【サボってしまう人必見!!】歌の練習を日常に溶け込ませるには?

「歌が上手くなりたいと思っているのに、
つい怠けてしまう…。」

歌の練習を始めてみたものの、
3日坊主で終わってしまう。

急な用事が入って、
歌の練習をできなかった。

 

新しいことを始めようとしても、
なかなか上手くいきません。

続かない、習慣づけることができないと
悩む人は多いでしょう。

そこで、今回は
歌の練習を習慣づけるコツをお話します。

 


行動を具体的に決める

人はイメージできないことは
できないように作られています。

極端な例ですが、
世界征服しようとしても行動できません。

何から初めていいのかわからず、
どうすればいいかわからないためです。

 

これは歌の練習についても
同じことがいえます。

歌の練習をしようと思っていても、
なかなか行動できません。

リップロールを30秒するなど
具体的に決まっていると行動できます。

 

時間を決める

新しいことを習慣づけるためには
取り組む時間を決めることも効果的です。

お風呂、食事、歯磨き…。

習慣づいていることのほとんどは
ある程度時間が決まっていると思います。

歌の練習をする時間を
決めておくと良いでしょう。

 

トリガーを決める

何ごとも物事の始まりには
きっかけがあります。

この椅子に座ると、
ついテレビを見てしまう。

家着に着替えると、
ゆったりくつろげる。

 

習慣づけるためには
きっかりを作ることがポイントです。

例えば、夕ごはんを食べたら
歌の練習をする。

お風呂に入る前に歌の練習をする。

 

すぐにできる環境を作る

ショーン・エイカーさんの本に
20秒ルールという法則が書いてありました。

20秒面倒なことがあると、
やる気が削がれてしまうということです。

つまり、習慣づけるためには
すぐにできる環境を作ることが大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。