声が裏返らなくなる!!声区・換声点ってなに?

「声が裏返って、恥ずかしい思いをした…。」
「裏声を出すと、声色が変になってしまう…。」

気持ちよく歌っていたのに、
声が裏返るとげんなりしますよね。

 

「どうせなら、キレイに高音を出したい。」
「高い声でも地声のような声色で歌いたい。」

誰もがそう思うはず。

 

そこで、今回は
声が裏返る原理についてお話します。

また、声が裏返らなくなり、
地声と裏声をなじませる練習法もお伝えします。

 


声区とは?

声区とは、身体の使い方で
分けられた声の種類のことです。

一言で「声」と言っても、
響かせる場所や声帯の閉じ具合が異なります。

 

チェストボイス、ミックスボイス、
ヘッドボイス、ファルセットなどがあります。

ほとんどの人は音域の合わせて、
声を使い分けています。

 

換声点とは?

声区が切り替わるポイントのことを
換声点と言います。

ボイトレをしている人でないと、
換声点をキレイに出すことは難しいです。

そのせいで、
声が裏返ってしまいます。

 

換声点をキレイに出せるようになって、
声区を行き来できるようになるべきです。

換声点をうまく越えられるようになると、
声も裏返らなくなります。

また、幅広い音域を
自然に出せるようになります。

 

声区融合とは?

換声点をなくすことを声区融合とも言います。

声区の間にある溝を埋めて、
声が裏返ったり、変わったりしない技術です。

チェストボイスにも、ミックスボイスにも
それぞれ適した音域があります。

 

また、ほとんどの歌は
チェストボイスとミックスボイスの両方を
使わないと出せないような音域で作られています。

すると、声区を切り替える際に
どうしても声が裏返ってしまうわけです。

そうならないために、
換声点をなくし、声区融合をする必要があります。

 

換声点をなくす練習法

換声点をなくして、声区融合をするポイントは
「慣れる」の一言に尽きます。

そもそも、換声点付近の声を出し慣れていないせいで
声が裏返っているわけで。

 

つまり、換声点付近の音を意識して出すことで
少しずつ裏返らなくなっていきます。

イメージとしては、
でこぼこの地面を慣らしていく感じです。

 

  • まず、「あー」と低い声を出します。
     
  • 少しずつ声を高くしていき、
    裏声に変わるポイントを探しましょう。
     
  • 換声点より少し低い声を出して、高くしていく。
    換声点より少し高い声を出して、低くしていく。
    という風に換声点を行き来しましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で歌い手部をフォローしよう!

シェア・応援をお願いします!





歌い手部公式ボイトレ講座
歌い手部 オンライン講座

歌い手部の初心者向けボイストレーニング講座がついに登場!「歌が上手くなりたい!」という人の夢を叶える最初の一歩になるべく、歌で最も大切な「キソ」を徹底的に身につけられる内容にしました。期間限定で0章を無料でプレゼント中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ケイ@ボイストレーナー

かつて自身も音痴だったことから、躓きやすいポイント・悩みやすいポイントをよくも知っている。そのポイントを丁寧に指導することで、わかりやすく、驚くほど変わるボイストレーニングに定評がある。