【歌い手部総研第十回】歌い手が普段取り組んでいる練習に関する調査~歌い手志望は普段どんな練習をしているのか~

こんにちは、
歌い手部のケイです。

今回は歌い手部総研第十回で、
歌い手が普段取り組んでいる練習に関する調査です。

 

自分以外の歌い手志望の人が普段、どんな練習を取り組んでいるか
意外と気になりませんか?

そこで、今回は歌い手部ユーザーが普段やっている練習を
調査したので、ぜひ参考にしていただければと思います!

 


調査概要

調査期間:2020年3月16日~2020年3月21日
調査方法:インターネット調査
調査対象:歌い手部ユーザー51名(有効回答・複数回答)

 

普段やっているルーティンワークがあるか?

まず、「自分なりの練習法があるか?」という質問をした結果が
以下のグラフとなります。

94%の方が自分なりのルーティンワークがあると回答されました。

 

具体的にどんな練習をしているか?

前の回答に「はい」と答えた人に対して、
「普段どんな練習をしているか?」という質問をした結果が以下です。

具体的な練習法では、自分より上手い人を参考にすると答えた人が24%、
曲を聞きこむことで歌詞リズムが染みつくなどと答えた人が21%となりました。

しっかりと目標を設定して、現実とのギャップを理解するための練習を
やっている人が多く非常に良い傾向と言えます。

 

また、大きく分けて、ボイトレには「聴く」と「歌う」の2つがあります。
これらのバランスというのも練習メニューを考える上で意識しましょう。

まずは半々をイメージすると良いでしょう。

 

普段やっているボイトレメニュー

次に、「普段どんなボイトレをやっているか」を
質問した結果が以下の通りです。

腹式呼吸が29%、リップロールが20%、エッジボイスが14%となりました。
非常にベーシックなボイトレ法ですね。

 

どれも大切なので、しっかり継続するようにしましょう。

ただ、あくまでウォーミングアップ的なメニューでもあるので、
これらをした上で、何を練習するかといった観点も必要となります。

 

何を意識して練習している?

最後に、「何を意識して練習しているか?」と
聞いた結果の回答が以下の通りです。

自分が何を課題として捉え、何を鍛えようかという意味ですね。
結果としては、発声が36%、音程が29%となりました。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。
自分のルーティンメニューを考える上で、参考になれば幸いです。

自分の課題を見つめ直し、それにあった練習メニューを考える。
当たり前のことに聴こえますが、その精度や質にこだわる必要があります。

練習メニューの良し悪しで、成長速度は大きく変わるので、
練習メニューや課題を見つめる時間も作るようにしましょう!

シェア・応援をお願いします!



歌い手部公式ボイトレテキスト
絶対歌唱力トレーニングブック

歌い手部公式のボイストレーニング教本がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「絶対歌唱力」を徹底的に身につけられる内容にしました。無料でプレゼント中なので、今すぐ手に入れよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です