おさえておきたい!アイコンやイラストを絵師に依頼する時のマナー

この記事で分かること

  1. イラストを依頼できる絵師の見つけ方
  2. イラスト依頼におけるNG行為
  3. イラスト依頼の流れ

 

「絵師にイラストを依頼したら、
イメージと違うものが送られてきた。」

イメージ通りのイラストを絵師に
描いてもらうのは難しいですよね。

 

今回は絵師へのイラスト依頼を
スムーズに行う上で重要な

イラスト依頼の
マナーについて紹介します。

 


イラスト制作依頼でのNG行為

作者に無断で使用する

依頼したイラストにも著作権があります。

著作権とは本人の許可なく作品を
使用することができない決まりのことです。

 

私たちが利用するイラスト、DVD、映画、
漫画、文章にも著作権があります。

許可なく使用した場合には権利の侵害として、
訴えられる可能性があります。

 

ブログやSNSなど、不特定多数の人に
公開する際には必ず許可を取りましょう。

 

作品を否定する

「顔のラインが曲がってる。」
「塗りが汚い。」

このような、作品を否定する言葉は
言わないようにしましょう。

時間をかけて一生懸命作ったものを
否定されれば、絵師も自信を失います。

 

どうしても伝えたい場合、
絵師に感想を求められた場合は

絵師の作品がより良くなるような
アドバイスの形で意見を伝えましょう。

 

完成を急がせる

納期までまだ余裕があるのに
完成を急がせるのはマナー違反です。

絵師も気分を害しますし、
やっつけ仕事では良いイラストは描けません。

 

複数人の絵師に同時に依頼

同じ内容の依頼を複数人に
依頼するのはマナー違反です。

依頼された絵師も

「自分の絵はどうでも良いんだ…。」
と自信を無くしてしまいます。

 

有償と聞いて怒る

SNS上での依頼で、イラストが
有償と聞いて怒る人がいます。

 

無償で描く絵師もいますが、

イラストを描くのは時間がかかるもので、
機材にもお金がかかっています。

 

「タダで描いてもらって当たり前」
という態度は マナー違反です。

後から揉めないために、
必ず費用について確認しましょう。

 

イラスト制作依頼メールテンプレ

以下のポイントをそれぞれ1行くらいの
文章でまとめて、繋げると

イラスト制作依頼メールが作成できます。

 

事務的な内容

  • 自分の情報
    (社名、部署、氏名、連絡先など)
  • イラストを使用する目的
  •  価格について(予算の上限を自分から申告)
  • 納期(イラストはいつまでに必要か)
  • 支払方法と期日    

 

  • 何をどんなタッチで描いてほしいか
  • どんな資料を提供できるか
  • 何回くらい修正するつもりか
  • 自分やクライアントがこだわっている点
  • 印刷したときのサイズ(mm・px)

 

制作依頼メールを書く際の注意点

できるだけ具体的でわかりやすい
依頼メールを書きましょう。

 

すれ違いを防ぐためにも

完成イメージが伝わる画像の資料
があると良いです。

予算や納期、修正回数なども
忘れずに書きましょう。

 

これらがうまく伝わっていないと

追加料金を請求されるなどの
トラブルに発展します。

 

希望通りのイラストを描いてもらうためには
依頼主にも準備が求められます。

 

イラスト制作依頼をする方法

絵師の個人サイトで依頼

多くの絵師は作品投稿用の
個人サイトを持っています。

サイト内にイラスト制作の表記があれば、
メッセージを送って依頼しましょう。

 

SNSで依頼

Twitter、InstagramなどのSNS上に
イラストや漫画をアップし、

宣伝として活用する絵師も増えています。

 

気軽に交流できる分、依頼メッセージの内容が
ラフになりやすいため

マナー違反に注意して依頼しましょう。

 

SNSで依頼する際の注意点

知人に依頼

すでに交流のある知人の絵師に依頼するのが
最もスムーズでしょう。

 

しかし「友達だから安く描いてよ。」
無料や安すぎる価格設定で頼むと

関係に亀裂が入ります。 友人相手でも
マナー違反には注意しましょう。

 

コミッションサイトで依頼

個人でイラストレーターにお金を払って
絵を依頼するのが、コミッションサイトです。

 

コミッションサイトには、趣味で絵を描く
アマチュア絵師から

フリーランスのプロイラストレーターまで
様々な絵師が依頼を受けています。

 

いきなり個人で交渉するのが不安なら
コミッションサイトの利用がおすすめです。

 

コミッションとは

コミッションとは絵師が価格を提示して
ファンの依頼をつのり

金銭で個人の依頼を受けることです。

 

ファンの側から作家に依頼を持ちかけ
直接交渉することも多いです。

海外では様々なジャンルの作家が
コミッションを行っています。

 

イラストのみならず、絵画や手芸など様々な
分野の作家がコミッションを行っています。

 

絵師の探し方について詳しくはコチラ

【歌い手になろう!】絵を描いてくれる絵師の探し方

2017.12.19
    

 

イラスト制作依頼の際の注意点

絵師の特徴を理解する

どんなタッチの絵をどのくらいの時間で描く
絵師なのか

過去の投稿作品を参考にチェックしましょう。

 

クライアントからの評価も
確認するとより確実です。

 

絵師の依頼状況の確認

人気絵師に依頼する場合、
絵師の手が空くまで、待つことも多いです。

納期までに完成できるか絵師にメッセージで
確認をとってから依頼しましょう。

 

 

完成間近で大きな修正を頼まない

作品の完成間近で大幅な修正を依頼するのは
マナー違反です。

修正してほしい箇所は、ラフ画の時点で
伝えておきましょう。

 

画像資料と同じものを依頼しない

イラスト制作依頼において画像資料を
用意して指示を出すことは必須です。

しかし「この絵と全く同じ絵を描いてほしい」
という依頼はやめましょう。

 

著作権法に触れてしまい、
絵師にも迷惑がかかります。

 

 

イラスト制作依頼の流れ

絵師に制作を依頼

メールやメッセージで、絵師に依頼をします。

イラストの用途、金額や支払い時期、納期
などを伝えましょう。

 

細かい要望を伝える

描いてもらいたいイラストの
細かい特徴を伝えます。

「校舎の前で振り返る黒髪の女子高生を、
画像資料のようなタッチで描いてください。」

というように、画像資料も用意して
細かく指示を出しましょう。

 

ラフ画の確認と修正

大まかな構図、線、色使いを
ラフ画で確認します。

完成イメージと異なる部分は
この段階で修正しましょう。

 

最終確認

線画や下塗りなどの途中経過は、
こまめに確認する人もいれば

完成まで絵師任せにする場合もあります。

 

確認を挟むほど完成が遅くなりますが

絵師に任せきりにして想定外のものが
出来上がってしまいます。

 

相手の絵師との相性や、イメージの
伝わり具合によって柔軟に対応しましょう。

イラストが完成したら最終確認をし、
修正点や追加してほしい点があれば伝えます。

 

 

納品

納得のいくイラストが完成したら
絵師がイラストのデータを納品して終了です。

指定通りのサイズ、保存形式になっているか
確認しましょう。

 

支払い

納品後に全額支払い、半額だけ先払いして
納品後に残りを支払う など

支払い方法は様々です。

 

支払いに関してはトラブルが起きやすいので
事前に絵師と確認しておきましょう。

 

最後に

いかがでしたか?

 

「オリジナルのイラストを描いてもらいたい!」
と思っている方も多いでしょう。

実際、オリジナルのイラストを使うと
テンションが上がります。

 

また、他の歌い手や動画と
差別化もできます。

マナーのある依頼をして、
良い関係を築けるようにしましょう!

 

  1. 描いてもらったイラストの使用、コメントには注意が必要
  2. 納期、予算、イラストのタッチ等をもれなく依頼メールに書く
  3. イラストの修正は早めに依頼する

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。