【聴いている人が感動する!!】カッコいいバラードを歌う3つのコツ

福山雅治さんがよく歌っているバラード。

伴奏がギターかピアノだけという
シンプルな作りが雰囲気が出てカッコいいです。

またスローテンポな曲調で、
人の心を揺さぶるような歌と言えるでしょう。

 

「バラードかっこよく歌いたい!」
と思う人も多いはず。

ただバラードを上手く歌うのって
意外と難しい!

 

伴奏がシンプルなことが多いので、
歌声を隠すことができません。

音程があっていることはもちろんのこと、
歌声の質もかなり目立ってしまう。

また、テンポがゆっくりなため
ごまかすことができません。

しっかりと伸ばすところを伸ばして、
丁寧に歌う必要があるわけです。

 

そんなカッコよく歌いこなすためには
難易度の高いバラード。

今回はバラードをカッコよく歌うための
3つのコツをお伝えします!

 


抑揚を意識して歌う

バラードを上手く歌うには
メリハリをつけることがポイント。

シンプルな曲調なので、
歌声でメリハリをつけなければなりません。

上手いと感じる歌には表現力があり、
メリハリがあります。

 

特にバラードは静かに歌うところは抑えて、
盛り上がるところは全力で歌うと良いでしょう。

サビで盛り上げるためには、
他のところで抑えて歌う必要があります。

そうすることで、
バラード特有の雰囲気が生まれます。

 

余韻を残して歌う

語尾を小さくする

バラード特有の歌い方をするためには、
語尾を小さく歌うと良いです。

音がフェードアウトすることで、
余韻を残すことができます。

また、バラードの世界観が伝わり
語りとしての効果も出ます。

 

語尾を少し伸ばす

バラードは伴奏の音が小さく、
歌声がハッキリと聴こえやすいもの。

またスローテンポなため、
フレーズとフレーズに間があることが多いです。

 

そこでスパッと歌詞を切るのではなく、
少し歌詞を伸ばすと雰囲気が出ます。

「愛してる。」と歌うのではなく、
「愛してるぅ~」と歌う方が良いでしょう。

 

モノマネをして歌う

バラードの歌い方は
人によってかなり違いがあります。

それぞれのバラードの歌い方には
それぞれの特徴があります。

 

そこで自分の理想とする人を決めて、
そのモノマネをして歌ってみましょう。

明確な目標を決めることで、
歌の上達速度はガラッと変わります。

自分の理想をイメージすることで
そこまでの最短ルートが見えるもの。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。