【歌い手部総研第九回】動画のイラストに関する調査~約7割が●●と回答!?~

こんにちは、
歌い手部のケイです。

今回は歌い手部総研第九回で、
動画のイラストに関する調査です。

 

歌い手や歌ってみたと動画に使われるイラストは
切っても切れない関係にあります。

歌い手としてニコニコ動画やYouTubeに
歌ってみた動画をアップすることが主な活動だと思いますが、

イラストが良くて、人気や有名になるきっかけとなることもあれば、
イラストに問題があり、炎上問題に発展することもあります。

歌い手には全く非がないが、イラストに問題があり、
そのせいで動画が炎上したということも実際にあります。

 

そこで、今回は歌い手部ユーザーが動画イラストを
どうしているのかを調査したので、ぜひ参考にしていただければと思います!

 


調査概要

調査期間:2020年6月20日~2020年6月24日
調査方法:インターネット調査
調査対象:歌い手部ユーザー34名(有効回答・複数回答)

 

動画のイラストをどのように用意しているか?

まず、「動画のイラストをどのように用意しているか?」を
質問した結果が以下のグラフです。

 

 

意外だったのは、動画のイラストを自分で描いている人が
全体の7割以上もいることです。

確かに、最近の歌い手は歌以外にも
特出した才能や趣味、スキルをもっていることが多いです。

 

例えば、日本を代表するアーティストとなった米津玄師さんは
ハチの名義で活動している時にイラストを自ら描いていました。

 

動画のイラストを絵師に頼む予定はあるか?

次に「動画のイラストを絵師に頼む予定はあるか?」について
質問した結果が以下の通りです。

 

 

すでに頼んでいる人を含めると、
今後依頼する・したいと回答した人が約7割となりました。

先ほどの質問と合わせて考えると、現在はイラストを自分で描いているが、
今後は依頼したいと考えている方が多いと言えるでしょう。

 

最後に

個人的に、今後絵師に依頼する・したいと考えているが
まずは自分で描いてみるというのは良いやり方だと思います。

 

まず自分で描く場合には依頼費はかかりません。

歌い手をはじめたての頃や使えるお金に限りがある場合は
ランニングコストはなるべく抑えたいでしょう。

また、自分でイラストを描いてみるという経験は
依頼する時にも非常に活きてきます。

 

例えば、自分で描いたことがあれば、何を伝える必要があるか
おおよそイメージがつきます。

他にも、イメージのすり合わせや修正をお願いする時も
全く描いたことがない人より具体的に伝えることができます。

「なんかイメージと違う」、「なんかもっと柔らかい感じで」と
言われても絵師さんも困ってしまうでしょう。

より具体的に正確にコミュニケーションを図るという意味で
自分もやってみるということは重要なのです。

 

ぜひ、まだ一度も描いたことがないという方がいたら
経験としてイラストを描いてみるのもおすすめです。

シェア・応援をお願いします!



歌い手部公式ボイトレテキスト
絶対歌唱力トレーニングブック

歌い手部公式のボイストレーニング教本がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「絶対歌唱力」を徹底的に身につけられる内容にしました。無料でプレゼント中なので、今すぐ手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。