ウォーミングアップに最適!!タングトリルの効果とやり方

先日、リップロールという練習法をお伝えしました。
まだ見ていない方はこちらからどうぞ!

高い声が出しやすくなる!!リップロールのやり方とコツ

2017.02.16

 

そのリップロールと似た効果が得られるとして、
タングトリルという練習法もあります。

ただ、全く同じ効果というわけではないので
両方できるようにしておくことが良いでしょう。

 

今回は、タングトリルの効果、やり方
そして、リップロールとの違いについてお話します。

ウォーミングアップだけでなく、
高い声を出すためのトレーニングにもなるので、
ぜひここで身につけておきましょう!

 


タングトリルとは?

タングトリルとは、上の歯の根元に舌先を当て、
息を吐いて舌を「トゥルルル」と振動させる練習法です。

いわゆる巻き舌のことです。

 

タングトリルの効果

唇や表情筋がほぐれる

タングトリルは、リップロール同様に
顔全体がブルブルと振動します。

そのタングトリルの振動で、
顔全体の筋肉がほぐれ、歌う前の準備体操になります。

 

また、タングトリルは
緊張している時だと上手くできません。

そのため、タングトリルをすることで緊張をチェックでき、
振動でリラックス効果もあります。

プロの歌手も、ライブなど人前で歌う前に
タングトリルをやっている人が多いです。

 

発声の基本が身につく

タングトリルは吐く息の量が一定でないと、
うまく振動させることができません。

 

そのため、タングトリルをすることは
吐く息の量を一定にするトレーニングにもなります。

吐く息の量が一定であることは
発声の中でも特に重要なポイントです。

 

そのため、タングトリルをして
必ず身につけておきたいところです。

 

また、タングトリルは
喉が閉まっていてもうまくできません。

そのため、喉を開く感覚をつかむ練習にも
タングトリルは適していると言えます。

 

 

音程を正しく取れるようになる

音程は唇の形、口腔の大きさや
喉仏の高さ、声帯の形などで決まります。

つまり、たくさんの要素が絡み合って
音程が決まるわけです。

 

歌うことで言うと、
声帯で音程を取れるようになるのが理想です。

喉で無理やり音程を合わせようとすると、
張り上げた声になってしまいます。

 

タングトリルは、リラックスした状態でしかできないため
音程は声帯を動かして変えるしかありません。

そのため、声帯だけを使って
音程を合わせる練習にもなるのです。

 

地声と裏声が滑らかに繋がる

高い声を出そうとして、
声が裏返ってしまうことはありませんか?

それは、声の切り替えに慣れてなく、
また、高い声を出し慣れていないからです。

 

高い声を出し慣れていないと、
息の量を多くして無理やり出そうとしてしまう。

その結果、声が裏返るのです。

 

ただ、先ほども言ったように
タングトリルは息の量が一定でないとできません。

そのため、タングトリルで裏声と地声を交互に出すことで、
スムーズに切り替える感覚を掴むことができます。

 

舌のウォーミングアップになる

タングトリルは舌がトゥルルルと振動します。

そのため、舌の良いウォーミングアップになり、
滑舌が良くなる効果もあります。

 

歌は音程だけでなく、
歌詞も大切な要素のひとつです。

どんなに良い歌詞でも聞き取れなくて、
意味が伝わらなければ意味がありません。

 

そのため、
滑舌はとても大切だと思います。

 

タングトリルのやり方

  1. 口を少し開ける。
  2. 上の歯の根元に舌先を当てます。
  3. 息を吐いて、「トゥルルル」と舌が振動すれば、OKです!

 

タングトリルのコツ

このタングトリルは、
リップロールよりも難しいと言われています。

また、舌の長さなども関係するため、
苦労する方も多いです。

そんな方は以下のことをやってみてください!

 

  • 顔をもみほぐす。
  • 「ラララ」・「ルルル」をなるべく早く言う。

 

タングトリルの効果的な練習メニュー

STEP1

まずはタングトリルを
長く続けることを意識しましょう。

長く続けるためには、息の量を一定にし続けるだけでなく、
息の量をなるべく少なくする必要もあります。

 

STEP2

タングトリルで、「トゥルル」と
色々な音程で出せるようにしましょう。

地声も裏声も出せるようになったら、
交互に出してみましょう。

この練習をすることで、声が裏返らず
キレイな高音を出すことができるようになります。

 

STEP3

次に、タングトリルを使って
音階練習をしましょう。

 

リップロールとタングトリルの違い

リップロールの効果とタングトリルの効果を見て、
「ほとんど同じじゃない?」と思った方もいるはずです。

『リップロールとタングトリルは同じ効果なので、
タングトリルができない人はリップロールをすればいい。』
と書いてあるサイトもあります。

ただ、私の意見を言わせていただくと、
これは正しくないと思います。

 

というのも、確かに効果は同じですが
それぞれ効果のある場所・筋肉が異なるのです。

リップロールは主に、
口周りの筋肉が振動します。

 

一方、タングトリルは主に
喉や舌周りの筋肉が振動します。

リップロールとタングトリルは、
振動する場所が違うため、ほぐれる場所も違います。

 

だから、どちらも
できるようになるのが良いと思います。

最初はタングトリルは難しく感じるかもしれませんが、
頑張ってみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントを誰よりも知っている。その部分を丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。