ミックスボイスへの裏声アプローチ方法を徹底解説

前回はミックスボイス習得のための
地声アプローチについて紹介しました。

今回はミックスボイスへの
裏声アプローチについて紹介します。

 

高音域を力強く歌えれば、カラオケでも
目立つこと間違いなしです。

 

是非チェックしてみてください。

 


ミックスボイス習得までの流れ

ミックスボイスはボーカルの経験者であれば
1か月くらいで習得できます。

しかし、プロレベルになるには
1年ほどかかるようです。

 

ミックスボイスの習得は一度コツをつかめば
あとは繰り返しの練習で身につくんですね。

 

ミックスボイスは裏声が出るようになったら

それを芯のある強い声にするイメージで
習得します。

 

ミックスボイスのうまい歌手を真似して
練習することが近道のようです。

ミックスボイスは
「地声と裏声を融合させた声」のことです。

 

そのため、地声と裏声がそれぞれ
しっかり出せる必要があります。

十分に地声と裏声を確立し、強さを調整して
融合させるには3~6年ほどかかるようです。

 

 ミックスボイスについて詳しくはコチラ

【完全版!!】元音痴が教えるミックスボイスの出し方・練習法

2017.10.18

 

 

ミックスボイスの習得方法

ミックスボイスの習得には
地声と裏声の確立が重要でした。

 

このため、ミックスボイスの習得方法として

「すべて地声で歌う」「すべて裏声で歌う」
という2つが挙げられます。

 

男性の場合、多くは裏声が苦手なので
地声の練習から始めるとよいでしょう。

女性の場合、裏声を出せる方も多いので
音程を取りやすい方から練習しましょう。

 

裏声で歌う場合、鼻腔共鳴を取り入れると

地声よりも響く低音や地声の混ざった
強い高音が出せるようになります。

 

また、自分が歌う声を録音しておくと
自分の歌の良い部分と悪い部分がわかり

コツをつかみやすくなります。

 

地声でも裏声でも出せる
中間音域をスムーズに歌う

というのが実は高音、低音域よりも
難しいんです。

 

予め大体どの音階で地声、裏声を
切り替えるか決めておくとよいでしょう。

決める基準は「自然に歌えるか」
「歌いやすいか」で決めると良いです。

 

もう一つ簡単な方法を紹介します。

①最も楽に出せる声量のある裏声を見つける
②その裏声を限界のキーまでおろしていく
③限界のキーを地声で出してみる

 

という流れです。声換点を見つける方法
としても使える便利なのでおすすめです。

 

 

まずはヘッドボイスから

ヘッドボイスの習得は
ミックスボイスの習得に必須です。

ヘッドボイスのイメージは
ソプラノ歌手が出すソフトで美しい高音です。

 

また、最近のポップスでも多く使われます。

 

ヘッドボイスは息を吐くときに
口の中から鼻の上へ向け
大きく声を響かせるイメージです。

なかなかイメージしづらいかもしれませんが
ヘッドボイスの習得は練習あるのみなんです。

 

 ヘッドボイスについて詳しくはコチラ

ヘッドボイスの出し方・感覚・コツを一挙公開します!

2017.02.19

 

 

裏声アプローチの練習方法

口を指1本が入るくらいの大きさで
「お」の形に開きます。

あくびの時のように喉を開いて
「ほー」と発声します。

 

次に10分ほどかけて

呼吸を整える
大あくびをする
首周りをストレッチ
息の多い裏声を出す

を行い集中力を高めます。

 

次に5分ほどかけて

 

息の多い裏声を出したまま口角を上げます。
(口をいの形にして笑顔を作ります。)

そのまま「あえいうえおあお」
とゆっくり発声します。

 

「あ」と「え」の時に裏声で喉を開き
「い」と「う」と「お」の時に喉を締める
のがポイントです。

 

 

最後に15分かけて
ゆっくり確実にミックスボイスで

あえいうえおあお(5回)
かけきくけこかこ(5回)
させしすせそさそ(5回)
たてちつてとたと(5回)
なねにぬねのなの(5回)
はへひふへほはほ(5回)
まめみむめもまも(5回)
やえいうえよやよ(5回)
られりるれろらろ(5回)
わうぇうぃううぇをわを(5回)

 

と発声しましょう。

 

裏声のまま、顎に力を入れて
地声を混ぜるのがポイントです。

 

 地声アプローチについて詳しくはコチラ

ミックスボイスへの地声アプローチ方法を徹底解説

2018.02.25

 

 

地声でハイトーンを出す方法

裏声アプローチはミックスボイスの習得に
効果的です。

しかし、プロの歌手の多くは裏声アプローチ
で地声のような強い声を出しているのでは
ないようです。

 

ほとんどの歌手は地声でハイトーンの発声
をしているようです。

地声でハイトーンを出すには
声帯を伸ばし稼働域を広げる必要があります。

 

そのための具体的な方法を紹介しましょう。

まず、息を吸いながら
うめき声のような声を出します。

その状態で、喉の下あたりを
へこませましょう。

 

この感覚を覚えると、声帯が伸展し、
地声のまま、より広い音域を出せます。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。