【歌ってみた初心者・素人卒業!】0から始めるMIXの手順とやり方

この記事で分かること
  1. MIXをする前にすべきこと
  2. MIXの大まかな流れ
  3. 基本的なエフェクトの特徴

 

こんにちは!
歌い手部のれのんです!

 

「歌ってみたのMIXをしたいけど、
何からすればいいかわからない…。」

これから歌ってみたのMIXを
学ぼうとしている方。

MIXしてみたいけど
何からすればいいかわからない方へ。

 

今回は、MIX初心者卒業のための
0から始めるMIXの手順、
やり方について話していきます!

 

 


歌ってみたのMIXに正解はない

 

大前提として思っておいて欲しいのが

歌ってみたのMIXにおいて正解はない
ということです。

 

歌う人の声質や好みによって
どこを強調したいかも変わるし、

聴き手によってもどういうMIXが
好みかも大きく変わってくるからです。

 

だからと言って、

正解がないなら感覚に任せて
がむしゃらに数をこなせば
上達していく訳ではありません。

スピードはあがっても
MIX技術はそこまで上がらないです。

 

歌ってみたMIXは一つの正解があるのではなく、
複数正解があると言われています。

まず歌ってみたMIXをする上で大切なことは、
正解の基準をつくることです。

 

参考楽曲を用意する

 

「正解の基準とは言ってもどうすれば…?」
という方も少なくはないと思います。

そんな時は、参考楽曲を用意しましょう。

Youtubeなどの動画サイトで
〇〇 歌ってみたと検索すると
良いと思います。

 

まず加工などを参考にする
既存の歌ってみた作品と

バランスを参考にする楽曲を決定。

用意できたら、参考楽曲を聴きつつ、
MIX作業を進めていきましょう。

 

参考楽曲を聴く

曲の中でAメロ・Bメロ・サビで、
それぞれ歌がどのように聴こえるのか

どういうバランスなのか
じっくり聴いていきましょう。

 

ここで絶対してはいけないのが
ながら聴きです。

iPhoneをいじりながらや

調べごとなどしながらなどせず、
集中して曲を聴くようにしましょう。

 

Aメロはケロケロ、Bメロはリバーブ成分多め、
サビで綺麗め素直な音・・・。

という風にそれぞれのセクションで
どういう加工してどういう音にするのか

音のバランスも含めて決めていきます。

 

機材の用意

MIX作業において、

パソコン、オーディオインターフェース、
マイクなどは必ず必要になってきます。

 

以下の記事では、
歌ってみたに必要な機材をまとめて紹介しています!

合わせて読んでみてください!

【歌い手になる!】歌い手をやるために必要な機材を解説!

2018.01.27

 

また、機材の使用方法を誤ると
音が出なかったり、

最悪の場合機材が
壊れてしまうことがあります。

そんなことが起こってしまわぬよう、
以下の記事で機材のセッティング方法も
勉強しておきましょう。

【歌い手初心者】自宅録音のための機材の繋ぎ方とセッティング

2018.08.08

 

また、MIX作業を行う場合、
DTM、DAWと呼ばれるソフトを使用します。

以下の記事では、

DAWソフトの詳しい解説と、
無料で使用できるDAWソフトの紹介をしています。

こちらも合わせて読んでみてください!

【作曲する際に必須】DAWとは何かについて解説!

2018.07.13

【DAWを使って作曲】おすすめの無料DAWベスト3!

2018.07.17

 

音源の準備

 

まずは歌ってみた音源を用意します。

この時、読み込む音源ファイルの拡張子は
.wavであることを確認しましょう。

 

音源のファイルがMP3だと、
MIXをしていった時に、

後々のMIXのクオリティに
差が出てきてしまいます。

 

また、以下の記事ではそれぞれの機材の
セッティング方法について

詳しく解説していますので、
合わせて読んでください!

【歌い手初心者】自宅録音のための機材の繋ぎ方とセッティング

2018.08.08

 

音源を読み込む

まずはカラオケ音源と歌ってみたの音源を
DAWソフトに読み込みます。

ここからの作業がしやすいように、
ここで曲のテンポも合わせておきましょう。

 

読み込んだ曲のテンポがわからない場合は、
インターネット検索で

“〇〇 テンポ”と検索するだけで、
簡単に調べることができます。

 

MIX作業

 

リズム補正・ノイズ補正

リズムは聴き手に気持ちよく
聴いてもらうために、

かなり重要な要素となります。

 

音源の波形を
切る、繋ぐ、タイミング補正、ノイズを消す。

この作業を永遠と繰り返して
音源を整えて行きます。

 

ここがしっかりできているかで
クオリティにかなりの大きな差が生まれます。

DAWソフトの
メトロノーム機能を利用して、
一つ一つ修正していきましょう。

 

ピッチ補正

ピッチとは、音程のことです。

DAWソフトを使えば、
音程を操作することができます。

 

「音程をずらすのはずるい」
と考える方もいるとは思いますが、

どんな歌い手さんも、
リスナーにしっかりと歌を届けるために

多少なりともピッチ補正を
行なっています。

 

音程がバラバラだと、そもそも歌として
成立せず、聴き手が聴いてくれない場合があるので
ピッチ補正はかなり重要です。

 

また、やりすぎにも注意してください。

しっかり音程を修正しすぎると、
せっかくの人間らしい感情のこもった歌い方を

壊してしまうことになりかねません。

 

音程が大きくずれてしまっているところに
焦点を当てて、作業しましょう!

 

本格的なMIX

 

余計な音(ノイズなど)の排除、

音程、リズムが整えられれば
MIXの準備はOKです!

ここから本格的な
MIX作業に入っていきます。

 

コンプレッサー

コンプレッサーは、
ミックスでよく使うエフェクトの1つです。

音をつぶして太い音にしたり、
音量を整えたりすることができます。

 

音量差の激しい曲などの
音量を揃えることで、

声が小さくて聞こえづらい部分を
はっきりとさせ、

声が大きくて耳が痛い部分を
ちょうど良い音量にすることができます。

 

ディエッサー

ディエッサーを使うことで、
歯擦音を抑えることができます。

 

ディエッサーはタイプによって
全然違うのですが、

多くは特定の周波数だけに
コンプレッサーをかけるタイプです。

 

その場合、歯擦音の周波数を入れる必要があります。
周波数は人によって違うのですが

男性は2〜5kHz、女性は5〜8kHzあたりに
歯擦音があります。

 

EQ(イコライザー)

イコライザーは、

音の周波数を変えて、音色を変えたり、
音域ごとに強調させたり、
弱くしたりすることができます。

EQと略されることが多いです。

 

空気感を強めに出して
子音がはっきり聞こえるようにしたり、

逆に弱めにすることで
ぼやけた音にしたりなど、

使いこなせば色々なことができます。

 

リバーブ

リバーブは、音源の響き方を
変動させることができるエフェクトです。

 

MIX次第で、大きなコンサートホールで
歌っているかのような音にしたり、

土管の中のような狭い空間で
歌っているような音にしたりできます。

 

エンハンサー

エンハンサーは倍音成分を付加・増幅させ、
強調したりして、より魅力的な
歌声を作り出すことができるエフェクトです。

エンハンサーにもたくさんの種類があり、
それぞれ得意なことは違います。

用途によって使い分けると良いです。

 

人によっては
「高音の部分だけを強調したい」
「倍音を増やして声を太くしたい」

という人もいるかと思います。
そんな要望を叶えてくれるエフェクターです。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

ミックスの大まかな流れと、
どれから手をつけていけば良いのか
理解できたと思います。

 

いますぐDAWソフトを開いて、
MIXにチャレンジしてみましょう!

 

  1. MIX作業をするには機材を揃える必要がある。
  2. 用意する音源の拡張子に注意!
  3. エフェクトには様々な用途がある。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です