ミックスボイスへの地声アプローチ方法を徹底解説

 

今回はミックスボイスへの
地声アプローチについて紹介します。

 

特に男性の方は
「地声のような強い声で高音を出せたらな~」

と思うんではないでしょうか

 

高音域を力強く歌えれば、カラオケでも
目立つこと間違いなしです。

是非チェックしてみてください。

 

 


ミックスボイスについて

ミックスボイスとは裏声を地声っぽく
加工したものではありません。

 

よって、ミックスボイスは裏声のように
楽に発声できるわけではないです。

また、ファルセットを強めたキンキンの声
でもないんです。

 

あくまで、地声を意識した発声なので
高音も積極的に地声でアプローチしましょう。

 

この時、地声と裏声の訓練を
それぞれ出来ているか

声を張り上げていないかを
注意して練習してみてください。

 

裏声を加工した地声っぽい声では
声量も音色も十分出せません。

地声と裏声を均等に融合した
ミックスボイスを習得しましょう。

 

 ミックスボイスについて詳しくはコチラ

【完全版!!】元音痴が教えるミックスボイスの出し方・練習法

2017.10.18

 

ミックスボイスの感覚は人それぞれ

 

ミックスボイスとは地声と裏声が
均等に融合された発声ですが

バリエーションは無限にありミックスボイスの
感覚は人それぞれなんですね。

 

ミックスボイスには地声に近いものから
裏声に近いものまでいろいろあります。

ちなみに低音域は地声に近く、高音域は
裏声に近い傾向があるようです。

 

 

また、ミックスボイスは初心者では
地声または裏声の成分が極端に多く

熟練者になるとバランスがとれ、理想形に近づく
という傾向もあるようです。

 

 

ミックスボイスで叫ぶ?

ミックスボイスでは叫んではいけない
とよく言われます。

しかし、厳密には
「チェストボイスでは叫んではいけない」
なんです。

 

ミックスボイスを習得した方は
声量をあげるため、叫びましょう。

喉に負担をかけない範囲で
高音発声に慣れていきましょう。

 

ミックスボイスで叫ぶコツを紹介します。

 

地声の腹式呼吸で「はっはっ」と精一杯の声で
スタッカートで発声します。

次に裏声で同様に発声します。

 

次第に音程を下げていくと幅広い音域が
出せるようになります。

 

 

地声アプローチと裏声アプローチ

地声アプローチと裏声アプローチとは
両方ともミックスボイスを習得する手法です。

 

地声アプローチとは輪状甲状筋を鍛えた後

声帯伸展によりチェストボイスを出し
ミックスボイスを身に着けるものです。

 

裏声アプローチとは、ミックスボイスを
鍛えた後ミックスボイスの低音を発声し

地声と裏声の換声点をスムーズに
移行する練習をすることです。

 

これはベル・カント唱法に由来し
現在も多くの教本で採用されています。

 

 

地声アプローチはこんな人におすすめ

地声アプローチは

コーディネートファルセットしか出せない方
弱いミックスボイスしか出せない方に
おすすめです。

 

具体的には地声から裏声の行き来は
ある程度できるが、声に力や密度がない方

喚声点から上の音域を地声で出せない方
喚声点付近が不安定な方が対象です。

 

 

地声アプローチのコツ

地声アプローチのコツは喚声点の
少し下の音域で地声を入れ込む
イメージを持つことです。

喉ちんこの裏で地声を作って出す感じですね。

 

地声を思いきり出すと、力みや張り上げ
といった悪い発声になると思うでしょう。

 

しかし、地声から裏声の行き来がある程度
できる方なら

喚声点の少し下の音域で地声の音色を
残したまま裏声要素を出せるんです。

 

どうしても地声で歌っている感覚が
つかめない方は

 

チェストやファルセットの発声で筋肉を鍛え

その筋肉をどう使うか分かるまで
試行錯誤してみましょう。

 

ベルト発声とは

 

ベルト発声とはチェストボイスを
引っ張り上げて換声点を越えて出す発声です。

これは、裏声を基盤として発声する
ミックスボイスとは異なります。

 

ベルト発声は地声の張り上げに近いため
頻繁には使えません。

そこで、チェストを引っ張ってミックスに
つないでみましょう。

 

輪状甲状筋と甲状披裂軟骨のバランスをとり
声帯の柔軟性を高めるイメージです。

この方法で、ミックス的に鼻腔や頭に
音を共鳴させることで、高音域を
地声のように響かせることができます。

「hallelujah」leonard cohenは
この発声法の良い例です。

このような発声を
ハイノートでのベルティングと言います。

 

意識するポイントは

口を狭くして歌う。
舌を縦長にする。
ブレスを出し切らず、空気量を保つ。
喉仏を上げない。

 

という点です。

 

 

ベルト発声の練習方法

「ハレルヤ」という言葉は母音の並びが
ベルト発声の練習に最適なんです。

 

以下の点を意識してハレルヤと
発声してみましょう。

aで顎をリリース
eで舌を縦長にする
uで口を狭め声が口から漏れるのを防ぐ

 

 

その他のミックスボイスへのアプローチ方法

ヘッドボイスとチェストボイスをなじませる

ヘッドボイスを習得できたら、スケールなどで
チェストボイスに馴染ませていきましょう。

この方法には自然にミックスボイスが出る
という効果があります。

 

 

地声に裏声に聞かせる

これは地声と同じ共鳴腔に裏声を発声し
それを鼻腔に流し込む方法です。

ホイッスルボイスと呼ばれる、地声なみに
芯のある裏声を獲得できます。

 

 ホイッスルボイスについて詳しくはコチラ

【超わかりやすい!!】ホイッスルボイスの出し方と練習法とは?

2017.04.05

 

声帯を閉じ喉を開く

軟口蓋をあげて喉頭を下げることで
喉を開き、倍音を増やす練習方法です。

 喉を開く方法について詳しくはコチラ

芯のある声を出せるようになる「喉を開く」感覚の掴み方と練習法

2017.02.15

 

アンザッツ理論

アンザッツ理論とは、特定の場所に
声を当てる方法です。

 

チェストボイスでは鼻深部や硬口蓋

ヘッドボイスやファルセットでは鎖骨や
うなじに声をあてます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。