歌が上手くなるためには質と量のどっちが大切なの?

ボイトレ指導をしていて、
質と量という話になることがあります。

質と量のどっちが大切なのか?
という質問です。

 

この質問をすると、
人によって答えが変わります。

質が何よりも大切だという人もいれば、
量をこなさなければ意味がないという人もいます。

今回は、個人的に思う
最速で歌が上手くなる質と量をお伝えします。

 


質と量のどちらを優先するべきか?

ある芸術家が質と量のどちらを優先すれば、
良いモノができるか実験をしました。

陶器を作る内容で、
生徒を質と量の2つのグループに分けました。

量のグループは作った陶器の数で評価すると伝え、
質のグループには出来栄えで評価すると伝えました。

 

制限時間を与えて、
その間で陶器を作らせました。

その結果、量のグループの方が
クオリティーの高い陶器を作ったのです。

 

まずは量にこだわる

何かを始めるときには
量を意識すると良いでしょう。

実際、イチローなど成功している人は
数をこなしてきた人が多いです。

 

最初はどんなに頑張っても、
質の高いものを作ることができません。

どんなに考えてみても、
机上の空論でしかないでしょう。

そういう意味でも、
とりあえずやってみることが大切です。

 

 

そのうち、質が上がっていく

数をこなしていくと、
様々な問題が起こります。

単純なミスをしてしまったり、
やり方が良くないと気づいたり…。

このような発見を重ねることで、
改善するべきポイントが見つかります。

見つかった改善点を直していくことで
確実に質が上がっていきます。

 

質量転化の法則

物理学の世界に、
質量転化の法則という法則があります。

質量転化の法則とは
量をこなすことで質が変化するという法則です。

 

自転車に乗れるようになった流れを考えると、
わかりやすいと思います。

最初はバランスが上手くとれず、
たくさん転んでケガをしたと思います。

補助輪をつけて練習したり、
後ろを持って支えてもらったりします。

そんな練習をこなしていくと、
ある日、自転車に乗れるようになったと思います。

 

あるタイミングで、
急に乗れるようになったのがポイントです。

つまり、練習を重ねていくことで
運転が出来るようになったわけです。

これが質量転化の法則です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。