良い歌声を出す極意は「口の開き方」だった!?

あなたは歌っていて、
口の形を気にしたことはありますか?

ほとんどの人が
口の形を気にしたことはないでしょう。

 

しかし、ボイストレーニングにおいて
口の形はとても大切なものです。

なぜ口の形が大切なのか?
どういうことを意識すれば良いのか?

今回は口の形について
わかりやすくお伝えします。

 


なぜ口の形が大切か?

普段、歌っている時に
口の形を気にすることはないでしょう。

しかし、実際のところ
口の形はとても大切なポイントです。

では、なぜ口の形が
そんなに大切なのでしょうか?

 

それは口の開け方によって
音色と響きが変わるからです。

同じ言葉でも、
言い方によって意味が変わります。

 

「ありがとう」という言葉を
例に挙げて考えてみましょう。

普通に言えば感謝を伝える言葉ですが、
嫌味っぽく言うこともできます。

また礼儀上言っているだけなのか
心から感謝しているのかもわかります。

 

この微妙なニュアンスを作るのが
口の形なのです。

口の形を意識することで、
表現力をより高めることができます。

 

基本的な3つの口の形

縦に開いた状態

口を縦に開くと、
こもっているような声になります。

ちょっと暗い声の印象です。

 

口の中に空間ができるので、
声を響かせることができます。

つまり口を縦に開くと
響きのある良い声が出せるのです。

 

横に開いた状態

一方、口を横に開くと
キンキンした鋭い声になります。

声の印象は明るめです。

 

口の中に空間を作りにくいので
声はあまり響きません。

感情を爆発させたような
叫ぶような歌には合う声でしょう。

 

丸く開いた状態

縦に開いた時と横に開いた時の
ちょうど間の音になります。

声の響きであったり、
トーンも真ん中という感じです。

 

口を縦に開ける

もちろん歌によって
ピッタリ合う口の形は異なります。

ただ一般的に言うと、
口を縦に開けて歌う方が良いです。

 

口を縦に開けないと、
喉が締まって声が出しにくくなります。

呼吸がしにくく、
息が続かなくなってしまう。

口の中に響く空間を作れないので、
声量が小さくなってしまう。

このように口を縦に開かないと
悪いことしかありません。

 

そこで、歌う時は
口を縦に開けることを意識しましょう。

口を縦に開けることで共鳴ができ、
喉を開きやすくなります。

 

口の形を丸くすると良い

「い」や「え」を発音するとわかりますが、
口が横に開きやすいです。

言葉によっては、
横に開いてしまう音があります。

そういう時は、
横に無理に開いていないか確認しましょう。

 

口を丸く開くことをイメージすることで、
響きや音色が統一されます。

その結果として、
統一感があって安定した歌声が出せます。

まずは鏡を見ながら一曲歌ってみて、
自分の口の形を確認しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。