ウォークマンのカラオケ機能がスゴイことになってる!!

この記事で分かること
  1. 歌詞表示機能の使い方  
  2. 自分のキーの見つけ方
  3. カラオケ機能の使える機種

 

「カラオケに行くと、
キー調整にいつも
手間取ってしまう…。」 

そんな悩みを解決してくれるのが
ウォークマンのカラオケ機能です。

 

今回は音楽プレイヤーとして有名な
ウォークマンを紹介します。

ウォークマンはカラオケ機能がついていて、
とても便利なんです。

 


ウォークマンのカラオケ機能とは

カラオケ機能とは、

再生中の曲のボーカルを消したり
音程を変更して、

手軽にカラオケを
楽しむことができる機能です。

 

再生中の曲の歌詞データ(歌詞ピタ)
歌詞を表示することもできます。

注意事項
コチラは有料サービスで、公式サイトの歌詞ピタからダウンロードが必要です。

 

カラオケ機能の使い方

カラオケ機能の使い方は

  1. ホームメニュー 
  2. 各種設定
  3. 音楽設定
  4. カラオケ・語学学習モード
  5. 希望の設定の種類を選ぶ

という流れです。

 

たまに起こる現象

「カラオケ・語学学習モード」が
カラオケ(効果強)・カラオケ(効果弱)の時は、

以下のような現象が起こることがあります。

 

曲によっては音が歪んだり、ノイズが聞こえる場合がある

曲によってはカラオケ機能を入れることで、
音質が悪くなることがあります。

歌は耳は命なので、
あまり悪い音質で歌練したくないですよね。

 

128 kbps以上の高いビットレートの曲であれば
音の歪みやノイズは少なくなります。

音質が悪いことが気になる場合は
高音質の曲をウォークマンに入れ直しましょう。

曲自体のエフェクト(音響効果)によって、ボーカル抑制の効果が変わる

最近の曲はエフェクトが
かかっていることがほとんどです。

 

そのため、中には

ボーカルの声が消えなかったり、
音質が悪くなったり、

カラオケ機能が
あまり役に立たない曲もあります。

 

そういう時はライブバージョンや
他の歌手によるカバーを探してみましょう。

 

その他

また、音楽再生画面を表示中は

  • アルバムスクロール
  • 画面オフタイマー
  • DPC(スピードコントロール)機能
  • VPT(サラウンド)機能
  • DSEE HX機能

は使えません。

 

曲のキー(音程)を変更する機能

ウォークマンではカラオケ機能使用中に
曲のキーを変えることができます。

 

カラオケで初めて歌う曲だと、
どのくらいキー調整すればいいかわからず、

歌いながらキー調整せざるを
得ないこともあります。

 

ウォークマンを持っていれば、
事前に自分に合うキーを確認できます。

カラオケで一回目からピッタリの
キー設定で歌うことができます。

 

キー調整の方法は音楽再生画面で、
/を選んでキーの上げ下げをします。

 

便利なキー調整ですが、
以下の時はキーが元に戻ります。

  • 曲が次の曲に切り替わった時
  • 「カラオケ・語学学習モード」で他の設定を選んだ時

 

原曲キーで歌うコツは
こちらの記事で解説しています。

【カラオケ好き必見】原曲キーで歌う方法について紹介

2018.02.12

 

カラオケで1曲歌いきれない理由は
こちらの記事で解説しています。

【カラオケ好き必見】1曲歌いきれない理由を徹底解説

2018.01.14

 

キー調整については
こちらの記事で解説しています。

歌を上手く歌えるようになる「キー調節」ってなに?

2017.02.14

 

カラオケ機能が使えるおすすめ機種

現行機種でカラオケモード対応しているのは、
Sシリーズと言われる以下の機種です。

型番の後に「K」がついている機種は、
スピーカーがセットになっています。

 

また、よほど音楽が少ない人以外は
8GB以上がおすすめです。

 

【NW-S15】16GB

 
 

【NW-S15K】16GB

 

【NW-S14】8GB

 

【NW-S14K】8GB

 

【NW-S13】4GB

 

【NW-S13K】4GB

 

最後に

いかがでしたか?

ウォークマンのカラオケ機能、
使ってみたくなりませんか?

 

ウォークマンを持っている方は
ぜひ使ってみてください。

また、音楽プレーヤーを
買おうとしている人は検討してみては?

 

  1. 歌詞ピタを使えば歌詞表示もできる
  2. カラオケ機能を使うと事前に自分に合ったキーがわかる
  3. カラオケ機能が使えるのはSシリーズのみ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。