腹式呼吸の発声を身につけよう!横隔膜のコントロールがカギ

こんにちは!
歌い手部のりょーやです。

 

良い発声で歌ったり高音を発声する際には
「腹式呼吸で歌え!!」
という風によく言われますよね。

 

しかし、腹式呼吸で歌うことが
大事なのは分かっていても、

実際に腹式呼吸を用いた発声を
身につけることができていない!

という人はとても多いです。

 

そこで今回は、
腹式呼吸を身につける方法
についてお伝えします!

 

 


腹式呼吸が良いとされる理由

腹式呼吸が良いとされる理由には
様々なものがあるのですが、

 

その中でも今回は、
腹式呼吸が良いと言われる3つの理由
についてお伝えをしていきます。

胸部から首肩部にかけてリラックス出来る

歌う際の呼吸法には大きく分けて2種類あり、
「胸式呼吸」「腹式呼吸」に分けられます。

 

胸式呼吸は文字通り胸部周辺筋肉を使い、
胸を膨らませて行う呼吸法です。

 

空気を吸い込む時に
胸部や首肩部を動かしますので、

周辺に多少の力が加わります。

 

胸式呼吸で歌うと、
喉まわりの筋肉が緊張してしまいます。

その結果、喉が絞まるなど
声帯周りに悪影響を及ぼします。

 

一方、腹式呼吸の場合は
基本的に胸を動かさない方法ですので、

呼吸により胸部周辺の筋肉が動くことは
あまりありません。

 

よって、腹式呼吸を用いた発声では歌唱時にも
首や肩がリラックスした状態を保つことができます。

 

安定的な空気を供給出来る

声の元になっているのは空気です。

空気の量を多くしたり少なくしたりすることで、
声を様々な音色に変化することができます。

 

腹式呼吸を用いた発声では、
横隔膜を使い微妙な空気の量を調整
することができます。

 

これにより安定的な空気の供給、
空気量の調節が可能になります!

 

1度のブレスで多くの空気を吸い込むことができる

腹式呼吸では胸式呼吸に比べ、

息を吸い込む際に多くの量の空気を
肺に取り入れることができます。

 

なぜ多くの量の息を
肺に取り入れることができるのかというと

息を吸い込む時に横隔膜が下に下がるからです。

 

横隔膜が下に下がることで肺が引っ張られ膨らんで
多くの空気を取り入れることが可能になります。

 

<横隔膜とは?>
横隔膜は消化器官と肺を仕切っている
仕切りの様なものです。

 

筋肉組織ですので、
腹式呼吸によりそれを意識的に動かすことも可能です。

 

息を吸い込む際にこの横隔膜を
しっかりと使って歌うことができるかが
カギになってきます。

 

横隔膜を使って歌うとは

歌を歌うとき「喉で歌う」「腹で歌う」
という表現をされることがあります。

 

「腹で歌う」のが良いと言われますが、

腹で歌うというのは
横隔膜をしっかりと使った発声のことを指します。

 

横隔膜を使った発声(腹式呼吸)では
横隔膜を下げることができているので

肺が膨らみ、
多くの空気を肺に取り入れて歌うことができます。

 

横隔膜を下げて発声する際には
喉の力を抜くことができるので
「腹で歌う」という状態になっています。

この状態は、非常に脱力をすることができているので、
歌においてとても良い状態の発声です。

 

一方、
横隔膜を使えていない発声では

喉に力が入ってしまって
すぐに疲労感を感じやすくなったり

安定した高音発声をすることが
できなくなってしまいます。

 

自分の発声が横隔膜を使った発声かどうかを調べる

自分の発声がしっかりと

隔膜を使えているのか、
使えてないのかを把握すること

は非常に重要です。

 

息を吸い込む(ブレスをする)時に、
胸とお腹にそれぞれ手を当ててみて下さい。

胸よりお腹が膨らんでいれば
しっかりと横隔膜を使う事ができています。

 

お腹があまり膨らんでおらず、
胸が膨らんでいる場合は

しっかりと横隔膜を下げて
多くの空気を取り込むことができていません。

つまり、
胸式呼吸になってしまっています。

 

腹式呼吸を習得するためのトレーニング

普段、胸式呼吸を用いた発声で
腹式呼吸を習得することができていない人は、

喉に負担の掛かる
悪い発声になってしまっています。

 

腹式呼吸を習得するためのトレーニングを
いくつかご紹介しますので
習慣的に実践してみてください。

 

腹式呼吸を習得するためのトレーニング①
ドギーブレス

STEP1

「あ」の形で開け、
舌の力を抜いて舌先を下の歯の裏につけましょう。

STEP2

喉が渇いた時に犬がするように
「ハッハッハッハッ・・・」と呼吸をし、
休まず15秒続けましょう。

☆ポイント☆

ドギーブレスを実践する際に息を吸う時に、
しっかりお腹をふくらませることを意識しましょう。

(普段、胸式呼吸で発生している人が実践すると少しお腹がつらいです)

 

腹式呼吸を習得するためのトレーニング②
10秒腹式呼吸

STEP1

リラックスした状態を作りましょう。

肩などに力が入ってると
腹式呼吸はできないので力を抜いてください。

 

STEP2

お腹に酸素を入れることを意識しながら、
「すぅ〜」と息を吸い、
お腹を膨らませることを意識して下さい。

 

そのまま息を吐きましょう。
その際にお腹がしぼむことを意識してください。

 

これを10秒掛けて行うのを1セットとして、
1日10セット行いましょう!

日頃の練習によって
歌う際の腹式呼吸の効果を上げることができます。

すぐにできるので実践してみましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です