そうならないためにも、
どこで息を吸うか決めておきましょう。

 

また、腹式呼吸をマスターしていることも
大切なポイントになります。

というのも、腹式呼吸は
たくさんの息を吸うことができます。

大量の息を吸うことで、声量が出て、
勢いのある歌を歌える。

 

腹式呼吸については
コチラの記事をご覧ください。

歌上達の第一歩!!腹式呼吸の効果とやり方

2017.02.17

 

抑揚を意識する

アップテンポの曲が音程をなぞっているだけの
つまらない歌になってしまう。

それは抑揚がないことが原因です。

 

スピードについていくことに精一杯で、
抑揚まで気が回っていない可能性があります。

疾走感があって、迫力のある曲を歌うには
抑揚をつけることが必須です。

Aメロは小さく、サビは大きくするなど
意識して歌いましょう。

 

抑揚とは結局何なのか?
どうすれば抑揚をつけることができるか?

抑揚について詳しく知りたい方は
こちらの記事を読んでください。

【人の心に響く歌を歌うカギ!!】抑揚をつける方法

2017.03.01

 

リズムをしっかりとる

テンポが速い曲が苦手な人の歌を
聞いているとあることに気づきます。

それは、ほとんどの人が
正しいテンポよりも速く歌っていること。

置いていかれている人よりも、
先走っている人の方が格段に多いです。

 

「速く歌わなきゃいけない!」
と焦っているのでしょう。

そのように余裕がないと、
歌が上手いとは決して言えないでしょう。

身体などを使って、
しっかりとリズムをとりましょう。

そうすることで余裕が生まれて、
疾走感のある歌を歌うことができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。